2008年05月15日

木に咲く白い花

今日は久しぶりに朝から綺麗に晴れました。朝、あんまり明るいものだから、早起きしちゃいました。
シーツや枕カバーをいっぱい洗濯したら、日焼け止めをしっかり塗ってお出かけしました。
今日は普段行かない方の公園まで足を伸ばして、…というか、自転車をとばして…
いつもは会えない白いお花に会ってきたのですが、その写真をまとめる前に、
とりあえず今日のところは、比較的いつでも会える方の 木に咲く白いお花をご紹介します。

08_0515_harienju1.jpg

まずは、そろそろ終わっちゃいそうなハリエンジュ、またの名をニセアカシア の白い花から。
このあとは、ノイバラ、エゴノキ、ヤマボウシ、ハコネウツギというラインナップです。

別記事で、大好きな野草タチシオデもご紹介しています。
アカシア〜の雨に打たれて〜♪のお歌の「アカシア」は、この木のことだそうですね。
植物学上の「アカシア」は、どうやら全然、見た目の違うお花のようですが…。

ロマンチックなテーマ曲、馥郁とした良い香り、花も葉も姿が良くて、
良質な蜜が採れるので養蜂家さんたちにも重宝されている木です。
「アカシアの蜂蜜」として売られているのは、この花の蜜ですって。

08_0515_harienju2.jpg

ハリエンジュ  別名ニセアカシア
マメ科ハリエンジュ属の落葉高木。
北米原産で明治の初期に日本に渡来した。各地で植えられ、また、野生化している。

花の穂は食べることも出来る。成長が早く、繁殖力旺盛。
春の咲いた花は、5〜6cmの平たいさやに入った豆になります。
ここが、夏に咲いてコロコロのさやになる「エンジュ」と大きく違うところです。



次はノイバラ。我が家の鉢植えに続いて、今、あちこちのヤブでノイバラが盛りです。

08_0515_noibara1.jpg

5月は園芸家さんたちが丹精込めた、大きくて立派なバラも次々に咲く季節ですが、
それでもやっぱり、私はこのノイバラが好きですねぇ。(^^*)

08_0515_noibara2.jpg

バラ科バラ属、山野にふつうに生え、高さ2mくらいになる落葉低木。
庭木や接ぎ木の台木に利用する。秋の赤い実は薬用。



初夏の「木に咲く白い花」の中でも、一番のお気に入りはこのエゴノキ。
この街へ引っ越してきて、初めて知ったお花ですが、
このお花が咲くと、ほんとに とっても幸せな気分になります。

08_0515_egonoki1.jpg

エゴノキ科エゴノキ属、別名:チシャノキ。

うつむいて咲く清楚なお花。でも、その数は枝に鈴なり。

08_0515_egonoki2.jpg

お花のあとに付く実も可愛いのですが、
新鮮な果皮にはエゴサポニンが含まれていて、石けん代わりに利用できたそうです。
麻酔効果もあって、すりつぶして川に流し、魚捕りにも使い、中のタネは拾い集めて
お手玉の中身にしたそうです。大人にも子供にも、親しまれて、
人の生活の身近にいつもあった木。地方によって呼び名も様々と言うことです。

08_0515_egonoki3.jpg

見上げたもんだねぇ。(^^*)



並木のハナミズキのお花が終わったら、今度は、あちこちのお庭のヤマボウシの枝で
白い十字型の総苞片が目立つようになりました。

08_0515_yamabosi1.jpg

ミズキ科ミズキ属。別名:ヤマグワ。各地の山野に生え、高さ5〜10mになる落葉小高〜高木。

お花は真ん中の丸いところに集まって咲きます。
そしてそのまま、赤い実になるんですよね。

08_0515_yamabosi2.jpg

ハナミズキは別名をアメリカヤマボウシというくらいで、北米・メキシコ原産の木ですが、
ヤマボウシは、日本の他は朝鮮・中国などに分布するアジアの木です。
お花も清楚で素敵ですが、紅葉もなかなか綺麗ですよ。庭に植える人が増えているそうです。



最後は、咲き始めたハコネウツギ。白いのは最初のうちだけですが、仲間に入れておきましょう。

08_0515_hakoneutugi.jpg

ハコネウツギ
スイカズラ科タニウツギ属、沿海地に自生し、観賞用として広く植えられている落葉低木。

ウツギとは言っても、「卯〜の花〜の匂う垣根に〜♪」の卯の花はユキノシタ科、
こちらはスイカズラ科…。
箱根と付いていますが、箱根に自生しているわけではありません。

咲き始めが白い花で時間と共に赤い色へ変化していくことと、
お花の横顔が角張っているのが特徴です。

枝いっぱいに咲いた花が少しずつ色合いの違う赤い色をしているところが魅力です。
この花が咲くと、そろそろ梅雨のことを考えなくちゃいけないなぁ…と思います。




またまだ続く、シリーズ「木に咲く白い花」。
次回は今日会ってきた 特別なお花をご紹介しますね(^^*)





シリーズ「木に咲く白い花」2008年

2008/ 5/ 8付 「アオハダなど…」 アオハダ、サワフタギ、コゴメウツギ
2008/ 5/ 2付 「ナナカマドの花」
2008/ 5/ 1付 「マルバアオダモの花」 

2008/ 4/27付 「いろんな木のつぼみと花」 ミズキ、カマツカ
2008/ 4/22付 「オトコヨウゾメとウワミズザクラ」
2008/ 4/21付 「ニワトコについて」


2007年版と2006年版は こちらの過去記事から

2007/ 7/ 2付 リョウブの花



posted by はもよう at 21:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

樹木の白い花・・・、よろしいですね。
特に、葉の緑と一緒がよく映えます。
エゴノキも最高です・・・。
Posted by nakamura at 2008年05月15日 22:37
「木に咲く白い花」の一斉登場ですね。
今日の青空で白が一層映えていたことでしょう。
これだけ並ぶと、「はもよう」流ウンチクは別途お聞かせいただけるものと期待しましょう。
Posted by ひろし at 2008年05月15日 23:37
nakamuraさん、こんばんは。
はい、樹木の白いお花は最高です。
そうそう、緑の葉っぱがあればこその爽やかな姿ですねぇ。

次の記事ではもっとゴージャスなエゴノキ科のお花をご紹介しますので、
良かったら見てやってくださいね。
Posted by はもよう at 2008年05月16日 22:25
ひろしさん、こんばんは。

はい、毎年ご紹介しておりますので、うんちくも出しきりました。
レギュラーメンバーはささっとまとめてご紹介します。
Posted by はもよう at 2008年05月16日 22:31
ああ、これでエゴノキ再確認。
しかし、根岸森林公園に通い始めて三年目にエゴノキ三本に気がつくとは…。
いや、たしか一年目に気がついていて、昨年は「木に咲くあの白い花はたしかこの辺り…」と捜していて、それでもなぜかタイミングをはずして見逃したのでした。
ようやく気分がすっきりしました。
Posted by ディック at 2008年05月18日 21:53
ディックさん、こんばんは。
おっ、エゴノキをご確認いただけまして、良かったです。
そうそう、花はびっしり咲くんですけれど、
横から見ると、そんなに目立たないんですよね、エゴノキって。
だから、咲いていても見過ごしちゃうことがあるんじゃないかなと思います。

でも、これでまた一種類、おなじみの木が増えましたね。(^^*)
おめでとうございます。
Posted by はもよう at 2008年05月18日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。