2008年05月26日

ガマズミの花

うわー、まだ5月だというのに、7月の気温ですってよ、うちのほう。
暑い暑い。着替えても着替えても汗だくです。(^^A)やせる?
中学生には夏服冬服の移行期間というのがあって、もう先週から、息子は夏服を着て
登校しているのですが、高校にはないのかしら?娘はまだ、冬の上着を着ての登校です。
見ているだけで汗が出ちゃいそう。西日本では真夏日の予想も出てましたよね。
本当に、皆さん、熱中症にはご注意下さいね。

さて、先週、5/22にいつものお気に入りの観察スポット「隣町の公園」に行って、
ガマズミのお花を見てきましたので、今日の記事はガマズミの白いお花のご紹介です。

08_0526_gamazumi1.jpg

この公園内では、2本見つけてまして、毎年 見に来ています。
一本は葉っぱが細かくて、ちょっと前までは、
猛烈に虫に食われちゃって見る影もなかったのですが、今年はたくさんお花が咲きました。
木の人生(?)にも 色々あるんですね。復活の花盛り、ご一緒に見てあげてくださいね。


一昨年 ↓ (2006年)は 虫に食われまくっていたガマズミの木が、

2006/ 4/14付 「おさんぽ中に出会った虫」

去年 ↓ (2007年)復活してたくさんのお花を咲かせました。

2007/ 5/19付 「エゴノキとガマズミ」

今年はどうかなと 見に行ったら、さらにパワーアップしていました。

08_0526_gamazumi2.jpg

写真にすると、迫力が出ちゃうほどの花付き。よかったよかった。元気になったんだね。(^^*)



ガマズミはスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。別名はヨソゾメ・ヨツズミ。
オトコヨウゾメという可憐な木の「ヨウゾメ」の部分もガマズミのことだって書いてありましたっけ。
何しろ、秋に実る真っ赤な実が印象的な、雑木林の常連さん。材は鎌の柄、かんじきなどに利用し、
赤い実は美味しくいただき、里山の人々の暮らしと深く関わってきた木だそうです。



写真の木は、見上げるような大物だけど、2〜4mになるっていうから、まぁ、その範囲内。
手の届く高さにもたくさんお花が咲いてくれるのでありがたい限りです。(^−^)

元気なときには、ちゃんと正面からのお写真を撮っておこうね。正装しての記念撮影みたいに〜♪

08_0526_gamazumi3.jpg

一つ一つの小花も、よく開いています。お花の直径は5mmほどで、筒状花なんですよ。
花冠の先が5つに分かれて おしべは5個、めしべは先が3つに分かれたものが1個。

08_0526_gamazumi4.jpg

それにしても、めしべが目立たないですねぇ。こんなに撮っても、1個もまともに写りませんでした。
うん、今度撮るときにはめしべに注意して撮ろう。(覚えてたら…)←おいっ



私の行動範囲内のガマズミの木は、ここ「隣町の公園」の園内に2本と街の中心部のビルの谷間に3本。
それと、文房具屋のおじちゃんの大事な「不老長寿の実」がつく、小さい植木の3カ所なんですが、
それぞれ、大きさや特徴が違うんですよ。

で、写真の木だけ、葉っぱが妙に小さいんですよ。去年、紅葉を撮ったときにも、その点が気になって
いました。

2007/11/26付 「ネジキの実など…」



で、この日は、もう一本の葉っぱの大きい方も記念撮影。

08_0526_gamazumi5.jpg

写真にしちゃうと解りにくいですねぇ。こっちの葉っぱがてのひら大だとすると、
最初の ↑ の写真の木の葉は、その半分以下…。

図鑑には「小葉のガマズミ」なんて、おあつらえ向きの名前のガマズミも 載っています。
え、これ、そうかな?なんて思って、図鑑でもう一度調べるためにと、葉っぱの大きい木の方も、
ちゃんと 写真を撮りました。

08_0526_gamazumi6.jpg



そしたらねぇ、いやぁ、間違いでした。(^^A)
葉っぱが 大きくても小さくても、普通のガマズミでした。しかも花の写真撮っても意味無かったし。

「ガマズミ」と「コバノガマズミ」の見分けポイントは、単純に葉の大きさじゃなくて、
「コバノガマズミ」のほうは、葉の柄が極端に短くて(2〜4mm)、基のところに托葉っていう
葉っぱのおまけが付いて居るんですって。

葉っぱの大きさで言うと「ガマズミ」の葉は、長さ6〜15cmと大小の幅が大きく、
「コバノガマズミ」の葉は、長さ9〜10cmくらいなんだそうです。
ちなみに木、全体の大きさは 共に2〜4mと変わらないんですね。
う〜ん、いつかどこかで出会えた時に 見分けられるように覚えておこう。出来たら。(^^A)



葉っぱが大きくても小さめでも、普通のガマズミだったんだ。

一昨年、猛烈に虫に食われていた葉っぱの小さい方が だんだん元気を取り戻しているのと正反対に、
葉っぱの大きい方は、一昨年、去年、そして今年と、勢いが弱くなって居るんですよね。
これからは、葉っぱの小さい方の木の時代なのかもしれませんねぇ。

葉っぱの大きい木は、お隣のエゴノキなど、他の木に埋もれて来ちゃいましたが、
葉っぱの小さい方の木は、もう少し開けたところに立っているので、すぐそばに
大きなエゴノキとリョウブがあっても、埋もれることはありません。

少しずつ時期が違っちゃうけれど、どちらも、初夏に白いお花の咲く木です。

08_0526_gamazumi7.jpg

エゴノキは今 盛んに散っています。ガマズミは今が盛りで、リョウブは、まだつぼみ ♪
この一角だけでも、木に咲く白い花が、リレーで 長い間楽しめちゃいます。

リョウブとエゴノキの実は地味だけれど、ガマズミは真っ赤な実が鈴なりに実るはず…。
秋を楽しみに待つことにいたしましょ。(^〜、^)むふふ…。






ブログ内関連ページ:

2008/ 4/18付 「木の芽、木の花 2」
2007/11/26付 「ネジキの実など…」
2007/11/10付 「オトコヨウゾメの実など…」
2007/ 9/30付 「木の実 準備中(9月の2)」
2007/ 5/19付 「エゴノキとガマズミ」 花
2007/ 2/24付 「街で見かけた冬芽」
2006/11/21付 「街で見かけた木の実」
2006/ 5/20付 「ガマズミの花と?の花」
2006/ 4/28付 「街中で見かけた山の木達」
2006/ 4/14付 「おさんぽ中に出会った虫」 喰われまくっていた頃の葉
2006/ 4/ 8付 「ガマズミとオトコヨウゾメ」 冬芽


シリーズ「木に咲く白い花」2008年


2008/ 5/17付 「トチノキの花」
2008/ 5/16付 「ハクウンボク」
2008/ 5/15付 「木に咲く白い花」 ハリエンジュ、ノイバラ、エゴノキ、ヤマボウシ、ハコネウツギ
2008/ 5/ 8付 「アオハダなど…」 アオハダ、サワフタギ、コゴメウツギ
2008/ 5/ 2付 「ナナカマドの花」
2008/ 5/ 1付 「マルバアオダモの花」 

2008/ 4/27付 「いろんな木のつぼみと花」 ミズキ、カマツカ
2008/ 4/22付 「オトコヨウゾメとウワミズザクラ」
2008/ 4/21付 「ニワトコについて」


2007年版と2006年版は こちらの過去記事から

2007/ 7/ 2付 リョウブの花


posted by はもよう at 21:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、二枚目の写真を見ると、ミズキとは枝に対しての花のつき方がまったく違うのですね。
Posted by ディック at 2008年05月26日 21:55
ガマズミは真っ白な花が綺麗ですね。
Posted by 蛙太郎 at 2008年05月27日 05:14
★ガマズミって山の中で見た
白い紫陽花風のお花かなぁと思いつつ拝見してます。
お花、すごく青臭いですか。
梅雨前って、木の花の季節なんですね。

本日、ニワトコの実、UPしました。
感謝をこめてTBさせていただきま〜す。


Posted by るな at 2008年05月27日 13:39
ディックさん、こんばんは。
あ、はい、ガマズミとミズキでは花の付き方が違います…
っていうか、木の成り立ちも花の咲く時期も違うので、
相違点を探そうなんて思いませんでした。

そういえばそうですよねぇ…(^^A)
どっちにしても、白いお花って、綺麗ですよねぇ。(*▽*)〜♪

Posted by はもよう at 2008年05月27日 22:42
蛙太郎さん、こんばんは。

今日もコメントありがとうございます。
はい、ガマズミのお花は白くてとっても綺麗です。
秋の赤い実の方が有名ですが、お花も素敵だと思います。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年05月27日 22:44
るなさん、こんばんは。
るなさんのブログの ニワトコの実の記事 ♪ 見てきました。
ほんと、見とれちゃうような綺麗な実でした。ラッキーでしたね。(^^*)

ええっと…、ガマズミのお花、実物を見た感じでは、
私は一番に、アジサイよりは、カリフラワーを連想しました。

白い小花が隙間なくぎっしり咲いている 丸いお花の固まりが、
枝のそこここに点々と付いているので、そんな風に思ったんです。

青臭かったかなぁ? 覚えてないです。

お山でアジサイっぽいなぁと思うのは、カンボク、ヤブデマリ、ムシカリなんかの、
隙間のあいている お花の方かな。(’’?)  どうでしょう?
Posted by はもよう at 2008年05月27日 22:55
はもようさん、ミズキもガマズミも両方とも何も知らない初心者で、「少し遠目に見たあの花はなんだろう」ということになって、初めて図鑑をめくると、ミズキとガマズミの区別がつかずにとても悩むのですよ。
Posted by ディック at 2008年05月29日 22:44
ディックさん、こんばんは。
そうそう、慣れないと、図鑑の写真や現物の
どこに注目して良いのか解らなくて迷いますよね。(^^*)

今は、ネットで調べればいろんな場面の写真が見られますので、
ずいぶん助かりますけど。
Posted by はもよう at 2008年05月29日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。