2008年05月21日

コブシとタムシバの葉

あー、良いお天気ですよぉ。なのに、用事があってお留守番ですっ。(T^T)
写真撮りに行きたいよぉ。
夕方には、林間学校から うちの息子がたくさんの洗濯物と一緒にご帰還でした。
洗濯機っ!がんばれっ!!

さて、去年、名札が付いて数本の木が、コブシのそっくりさん「タムシバ」だったことが
判明した、いつもおさんぽしている公園で、その2種の葉っぱの違いを写真に撮ってきました。

08_0521_kobu_tamu.jpg

まだ若葉のためか、図鑑に載っている相違点がはっきりしなかったのですが、
せっかくなので、記録しておきます。(^^;)







春先に、桜よりも早くに白い花を咲かせるコブシ。
モクレン科モクレン属 園芸店だと「マグノリア」のお花の一つです。

都市の公園にはすでに、「ハクモクレン」というそっくりさんが居るんだから、
これ以上ややこしくしてどうするの…(−”−;)と思いつつ、
でも、図鑑に載っているそっくりさん、一度見てみたいと思っても、
日本海側に多い種類じゃ、関東在住の私には無理かなとあきらめていた「タムシバ」が、

いつもお散歩している公園に植えられていたんですから、まぁ、仕方ないでしょう。
くらべっこしてみないとね。(^^*)わくわく



前回のお花に続き 今度は葉っぱをくらべっこ。
ハイ、こちらがコブシです。うーん、のびのび葉っぱを広げていますねぇ。

08_0521_kobusi1.jpg

コブシの葉、図鑑の記述ですと…『長さ6〜13cmの倒広卵形で洋紙質。裏面は淡緑色。』
平たく言うと、卵を逆さにしたような形でやや幅広。洋紙ぐらいの厚み。裏っかわは明るい緑。

08_0521_kobusi2.jpg

葉っぱの、一番幅広くなっている場所にご注目です。
元よりも、葉の先の方よりが一番広いのが、‘倒’卵形。
私としては、先っちょの急にとがるところもポイントだと思います。(^V^*)



さて、次にタムシバです。木、全体の雰囲気が違うし、
赤みの残る葉っぱが多いんですが、まぁ、それは比べてみないと解らないところ。

08_0521_tamusiba1.jpg

図鑑の説明ですと…『長さ6〜14cm広披針形または、卵状長楕円形で、裏面は粉白色。』
披針形というのは、先も元も 細くなっている流線型のような形。
‘広'披針形だからその、少し 幅広め。

‘または、卵状長楕円’って言うのは、まぁ、卵形っぽくて、長丸っぽいって言うこと。
卵形…だから葉っぱの幅の広くなっている場所が先よりは元の方に近いかな?っていうくらいで、
長楕円…長丸って事だから、その幅の広いところは そんなに際立たないって事。

両方があるから…まぁ、こんな感じ?↓  いやぁ、わっかりにくい…かもぉ。

08_0521_tamusiba2.jpg

んで、しかも裏っかわは、粉を付けたような(本当には付いてないけど)白っぽい緑。
あ、この写真じゃ、裏側がよく解りませんねぇ。



風にちぎれて落ちていたタムシバの葉を拾いましたので、改めまして、
2つの葉っぱを並べて写真に撮りました。

ハイ、表ね。←左 タムシバ、右 コブシ→ です。

08_0521_kobu_tamu2.jpg

コブシの堂々たる‘倒広卵形’とタムシバのすっきりスマートな‘卵状長楕円形’っぷりを
ご確認下さい。(^^*)  なれるなら、タムシバ体型になりたいなぁ。←違っ!

次、裏っかわね。今度は ←左 コブシ、右 タムシバ→ です。

08_0521_kobu_tamu3.jpg

図鑑では、ここの色の違いが見分けポイントらしくて、わざわざ写真で紹介されていたんですが、
う〜ん、どうでしょう。まだ若葉だからなのか、そんなに大きくは変わりません。
でも、コブシの葉の裏が、葉脈が良く浮き出て筋っぽいのに比べて、
タムシバの葉の裏は、本当に薄くお化粧したように 粉っぽくなめらかです。

コブシの葉っぱの先っぽの 急にちょこんと とがるところ、
タムシバの葉っぱの先の すんなり とがるところも良く写っているでしょ。
ただ、残念なのは、まだ、タムシバの『葉をかむと甘みと香気がある』っていうところを
確認していないんですよ。次の機会には是非っ。p(・へ・)



樹形を比べると、コブシの方が大きくなるらしいです。
図鑑にもコブシは『高さ5〜18mになる』けれど、タムシバは『3〜9m』って書いてあります。

公園の木で比べると、コブシの方がごつごつしていて、タムシバはみんなすんなり優しい樹形です。
公園の木は、まだ育ちきっていない、比較的 若い木ばかりなのですが、
コブシの枝の方が横に広がりがちで、タムシバの枝は、ほぼ、まっすぐ上に向かって伸びて居ます。



公園の「タムシバ」は、お山のとは違うのかもしれません。何か名のある園芸種でもおかしくないです。
その可能性もちゃんと意識しつつ、でも、まぁ、せっかく身近に植えられているのが解ったの
ですから、また、もう少しくらべっこを続けてみようと思います。


マニアックな記事におつきあい下さってありがとうございました。(^^*)
綺麗なお花の写真は↓過去記事で眺められますよ。いかがですか?



ブログ内関連ページ:
2008/ 4/ 6付 「タムシバ 確認」
2008/ 4/ 2付 「タムシバ開花」
2008/ 3/12付 「モクレン属の花芽」
2006/ 3/25付 「春の枝先(おなじみの木)」
2005/ 9/28付 「コブシの実 その後」


posted by はもよう at 22:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
タムシバとコブシの葉っぱの違い、
なんとなくわかりました。
2つ比べてくださったので、
わかったつもりですが、
1つで来られたら、少し迷うかも。
でも、葉っぱの先が出べそみたいなのが
コブシなんですよね。
すこし自信がでてきました。

コブシだと思っている木の葉っぱを見てみますね。
なんか楽しみだなぁ〜
学生時代の試験前夜みたいです。(´∀`)ワクワク
ほんまかいな!
Posted by ブリ at 2008年05月22日 00:18
わかったつもりでも実技となると??です。
むつかすい。
Posted by 蛙太郎 at 2008年05月22日 06:24
ブリさん、こんばんは。

そうですねぇ。コブシとタムシバの見分けポイント…。
木がそんなに大きくなければタムシバかも。
葉っぱがすんなりしてたらタムシバかも。
先の方が太かったらコブシかも。
先っちょの出っ張りが急だったらコブシかも…。
でも、いつも見ている木以外の木だったら…
たぶん…解らないかも。←おいっ!!

悩むのも迷うのも楽しみのうち ♪ と、割り切っていただいて… (^^;)
さぁ、ご一緒に 迷いましょう。
Posted by はもよう at 2008年05月22日 23:30
蛙太郎さん、こんばんは。
はいははい、はい。実技は難しいです。

…でも、いつも見ている木なら、うまく表現できないけれど、
全体の雰囲気がすごく違うんですよねぇ。

でね、お山のは きっと???です。(^^;)
Posted by はもよう at 2008年05月22日 23:40
こんばんは。

難しい鑑定ですが、タムシバというのは見たことがありそうです。

私など、コブシとモクレンの違いくらいでしょうか(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年05月23日 22:44
ホームページに注目ブログとして、
紹介されていたのでクリックしてみました。

と〜ってもカワイイ、ステキなブログですね。


Posted by 由香 at 2008年05月24日 16:20
nakamuraさん、私も、コブシとタムシバの違い調べは 少々もてあまし気味です。

私のレベルですと、コブシと白木蓮の違いを調べるくらいの方が向いているのかもしれませんが、
まぁ、乗りかかった船なので、もう少し粘ってみます。(^^A)
Posted by はもよう at 2008年05月24日 22:13
由香さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2008年05月24日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。