2008年05月30日

実りの初夏

日中は降らないって…お天気おねぇさんは言っていたけれど、今日も冷たい雨の一日になりました。
まだ、5月だけれど、梅雨入り宣言はでてないけれど、「梅雨寒」って言葉を久々に思い出しました。

じつは、HPの方が昨日を持ちまして、5周年目に突入しておりました。
そのためというわけではありませんが、HPの「母のアルバム」を更新しておきましたので、
見てくださいねぇ。(^^*) 新作4ページですよ。

さて…よく、「実りの秋」って言いますけれど、いえいえ、なかなかどうして、初夏もまた、
実りの季節でありますのよ。
よだれ 出ちゃっても知らないよ。クサイチゴ、桑の実、ユスラウメ、ジューンベリーの
綺麗で甘酸っぱい初夏の実りを ご紹介します。

08_0530_kusaitigo1.jpg

まずは、今一番目に付く、クサイチゴの赤い実から。



ご丁寧に名前に「クサ」とまで付いているのにこのイチゴ、樹木の仲間なんですよ。

図鑑にはバラ科キイチゴ属の「落葉低木」って書いてあります。
「落葉低木」って言うよりは、「小木」?
しかもこのごろ、冬の間も葉が落ちきらない年が続いていますから、新しい図鑑には
「半落葉小木」って載るようになるかもしれませんね。いやあくまで主観ですよ。

08_0530_kusaitigo2.jpg

いつもたくさん群生して、桜と競争するかのように花を咲かせ、ひと月かそこらで
あっという間に実って、茂みの奥で赤い実をキラキラさせています。
でも、地下茎をのばして、どんどん勢力拡大できるんですって。

娘が小学生の頃は、校庭の隅のこの実をよく食べたそうですよ。
周りの子ども達もよく知っていて、取り合いだったみたいです。

先日、お花をご紹介したスダジイのどんぐりとこの、クサイチゴの実が、
娘の小学校の思い出のそばに いつも有った大事な脇役さんですって。(^^*)



子ども達が小さかった頃の思い出と言えば、この桑の実もですよ。

08_0530_kuwa1.jpg

義父が遊びに来てくれたときに、袋を持って、近所の桑の実をつみに行ったことが
何度かありました。すぐそこなんだけど、二人はチビ自転車に乗って ♪

道ばたの邪魔にされているような木でも、桑の実はどっさり実るんですよね。
義父に教えてもらって、おちび二人がちっちゃい手で、黒くなった実ばかりを
ひとつひとつ丁寧につんでいたのを思い出します。
義父は本当によく来てくれて、二人の相手をしてれたんですが、
桑の実つみは、特に、子ども達のお気に入りで、2・3年は続けたかな。

08_0530_kuwa2.jpg

今年もどっさり実ってますね。
これが実りすぎて、ぼたぼた落ちて、地面を真っ黒にする頃、
この公園にも むしあつ〜い夏が来るんだなぁ。(^^A)はぁ。





うちの近所、街路樹にも公園の植栽にも、実のなる木が豊富に植えられているのですが、
中でも私の一番のお気に入りは、このユスラウメ。

08_0530_yusuraume1.jpg

花、実、姿、味どれをとってもぴかいちです。

ユスラウメはバラ科サクラ属の落葉低木。漢字で書くと「桜桃」。
でも、さくらんぼも「桜桃」って書きますよね。ややこしや。(^^A)

中国から古い時代に渡来した庭木で、よく枝分かれして、高さ3〜4mほどになります。
柄の長くないサクランボみたいなものですよね。味もそっくりです。

08_0530_yusuraume2.jpg

そっくりさんの、これまた人気の庭木「ニワウメ」との見分けポイントは、葉の形。
どこまでもすんなりしているのが「ニワウメ」で、
葉っぱの中に、亀の 甲羅としっぽみたいな葉っぱがあるのが「ユスラウメ」。

ニワウメの方がピンクの花のことが多くてユスラウメの方が白い花のことが多いのですが、
うちの近所の公園にも、ピンクと白の両方のユスラウメが植えられていますから、
花の色は、参考にはなっても決め手にはなりません。

まあ、どっちにも綺麗な実がなって、美味しいんだから良いじゃないか…って…(^^A)



比較的新しいのがこの、ジューンベリー。バラ科ザイフリボク属の落葉高木。

08_0530_juneberry1.jpg

北アメリカの原産で、和名は「アメリカザイフリボク」というそうです。
ふるさとでは、6月に実が熟すことから「6月のベリー」と呼ばれ、
実はつみ取ってジャムなどに利用できるそうです。
姿の良さ、育てやすさ、食べられる実のなる楽しさから、庭木としての人気☆急上昇中です。

08_0530_juneberry2.jpg

4月、細い花びらの白いお花を霞のように咲かせていたのですが、みんなぷっくり丸い実になりました。
お味のベースはリンゴ系ですが、癖が無く、甘酸っぱくて美味しいです。
木は、あんまり急いで大きくならないし、実の付きはかなり良い方だし、
人気が上がっているとしても、まぁ、無理ないかなと思います。

申し遅れましたが、日本のザイフリボクの実は、食用に適さないそうです。
まぁ、あんまりメジャーな木ではありませんが、もしも、手の届くところにあっても
日本のザイフリボクの実は、食べないでくださいね。



最後のおまけはニガイチゴ。

08_0530_nigaitigo.jpg

今年、お花がたくさん咲いたので、ちょこっと期待したのですが、結局あんまり実りませんでした。
やっと見つけた実を一つだけぱちり。
赤い果肉の中のちっちゃなタネをかむと苦いのでご注意下さい。
これもどっさり採れたなら、タネを漉してジャムにしたらよいかな…って、まずどっさり実ってないし。(^^;)

昔、あったモミジイチゴ、復活してくれないかな?
一度伐られたクマイチゴは 少しずつ復活して居るんだけれど…。



今年もたくさん実りました。初夏の雑木林にはまだまだ、準備中の実りもありますよ。
すくに食べ頃をむかえるもの、秋までじっくり待たなきゃならないもの、
次回の記事では、そんな準備中の木の実などをいくつか、ピックアップしてご紹介します。





ブログ内関連ページ:

キイチゴ類
2008/01/05付 「寒さを耐える葉」 イチゴの葉いろいろ
2007/ 6/27付 「ナワシロイチゴの実」
2007/ 1/15付 「霜と綿毛と…」 クサイチゴの花
2006/ 7/ 7付 「ナワシロイチゴの実」
2006/ 6/11付 「雑木林で見つけた木の実」 ニガイチゴの実
2006/ 5/22付 「木苺 その後」 ナワシロイチゴの花、クサイチゴ、ヘビイチゴ
2006/ 4/22付 「クマイチゴの花」
2006/ 4/11付 「木苺いろいろ」 クサイチゴの花、ニガイチゴの花
2005/11/19付 「みのりいろいろ(記事にした花、その後2)」 ミヤマフユイチゴのみ
2005/ 9/13付 「ミヤマフユイチゴ」


ブログ内関連ページ:

クワ
2007/ 5/ 9付 「木の実準備中 その1」 クワの花
2006/ 6/ 8付 「公園で見つけた木の実」 桑の実、梅の実、ジューンベリーの実

ユスラウメ
2007/ 5/27付 「公園樹の実」
2006/ 6/10付 「ユスラウメの実」

ジューンベリー
2006/ 4/10付 「はなさんぽ(4月その1)」 ジューンベリーの花



posted by はもよう at 17:22| Comment(9) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろな実が登場しましたね。
それに、これだけ詳しく解説されるとよくわかります。
被写体の裏にある物語もです。
それにひきかえ、わが記事をふりかえって「なんて貧弱な記事なことよ」とさみしくなってしまいます。

「ね!聞いて聞いて」が基本だということ、身にしみてわかりました。

でも、私の生きる道は、「ね!見て見て」といえる写真で勝負、なのだ。がんばれ、自分。
Posted by ひろし at 2008年05月30日 23:36
こんばんは。

食べられる木の実は、甘酸っぱい昔を思い出しますね・・・。
今でも、すぐに手が行くのは貧しかった習慣でしょうか・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年05月31日 00:19
ニガイチゴというのは初めてです。
実をかむと苦いのですか、かまずに飲み込めばいいのですね。
Posted by 蛙太郎 at 2008年05月31日 06:25
ひろしさん、こんばんは。
な〜にをおっしゃいますかぁ。(^^*)
ひろしさんのブログの方がお客様も多いし、取り上げる話題も多彩で
素敵ではありませんか。
それに「写真で勝負っ!!」だし(*^^*)

私も負けないように頑張ろう(^v^)q
Posted by はもよう at 2008年05月31日 21:01
nakamuraさん、こんばんは。

食べられる木の実が身近にあった ♪ なんて、
街育ちの私にはとってもうらやましいです。

うちの子は…結構食べているみたいですけど。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年05月31日 21:09
蛙太郎さん、こんばんは。
はい、ニガイチゴって言うらしいです。タネをかまなければ美味しいらしいです。
でも、図鑑の記述を読んだだけで、実祭は試していません。

食べてみたいのですが、いつも少ししか実が付かないので、
鳥さんに遠慮して、まだ食べていないんですよね。
もう少したくさん実ったら、タネがどのくらい苦いのか味見してみたいです。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年05月31日 21:15
ほかでも書きましたが、お土産にもらった桑の実ジャムをトーストにつけて、というよりはのせて、食べているのはぼくだけ。まあ、イチゴのほうが上手いかもしれないけど、悪くない。
見てくれがよくないですから、損をしているかも…。
Posted by ディック at 2008年06月01日 21:02
追伸:カジイチゴは試食してみました。まあまあかな。水分がいっぱい! あとで口の中につぶつぶがたくさん残ります。
Posted by デイック at 2008年06月01日 21:03
ディックさん、おはようございます。

あら、今、クワの実ジャムといえば、健康食品として注目されているのに
もったいないですねぇ。
イチゴジャムよりもずっと、栄養素がたくさん含まれているみたいですよ。
じゃあ、一足先に一人で健康になっちゃえ。(^^*)ふふ…

あ、カジイチゴもお味見されたんですね。へぇ〜、まあまあ(・v・)? いいな♪
私の家のそばにも生えてこないかしら。
Posted by はもよう at 2008年06月02日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。