2008年04月24日

コマユミの花とニシキギ科の木

4/22、23の両日、隣町の公園とその裏のお気に入りスポットを回って、
いろんな気になるものを見てきました。
去年、名前を覚えた木へ 表敬訪問。今年の芽吹きはいかがかな?

今年こそ、名前調べを確かなものにするぞと 誓った木のお花確認。
咲いてるかな?…などなど。

大変、個人的な興味に基づくものですが、良かったらおつきあい下さい。

08_0424_komayumi1.jpg

さて、一本目は去年「実」を見たコマユミの木。

公園の裏へ抜ける谷のところ、昼でも薄暗くて写真を撮るのに難儀するところに、
この木の、よその木よりも一段と か細い枝が下がって居ます。
気づいたのは去年の秋、たくさん実ったのかもしれないけれど、私が見たときには
実が一つ残るばかりでした。紅葉は、そこそこきれいだったけれど、
日が当たらないので図鑑のものとは似てもにつかない紅葉の仕方でした。

08_0424_komayumi2.jpg

暗い狭い撮りにくい、しかも風の通り道…という悪条件の元、
それでもお花を確かめて、この木はコマユミって結論づけたいんです。

一度目のチャレンジでは、何とか、2つずつ向き合って付く(対生する)葉っぱと
枝に沿って付いた小さなつぼみまでは確認っと。



で、大量のピンぼけ写真を撮った後に、やっと、撮れましたよ。
あんまり嬉しいからでっかい写真にしちゃった。(^^*)



コマユミの花、どーん。

08_0424_komayumi3.jpg

おしべ4つ、めしべ1つ、ガク(萼)は見えないけど、花びらは4つ。
蜜のキラキラまで写っていて、うれしいですっ!



でもね、薄暗いところで苦労したのに、よそで見つけちゃいました。

08_0424_komayumi4.jpg

こちらは日の当たる場所に葉を広げていたコマユミ。

お花もニシキギそっくりで。

08_0424_komayumi5.jpg

図鑑の『枝にコルク質の翼が発達しない品種をコマユミという』という
記述を確認できますね。

今度から、こっちの見やすい方で写真撮ろう…(−−;)



ところで、元の悪条件な場所…。あそこでもう一つ、
気になる ニシキギ科っぽい 葉っぱを 見つけちゃったんですよねぇ。

08_0424_nisikigi_ka1.jpg

コマユミそっくりでしょ。
あらこっちの、手の届くところにもそっくりな葉っぱが有るじゃないって。
見つけたときにはラッキーって思ったんですけれど、どうも様子が違うんです。

08_0424_nisikigi_ka2.jpg

ほら、お花の柄が長ーいの。
こんなに長くてもコマユミ?  それとも、ツリバナ?
ツリバナは、夏にキャンプに行くお山の方に咲いていて、可愛い実が付くんですけど、
そうだったら嬉しいなぁ。でも、ただのお花の柄の長いコマユミなんだろうか…。

まだ、つぼみは堅そうです。コマユミのつぼみにこんな模様付いていませんでした。

08_0424_nisikigi_ka3.jpg

また見に行かなくちゃ。そしてまた、悪条件に四苦八苦しながら、写真撮らなくちゃ。
うーん、どうでもいいことだけど、大変だぁ。頑張らなくっちゃ。(^^A)



公園を歩いて、身近な木の 名前調べをはじめてもう7〜8年経つんですけれど、
だんだん解ってきて、名前を特定できる木が増えてきました。
ざっと見ると、もうみんな知っている木ばかりのように思えて、
そのくせ、ちょっと調べてみるとまた、無いと思っていた木を見つけられたりして。

こういうの、ちょうど面白みが解ってきたところ…って言うんでしょうかね。(^^;)


ブログ内関連ページ:

コマユミ
2007/12/10付 「コマユミ、ヒュウガミズキなど…」
2007/11/26付 「ネジキの実など…」 はじめて見つけたコマユミの葉

参考 ニシキギ
2007/10/ 6付 「木の実 準備中(10月の1)」 ニシキギの実
2006/ 4/22付 「はなさんぽ(4月その2)」



posted by はもよう at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観察を始めて5年の私より2〜3年先輩で、しかも研究熱心なはもようさんにかかったら公園中の樹木・草花は調べ尽されても不思議ではないです。
それでも不明の個体が現れるのですから、自然は奥深いですね。
ツリバナだと嬉しいですね。
Posted by ひろし at 2008年04月25日 00:02
コマユミは細かい花で目立ちませんね。
マユミとどう違うのか。
ツリバナも小さな花です。ブログに出してみました。
Posted by 蛙太郎 at 2008年04月25日 06:23
ひろしさん、こんばんは。
いやぁ、長いばっかりですけどねぇ。(^^;)
さして広くもない公園をぐるぐる回っているんだから、
いい加減ネタ切れしても良い頃なのに、まだまだ、新発見が有るんですもの。
本当に植物の世界は奥が深くて楽しいです。(^^*)

ツリバナだったら本当に嬉しいです。どうかしら?
Posted by はもよう at 2008年04月25日 22:24
蛙太郎さん、こんばんは。
図鑑によりますと、
鮮やかな紅葉で有名なニシキギ(錦木)の枝に翼がないのがコマユミで、
マユミには似てないのに何でこの名前なのかなと思います。

お花はどっちも同じくらい地味ですが、マユミのお花の方が数は多いかな?
実の形は全然違いますね。

蛙太郎さんもブログを持っていらっしゃるんですね。
ツリバナ…どちらへ行ったら見られるのかしら?
Posted by はもよう at 2008年04月25日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。