2008年04月28日

シロダモ、サンショウ

午前中は少し雲が残りましたが、お昼ぐらいからは晴れて 暑いくらいの日差しが
あふれました、今日のうちの方。
ああ、日焼けしないように気をつけなくっちゃ。

今日の写真は4/22にお気に入りの観察スポットで見かけた木のうち、
まだ、記事にしてなかった2種。シロダモとサンショウの今の様子です。

08_0428_sirodamo1.jpg

この時期の、目線よりちょっと高いあたりで目に付くのが…ニヤニヤ笑いのチシャ猫ならぬ、
シロダモの芽。
それから、やっと撮れたサンショウのめばなを、おばなと一緒にご紹介します。


シロダモはクスノキ科シロダモ属の常緑高木。
隣町の公園と裏の北向きの斜面には、たくさん生えているのですが、この手の木は、
見分けをするのがとても難しくて、ずっと何の木って確定できないで居ました。

08_0428_sirodamo2.jpg

たぶんクスノキの仲間…候補はいくつか…どれだろう…なんて思っていました。
去年、ブログ周りをして、この木がシロダモだとわかり、実も花の写真も撮れたときは、
とても嬉しかったです。
名前が解ってから見れば、この葉っぱの目立つ3本の葉脈がシロダモの特徴なのですが、
なかなか難しいものです。

お花と実は11月頃に一緒に見ることが出来ます。待てない方は↓過去記事からどうぞ。(^^*)



さて、シロダモのこの芽が綺麗な毛に覆われていますよね。

08_0428_sirodamo3.jpg

もう少しすると濃い緑のツヤツヤ葉っぱになるって言うのにほんと驚きです。
もっとぐぐっとアップにしてみましょうか…

08_0428_sirodamo4.jpg

今だけ限定の姿ですよね。新緑の季節が過ぎちゃうと、この手の常緑樹の葉っぱって、
厚ぼったくて素っ気ないですものね。(^^*)

柔らかい毛に覆われた 生まれたての葉っぱですよ。綺麗だなぁ。
なんか可愛いなぁ。  あ、生まれたてから、当然だけど、3脈が目立ちますね。




もう一つは、サンショウの木。ミカン科サンショウ属の落葉低木。別名ハジカミ。
あの、薬味に使う、小粒でもぴりりと辛いサンショウ(山椒)ことですよ。
若い葉は「木の芽」って言って、タケノコ料理に添えたりするんですよね。

あれ?ハジカミってお魚とかに付いてくるショウガのことですよね。
……困ったときのweb検索……。あ、両方ハジカミって言うんだ。
顔をしかめるって言う意味で、山椒は和のハジカミ、ショウガは中国(呉)のハジカミって
呼んでいた時期があったんですって。↓へぇ〜。

大阪本場青果卸売協同組合のHP
「今月の旬便り しょうが」


北向きの斜面には、よく見ると林床にサンショウの木が生えてたりするんですよ。
山地にふつうに自生するようですが、良く、お庭にも植えますからね。
たぶん…自生?で、もしかしたら、どこかのお庭で実を食べたと鳥さんが種まきしたかも?
どっちなのか解らないのですが、以前も見つけて お花の写真を撮っています。

08_0428_sansho_obana1.jpg

いつもお散歩している公園にも、あんまり元気じゃないけどサンショウの木は一本有って、
一度だけアゲハのさなぎを見ました。まぁ、うまく成虫にはなれなかったみたいですが…。

サンショウの木は雌雄異株、つまり、オスの株とメスの株に分かれる木。
オスの株のおばなならもう見つけて、写真に撮っていました。

08_0428_sansho_obana2.jpg

過去記事の中の写真の方がよく写って居るんですが、←だめじゃん
おばなは、5本のおしべが元気よく開いた形です。
元気があって大変よろしいのですが、これじゃ、実は見られません。



でも今回、やっとメスの株を見つけました。これです。↓

08_0428_sansho_mebana1.jpg

で、めばなはこんな風。

08_0428_sansho_mebana2.jpg

なんかものすごくおもしろいんですけど…。ロボットの頭みたい。(^m^)
めばなの子房は2つずつセットになっていて、秋になると コロコロの黒い実を
2つずつ付けるんですよ。直径5mmくらいでつやつやしているのをね。
うかつにかじると それこそハジカミ〜(><)になっちゃいそうですが、
写真で見ると可愛いので 眺めてみたいです。(^^*)
楽しみだな。場所、忘れないようにしなくっちゃ ♪





ブログ内関連ページ:
シロダモ
2008/ 4/18付 「木の芽、木の花2」
2007/11/24付 「シロダモの花」
2007/11/ 6付 「シロダモ」
2007/ 4/11付 「北向き斜面の芽吹き」

サンショウ
2006/ 5/ 7付 「四月に見かけた木の花」
2006/ 3/30付 「木の芽いろいろ その1」
2005/11/ 2付 「サンショウの木の上で」



posted by はもよう at 22:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

サンショウが出ましたね。ディックさんのところに雄花が出ましたので、家のサンショウをよくよく見たら、やはり雄花のようです。
そのうちエントリーを・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年04月29日 21:24
こんばんは
シロダモの若葉、面白いですね。
これがあんなにテカテカになるのが不思議です。
サンショウの雌花はあまり目立たないですね。
Posted by YAKUMA at 2008年04月29日 21:46
nakamuraさん、こんばんは。
はい、サンショウです。
あれ?nakamura邸のお庭のサンショウは雄の木だったんですね。

いずれ見せていただけるのをお待ちしていますね。
Posted by はもよう at 2008年04月29日 23:32
YAKUMAさん、こんばんは。
はい、シロダモの葉っぱって面白いですよね。
あんなに毛深いのに、あとからつるつるになるんですもの。
寒さから守るのかなと思うのですが、もう、あんまり寒くないし。(^^;)
不思議です。

サンショウのめばなはやっと撮れました。目立たないけど、嬉しいです。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年04月29日 23:36
ああ、いいなあ。サンショウの雌株を見たい!

えー、いまこういうふうになっていないから、あれはやはりシロダモではなかったか…。
クスノキのお仲間は、似たような葉が多くてまぎらわしいですね。
Posted by ディック at 2008年04月30日 21:45
ディックさん、こんばんは。
いいでしょ〜、雄花は目立つからすぐ解ったけれど
雌花は地味でなかなか見つからなくて…、やっと見つけたんです。
ディックさんのおうちのそばにもあると良いですね。

はい、クスノキのお仲間はそっくりさんだらけで難しいです。
「あれ」って…どれかな?
Posted by はもよう at 2008年05月01日 21:47
山椒の雌花、良く見つかりましたね〜。
2本の角を頼りに探すんですが、未だです。
私も、頑張って見つけよう。。。
Posted by yaso-bana at 2008年05月01日 22:47
yaso-banaさん、こんにちは。
はい、やっと見つけました、嬉しいです。(^^*)
コレで可愛くて黒い実を見られれば言うことなしです。

やっぱり、雌株の方が少ないんでしょうか?
皆さん ↑ お探しのようですね。(^^A)幸運をお祈りしています。
Posted by はもよう at 2008年05月02日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。