2005年11月19日

みのり いろいろ(記事にした花、その後2)

10/28の「綿毛いろいろ(花だんの花のその後)」で、自信がなかった
フジバカマですが、この度、証拠を押さえました。


d_top_051119_fujibakama.jpg

フジバカマ、花が終わって綿毛が伸び始めました。
花だんの花って、花が終わるとすぐに刈られちゃうので、
なかなか見られないですよね、こんな姿。

まぁ、もっとも、園芸種の種をやたらに飛ばされては、
野草さん達がお困りでしょうから、種ができる前に刈られちゃうのは、
可愛そうですが、仕方のないことかもしれませんね。

この後も、山野草の花だんも含めて、
花だんで見かけた花たちのその後をご紹介します。







まずはギボウシ

05_0828_gibosi.jpg

写真の花は 戸隠高原のものですが、公園の山野草の花だんにも
ギボウシは植えられていました。
多少種類は違っても、実り方はあまり変わらないんじゃないかと思います。

05_1119_1_gibosi.jpg

かなーり シックな実 ですね。




次は、ミヤマフユイチゴ
05_1119_2_m_f_itigo.jpg

ものすごく小さいです。申し訳なくてお味見もできませんが、
ブログ巡りをしていて 小耳にはさんだ情報によると、
"ミヤマ"と つく方は美味しくないようです。
いや、お味見していないから、なんとも言えませんが…。

9月、残暑厳しいなか、咲いてた花はこんな風。
茎にトゲトゲが "ミヤマ"フユイチゴの特徴です。

05_0913_m_f_itigo01.jpg




公園じゃないんですが、クコを育てている人も見かけました。

05_1119_3_kuko.jpg

つやつや真っ赤な実。不老長寿の妙薬ですってよ。
中華のお粥やデザートで、時々見かける赤いドライフルーツ…みたいな実です。
昔々、私の通学路に クコの生け垣がありました。だから、とっても懐かしい木なんです。
9月に咲いてた花はこんな感じ。ナス科らしい紫のお花。
枝にはトゲがありますので、ご注意下さい。

05_1119_4_kuko.jpg




それから、キチジョウソウ。おめでたそうな紅白のお花でした。

05_1019_kitijoso02.jpg

他の花はまだ、終わったばかりなんですが、1つだけ妙に気の早いお花が、
もう実っていました。

05_1119_5_kitijoso.jpg

花の茎と同じように、ちょっとニュアンスが違う赤ですね。
他の実のような朱赤ではなくて、ワインカラーに近い感じ。
こんな実がいっぱい付いたら綺麗でしょうねぇ。
他の株もちゃんと実るかな。落ち葉に埋もれがちなんですが、
時々見に来ようと思います。




最後はヤブラン。
05_1119_6_yabran.jpg

いっぱい咲いていましたが、実の付き方は
株ごと、植えられている場所ごとにずいぶん違いがありました。
一番見事に実っていたのは、まさに、"ヤブ"に咲いていた野生の株。
ほら、重そうでしょう?

05_1119_7_yabran.jpg




最後は、ちょこっとクイズ♪

次回は、野草編です。これはある野草の実です。
ものすごくありふれた実なんだけど、虫がこんなにしちゃった
珍しい姿です。これな〜んだ(^^)?

05_1119_8_whatsthis.jpg


posted by はもよう at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。