2008年05月31日

木の実 準備中 初夏編

結局、今日も一日雨。5月は週末ごとにお天気が崩れていますよね。
3週目だけは晴れたけれど、あとはみんな雨。ゆっくりお休みできて良いのかな?
でもうちでは、息子達の部活動の 試合が出来なくてちょっと困ってます。

毎週、早起きして、お弁当を用意???するのかなと思うと…雨で中止の繰り返し。
とうとう、大会が出来ないまま、5月が終わっちゃいました。どうなるのかな(’’?)

準備中の木の実、まずはナワシロイチゴのお花からご紹介です。

08_0531_nawasiro_i1.jpg

今、お花じゃあ、いつ食べられるのさと思うかもしれませんが、
ええ、すぐです。ひと月ほどで食べられるようになりますから、少々お待ち下さい。




良いですねぇ、ナワシロイチゴのピンクのお花。

08_0531_nawasiro_i2.jpg

お、見えますか?ありんこさんが受粉のお手伝いに来てくれています。
イチゴの花にしては珍しいピンクの花びら。これ、期待しちゃいますよねぇ。
このあと、どんなに可愛い花を開くのかしら?なんてね。
期待しちゃった方、ごめんなさい。じつはこれで精一杯。
ナワシロイチゴのお花は花びらが開かないのが 特徴の一つです。

イチゴになったらまた見に来よおっと。あ、味はなかなか美味しいですよ。(^^*)
姿だけなら、 ↓ の過去記事で見られます。



次は、小学校の校庭のビワ。冬を迎える直前に、
フリースみたいな質感のガク(萼)に包まれた 白いお花を咲かせました。
そうそう、とっても良い匂いだったっけ…(*▽*)〜 ♪

ビワは、バラ科ビワ属の常緑高木。

お花から半年、ビワの実が もうだいぶ、大きくなってきましたよ。

08_0531_biwa.jpg

八百屋さんで売っているのは、もう、食べましたけどね。息子が好きなんですよ。
むくのめんどくさいのにね。(^m^)
私の実家の庭にもありますが、住んでいる人を脅かすくらいのすごい樹勢です。
うちの近所で見かけるのも、誰もお世話していない、勝手に生えている木ばかり。
そういえば、桑もビワも、何にも手をかけなくても美味しい実を付けますよねぇ。
すごいなぁ。



この間、久しぶりに近所の和菓子屋さんに行ったら、「幻の和ぐるみ・オニグルミ使用」って
書いてある和菓子がありました。
あ、そういえば、よく食べるクルミはアメリカや中国から輸入しているらしいですよね。
国産でも、長野のテウチグルミとか、シナノグルミとかで、オニグルミは食べられるけど、
ほぼ、動物さん用ですよね。
味が悪いんじゃなくて、殻が固過ぎて 加工に手間がかかるんでしょうね。

08_0531_onigurumi.jpg

公園には、その、殻の固いオニグルミが植えられています。
赤いめばな、緑のおばなのその後は恒例の…たわわな若い実がどっさり実っています。
でも…この公園、リスは住んでいないしなぁ。ちょっともったいないですよね。



この時期、人里を眺めていると、明るい黄緑色の若葉を付けた木が目に付きませんか?
農家や一軒家の庭先なんかに植えられてて ♪ 木、一本全部黄緑色の木。
たぶんそれ、柿の木ですよ、ねっ。

カキのお花は今がシーズン。地味ですが、地味で有名なユリノキよりも、さらに地味ですが、
秋に、美味しい柿をいただくためには 大事な時期です。ちょいと枝を見上げてみましょうよ。

08_0531_kaki1.jpg

ハイ、これが柿の花。細かく言うとめばなです。

カキはカキノキ科カキノキ属の落葉高木。
雌雄同株ですが、おばなとめばながあり、花の咲く場所と大きさが違います。

まずはめばな、大きなガク(萼)ですよね。お花がガク(萼)に埋もれちゃっています。
じつは、カキノキにとってこのガク(萼)はとっても大切で、
普通の果実は皮から呼吸をするのですが、柿の実はこのガク(萼)で呼吸するので、
これがないと実が育たないそうです。

受粉が済むと、うす黄色の花びらは、ぽこっとはずれて落ちてしまいます。(画面右端→)
ガク(萼)に埋もれるように、いずれ大きくなる実の小さい姿が見えたりします。
柿の実 赤ちゃん ♪ っていう感じで、可愛いですよ。

おばなも探したのですが、この木には見あたりませんでした。
おばなは割合にすぐに落ちてしまうそうです。


こちら ↓ が一昨年、別の場所で撮ったカキノキの花。

08_0531_kaki2.jpg

手前の大きいのがめばなで、奥にぼやけて写っている、小さいのがおばなです。
めばなは 枝の中程に少し離れて点々と、でもおばなは枝の先の方に固まって付きます。

08_0531_kaki3.jpg

ガク(萼)は、見落としそうになりました、地味。中をのぞいてみるとおしべだけが見えます。
柿の花の写真のうち、下の2枚は同じ木の花ですが、大きさも形も全然違って、
同じ木の花とは思えませんねぇ。


細かい説明は、こちら、いつも一方的にお世話になっております
岡山理科大の波田先生のご説明を どうぞ。(^^*)

「カキノキ」


かつて、ビニールやプラスチックのように腐りにくい素材の無かった頃、柿の渋は防腐剤、
コーティング剤として、人々の暮らしに欠かせないものでした。
柿の木が、たいていの農家庭先に植えられているのには、そんな事情もあったそうです。
漆器の下地、傘の防水、ビニールハウスの代わりに農作物を守る渋紙、網や縄の防腐
日常生活のいろいろなことに柿渋が利用されたそうです。

それから、カキノキ科には、堅い木材として有名なお仲間もあるんですよ。
ゴルフのクラブのヘッドに使われたパーシモンはアメリカのカキノキ属の木「アメリカガキ」の事で、
緻密なことで有名な黒檀(エボニー)も、カキノキ科のお仲間だそうです。

カキは海外でもとって人気の高い果物で、よそへ行っても「カキ」で通じるそうですよ。
なんか、ちょっぴり、嬉しいのは何でだろう。(^^#)



まだまだ、楽しみな実はありますよね。実りの初夏。ああ、なんて素敵な季節でしょう。





ブログ内関連ページ:

キイチゴ類
2008/01/05付 「寒さを耐える葉」 イチゴの葉いろいろ
2007/ 6/27付 「ナワシロイチゴの実」
2007/ 1/15付 「霜と綿毛と…」 クサイチゴの花
2006/ 7/ 7付 「ナワシロイチゴの実」
2006/ 6/11付 「雑木林で見つけた木の実」 ニガイチゴの実
2006/ 5/22付 「木苺 その後」 ナワシロイチゴの花、クサイチゴ、ヘビイチゴ
2006/ 4/22付 「クマイチゴの花」
2006/ 4/11付 「木苺いろいろ」 クサイチゴの花、ニガイチゴの花

ビワ
2007/12/17付 「ビワとナギ」 ビワの花
2006/ 1/28付 「ビワの花と若葉」

オニグルミ
2007/ 7/10付 「木の実準備中 その4」 青い実
2007/ 1/12付 「再会」 冬芽と可愛い葉痕
2006/ 4/17付 「木の芽いろいろ その3」 芽吹き
2005/ 9/21付 「オニグルミ」


2006/ 4/10付 「桜、サクラ、さくら…」 花




posted by はもよう at 20:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた沢山の準備中の木の実が揃いましたね。
ここで注文!
ナワシロイチゴの蕾から赤い実になるまでの、花弁やオシベ、メシベ、なりかかりの実などを、「はもよう流」ナンチャッテ連続写真で見せていただけると嬉しいのですが。
いかがですか?
「自分でやれよ」と自分で自分に突っ込みを入れたりして。
Posted by ひろし at 2008年06月01日 00:08
柿の実はどんどん大きくなっています。摘果しないので途中で落ちてゆくのが多いですね。
Posted by 蛙太郎 at 2008年06月01日 07:32
はもようさん、こんにちは。
ナワシロイチゴ、かわいいですよね。
実は食べたことがないのですが、おいしいのですか。
一度食べてみよう!

クルミは、去年落ちた実の殻が
今でも道にたくさん落ちているところがあります。
アスカ嬢は見つけるたびに、殻をバキバキと食べてしまうんですよ。
アスカちゃん、それは殻!≠ニいうのですが、
お構いなしです。
今頃、実ができているのでしたら、
一度、本体が当たるといいなぁ〜
アスカちゃんに実を食べさせてあげたいな。
どうも、どなたかに先を越されているようで、
だれなんだろう ('_'?) ン?
見つけることができれば、
くるみ割りはいらないのですが・・


Posted by ブリ at 2008年06月01日 11:40
ひろしさん、おはようございます。
はい、いろいろ、そろいました。(^^*)
でも上の3つは毎年取り上げているもので代わり映えないです。(^^A)

ああ、見たいですよねぇ。ナワシロイチゴの実り具合の連続写真。

基本、実り具合には興味津々なんですけど、
ヒメコウゾなんか、特に、不思議に思いません?
けばけばの玉が透き通った実になるんですもの。

でも、この時期、いろんな用事や雨の日があったりして、
結構追いかけにくいんですよねぇ。
ここは一つ、ご一緒に、見守ってみるって言うのはいかがでしょうか?
少しずつ画像を寄せ合えば、もしかしたら…。(^^;)←他力本願
Posted by はもよう at 2008年06月02日 08:47
蛙太郎さん、おはようございます。
はい、柿の実は、若いうちからたくさん落ちますよね。
落ちてくるものを見て初めて、柿の木や実を認識される方も多いようです。
私の場合は生家の庭にありましたので、なじんでおりましたが。(^v^)

野生化した果樹と比べると、
摘果、剪定、肥料やり…専門家さんたちのお世話が有ってこそ、
美味しい果物が食べられるんだってことを実感します。
Posted by はもよう at 2008年06月02日 08:53
ブリさん、おはようございます。
はい、ナワシロイチゴのお花は可愛いですよね、開かないけど。
実は酸っぱいですけれど、美味しいですよ。そこそこ大粒だし ♪

オニグルミの中身は、ちゃんと美味しいです。(^^*)おすすめ。
周りを上手にかじって、パカッと開けるのはリスらしいです。
あと…、古いのは二つに開きやすいかも。

この秋には、アスカちゃんが、美味しい中身を食べられますように。(^人^)
Posted by はもよう at 2008年06月02日 09:09
こんばんは。

食欲の秋が待ち遠しいですね。

うちの柿、不作のようです。梅も全くだめで、梅酒作りはできませんでした。
Posted by nakamura at 2008年06月03日 00:27
nakamuraさん、こんばんは。
あら、柿…不作ですか。
梅もだめでしたか?…何の加減なんでしょうね。

今年休んだら、来年はいっぱい付くかな(’’?)。
Posted by はもよう at 2008年06月03日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。