2008年06月08日

6月の道ばたの花

今日は曇りです。いや、でも結構 日が差したかな。
じっとしていると何でもないんですが、少し動くと蒸し暑いですね。
日曜日でも、息子がお弁当を持って部活に行くと言い出せば早起きしなくちゃならない
今の私ですが、明日は娘がお休みで、久しぶりにお弁当がお休み。
ちょっとだけ気を抜いて眠れます。良かった♪

さて、あちこち花盛りですよね。
今回は 道ばた、花だんのすみなどで見かけた「雑草」の花をのんびり眺めましょうか。

08_0608_dokudami.jpg

可憐な白い花、ちょっと独特な香りがありますが、よく効く薬草ですよ。
十薬(ジュウヤク)、またの名をドクダミ。ドクダミ科ドクダミ属の多年草です。



5月のうちから咲いていたのは、キキョウソウ。

08_0608_kikyoso1.jpg

キキョウ科キキョウソウ属、北アメリカ原産の1年草。
比較的最近、外国からやってきたお花ですが、とっても和風な色合いですよね。

数はそれほど多くない と図鑑には出ていますが…
年を追うごとに群落が大きくなっているような気がします。

08_0608_kikyoso2.jpg

か細い茎に丸こい葉っぱを並べているから 段々ギキョウの別名もあります。
下の方には閉鎖花をつけ、種まき体制に怠りないしっかり者。

08_0608_kikyoso3.jpg

可愛いつぼみに したたかにタネをばらまく実。
やっぱりふるさとを出て生活していくとしたら、そのくらいはしないと…なの?



こちらはヨーロッパがふるさとのハナヤエムグラ。

08_0608_hanayaemugura.jpg

アカネ科ハナヤエムグラ属の一年草。これも図鑑には数はあまり多くないって書いてありますが、
ものすごく小さいので目立たないかもしれませんが、近所の公園では、
じわりじわりと数を増やしている気もします。虫眼鏡クラスの小さなお花です。



6月と言えば梅雨、梅雨と言えば、ツユクサ(露草)。

08_0608_tuyukusa.jpg

ツユクサ科ツユクサ属の一年草。ボウシバナ(帽子花)、ツキクサ(着き草)などの別名もあります。
とにかく素敵な青い色。(*▽*) 綺麗ですね。
うちの方では色変わりもよく見られます。また、違う色のお花も探してみよう。楽しみ楽しみ ♪



夏だなって思うのは、ヒルガオ(昼顔)のピンクのお花に会えたとき。

08_0608_hirugao1.jpg

コヒルガオが数を増やしていますが、こちらは…たぶん…ヒルガオ。
たぷん…っていうのは、この葉っぱ。

08_0608_hirugao2.jpg

ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草。
朝顔よりも古い 日本の土地に咲く花の大先輩ですぞ。



祭りのにぎわいが連想されるのは…ホオズキの花。

ナス科ホオズキ属の多年草。 古い時代にアジアのどこかからやってきたらしいです。
「酸漿」という表し方は漢名から、「鬼灯」と言う表し方は赤い実の実り方からの連想でしょう…
というのはすぐに解っても、

08_0608_hoozuki1.jpg

あらまビックリ、今回、図鑑をしげしげと読んだら、

「ホオズキ」と言う名前の語源は、
牧野先生によると『「茎に方言でホオと呼ばれるカメムシの類がよくつくので」としているが、
異論も多く…はっきりしない。』だって。

「ホオ(カメムシ)」が「好き」だから、ホオズキ?…可愛いな。 その説に一票!!(^▽^)ノ
でも、ほんと、名前の語源って、いろいろ説があって面白いですよね。

08_0608_hoozuki2.jpg

毛深くて、うつむいて咲く地味なお花が 実になったら、
あでやかな朱色で 毛深さなんてみじんもなく、みんなの注目を浴びちゃいます。

08_0608_hoozuki3.jpg

ホオズキって…不思議だな。それから…草の仲間だって、今回初めて知りました。
だって…木っぽい気がしたんですもの…。(^^;)



雨が続くとうっとうしいし、だるくなるし、いやだなって思うくせに、
この時期に咲くお花が、何となく好きだったりします。
梅雨が明けるとまた、気が遠くなるほど暑いだろうから、今のうちに、出来ることはやっておかなくちゃ。

時々は、「雑草」のお花にも元気をもらって、がんばろ。(^^*)



posted by はもよう at 22:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

いろいろと知っている野草が出てきました(笑い)。
そういえば、うちのホウズキも花が咲いております。意外に強く、根茎がぐんぐん水平移動します。
これから、つゆ、そして真夏です・・・。時の過ぎるのは早いですね・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年06月08日 23:25
ほうずきのはなはさいています。
もう実になっていますね。
可愛いですよ。
Posted by 蛙太郎 at 2008年06月09日 06:31
お久しぶりです^^
ヒナギキョウやヒナキキョウソウはたっくさん咲いてるのに
段々に花が咲くキキョウソウは家の近所では見かけないです。
一度見てみたいな〜って思ってるのになかなか出会えません(-_-;)
ツユクサは今年まだ見てないです。もう咲いてるんですね♪ 
Posted by zei at 2008年06月09日 11:02
nakamuraさん、こんにちは。
はい、たまには趣向を変えて、有名どころをたくさん出してみました。(^^*)
さながら ☆オールスター☆勢揃い☆ な感じでしょ。

えっ?!ホオズキの根って横にずんずん伸びるんですか?
じゃあ、あんまりお庭におろさない方がいいんですね。
ほおずき市で買った鉢植えのまま、飾っておくのがいいんだわ、きっと。(^^*)

梅雨…夏…ああ、どんどん日が過ぎていく…(^^A)
Posted by はもよう at 2008年06月09日 18:04
蛙太郎さん、こんにちは。
あ、そちらでも咲いていますか?ホオズキの花。

お花に気づくまで、こんなに可愛いと知りませんでした。
風船のようにふくらむ萼も可愛いですよね。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年06月09日 18:10
zeiさん、お久しぶりです。(^▽^)ノ

ええっ?!(◎▽◎)ヒナギキョウやヒナキキョウソウがたっくさん…ですか?
うちの方には だんだんのしか咲いてないですよ。
見たいな、特に、ヒナギキョウの方。(^、^#)

ツユクサは咲き始めたところみたいです。これから本番ですね。楽しみ ♪
Posted by はもよう at 2008年06月09日 18:16
ツユクサが出てきましたか。
最近月に一度東京へ出て歩き回ります。それで気がつきましたが、いつも「あ、もうこんな花が…」というのを見つけます。
都会は暖かいせいか、早いですね。根岸は早いほう…、と思っていたら、町中はもっと早いです。
Posted by ディック at 2008年06月09日 20:48
ディックさん、ああ、そうですよね。冷え込みきらないせいか、
都会の方がお花が早いし、紅葉は遅いですよね。

そうそう、根岸は我が家の方より、少し早いです。
で、都内はもっと早いと…。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年06月11日 13:32
はもようさん、ひとつの株にヒルガオらしい葉と、コヒルガオらしい葉が同時に出ている株の写真を、今晩記事にしました。
矢印つきで研究記事にしてみました。
Posted by ディック at 2008年07月14日 20:30
ディックさん、こんにちは。

おお、記事が出来たんですね。
はい、後ほど見に行きます。(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2008年07月15日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。