2008年05月15日

タチシオデの花

好きなんですよ、この花。来年もまた、会えますように、タチシオデ。

08_0515_tatisiode1.jpg

春の雑木林の草むらで ちょこっと背伸びして、くねらせた茎の両側に
花火みたいな緑色のお花を咲かせる タチシオデ。今年会えたお花の記録です。




ユリ科シオデ属の多年草。 お仲間の「シオデ」は芽吹いてすぐに 巻きひげを出して
他の植物にからみつくんですが、このタチシオデは、一度 まっすぐに伸びて、
お花を咲かせてから巻きひげを出して他の植物にからみつきます。

そんな訳で シオデのお花は夏(7〜8月)に咲きますが、
このタチシオデのお花は春(5〜6月)、先に咲いちゃうんですね。

08_0515_tatisiode2.jpg

葉っぱは、シオデよりタチシオデの方が 薄くて光沢がないそうですが、
まだ比べたことが無くてよく解りません。(^^;)

…っていうか、シオデが花咲く頃って、こう、あちこち葉っぱだらけで、
なかなか見つけることが出来ないんですよね。←おいっ!



これが一番の特徴、直立して茎の両側に花を咲かせているタチシオデ。

08_0515_tatisiode3.jpg

オスの株とメスの株に分かれる植物で、こんなに花を咲かせているのはみんなオスの株です。

綺麗でしょう、タチシオデの↓雄花。花びらがぱぁっと開いているのがタチシオデの印。
シオデのお花は 花びら(花被片)が強くそりかえるので、印象が違います。

08_0515_tatisiode4.jpg

地味な緑色なんですけれど、大好きで、毎年たくさんの写真を撮っちゃいます。(^^;)
何となく半透明なように見えるところがいいんですよねぇ。あぁ、綺麗だなぁ。



メスの株のめばなはこんな感じ。花数はオスの株とは比べものにならないほど少なめです。

08_0515_tatisiode5.jpg

めしべは、子房に柱頭が3つ、直接乗っかっているような姿。
これがあとで、黒っぽくて粉を吹いたような 丸いみになります。

08_0515_tatisiode6.jpg



4月の終わりが5月のはじめくらいまで、結構長い間咲いていたんですよ。
でも、記事にするのが遅れました。

08_0515_tatisiode7.jpg

結局、お花の時期は終わっちゃって、実がふくらみ出しちゃいました。(^^;)
結構 重量感のある実になるんですよ。今年も会えると良いな。



シオデもタチシオデも芽吹き立てのつるの先は 牛のしっぽのような形をしていて、
美味しいんですって。アスパラガスの味に似ていて、人気の山菜らしいですよ。
この辺でも時々、刃物で先を切り取られている株を見かけます。





ブログ内関連ページ:

2005/ 5/ 1付 「タチシオデ」
2005/11/17付 「シオデの実など」


posted by はもよう at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。