2008年04月27日

スミレという名のスミレ

図鑑にいろいろなスミレが載っていますが、「スミレ」という名前のスミレも、
ちゃんと載って居るんですよ。
タチツボやアオイスミレ、コスミレなどが一通り咲いた後から、
トリは最後に登場するんだよという風に咲き始めます。

08_0427_sumire01.jpg

まさにすみれ色の花。他のすみれたちとは全く違うプロポーション。
これが「スミレ」という名のスミレです。







スミレシリーズも、今年はこれで最終回になりそうです。
タチツボスミレやニョイスミレは公園の林の下なんかにたくさん咲くのですが、
スミレは、民家の庭先や道路の舗装の透き間などに良く咲いています。

08_0427_sumire02.jpg

お花は、これぞ すみれ色の濃紫色。側弁には少ないけど毛があり、めしべの柱頭はカマキリの頭型。



これぞ日本のスミレの代表…っと思うのですが、学名は「満州のスミレ」という意味だそうです。
「日本のスミレ」を意味する学名をもらったのはコスミレの方なんですって。おもしろいですね。
何でだろ…?


横顔チェックです。

08_0427_sumire03.jpg

スミレの距は長くて紫一色。  ヒメスミレだと、まだら模様になります。



葉っぱの柄には翼があります。

08_0427_sumire04.jpg

葉っぱはすくっと直立しがち。



高さ3cmほどのちっちゃい株や、

08_0427_sumire05.jpg

お花が丸っこいのもあるし…しゅっと細いのもある。

08_0427_sumire06.jpg

でも一番の特徴は、横に広がらないこと。


前の記事でご紹介した 
タチツボスミレ、アオイスミレ、ニョイスミレには「地上茎」が有りましたが、
スミレ、ヒメスミレ、ノジスミレ、コスミレ

08_0427_sumire_ariake.jpg

スミレかヒメスミレとノジスミレの雑種とされている↑アリアケスミレには
「地上茎」が無く、ひと株ひと株が独立していて、横に伸びる茎はありません。

特に、このスミレは、それがはっきり解る生え方をしています。
足もとすっきり、スタイル抜群な モデル立ちしているすみれです。



もうそろそろ、お花の時期も終わっちゃって居るとは思いますが、
来年にでも、見かけたときには、その足下に注目してあげてくださいね。(^^*)




ブログ内関連ページ:

2008/ 4/26付 「タチツボスミレの今」
2008/ 4/25付 「コスミレ 再確認」
2008/ 4/23付 「ニョイスミレ」 地上茎の話も少し
2008/ 4/11付 「コスミレ」
2008/ 4/10付 「アリアケスミレ」
2008/ 4/ 8付 「タチツボ、ノジ、ヒゴ、外来種…」
2008/ 3/15付 「小さなスミレ」 このときは名無し。後にコスミレと解りました。


2007/ 4/29付 「パピリオナケア」
2007/ 4/24付 「カタクリの花が終わって」 ヒゴスミレ
2007/ 4/20付 「ノジスミレとケマルバスミレ」

2007/ 4/17付 「ニョイスミレ」
2007/ 4/15付 「スミレとヒメスミレ」

2006/ 4/30付 「4月に出会った草花」 ヒメスミレの小ささ
2006/ 3/29付 「タチツボとアオイ」


posted by はもよう at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
わたしも昨日の散歩で、
スミレの濃い濃い紫の花を撮ってきました。
意識していたのではないのですが、
葉柄の基部が紫褐色になっているところも
撮れていました。
いつものとおりあまり自信はありませんが、
帰って調べたら、ノジスミレと区別できる
部分だとか。
翼ははもようさんのようにはっきりとしていないから、
違うかもしれないです・・。
でも、何がよかったかというと、
あの紫色のこゆさがなんともいえずに、
むかしむかしの十二単の紫色を連想しました。
いえ、見たことはないのですが ☆ヽ(o_ _)oポテッ

Posted by ブリ at 2008年04月28日 06:27
どうもややこしいのは、花の姿だけでなく、葉もずいぶん違いますよね。今年はまあ、いろいろあることに気がついただけでも、多少の進歩か…。
Posted by ディック at 2008年04月28日 20:57
ブリさん、おはようございます。
良いですよねぇ、スミレの濃ゆい紫。まさに、日本 古来の紫って感じがします。
おぉ、葉柄の基部が紫褐色…も特徴ですか、よし、今度撮ってみよう。(^^*)

スミレの見分けポイントは葉柄の翼だとはいますが、
これ、ちっちゃい葉っぱでは見えないし、判断材料が増えるのは良いことです。(^v^)

それに、結構、交雑しちゃうらしくて、アレの特徴とコレの特徴を併せ持つ
…なんて言うお花に出会うこともあるようです。
だから、迷ったら迷ったで、中間種という逃げ道もあるかな ? なんて思ったら、
また、気が楽になりま…せんか?(^^;)へへっ

Posted by はもよう at 2008年04月29日 08:39
ディックさん(^^)ノ、私も、スミレの世界は奥が深いですから、
興味がわいたときに少しずつ、進んで行ければいいやと思いながらやってます。

私が出会えたくらいのすみれたちなら、ディックさんのおうちのそばにもあるかもしません。
来年の春、どこかですみれを見かけたら、そのときに思い出していただいて、
もしもお役に立てたら 嬉しいです。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年04月29日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。