2008年04月22日

オトコヨウゾメとウワミズザクラ

やぁ、久しぶりに良く晴れましたねぇ。気温もどんどん上がって汗かいちゃいましたよ。
学校が始まって、みんな居なくて…となれば、多少の用事は後回しにして、←こらこら
とりあえず、お気に入りの観察スポットに行かなくちゃ。

でもって、撮ってきましたよ、オトコヨウゾメとウワミズザクラの白い花 ♪

08_0422_o_yozome1.jpg

まずは可憐なオトコヨウゾメのお花。 可愛いでしょう ? 大好きなんですよ。

記事にしておきたいことがたくさんたまってしまいました。
しばらく一日に二つくらいずつ記事を書くことになりそうです。
良かったら、おつきあい下さい。(^^;)




オトコヨウゾメは、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。別名はコネソ。
ヨウゾメというのは ガマズミのこと。

名前に関しては、2006年の記事で↓このように書きましたが、
その後、新しい情報は見つけてません。(^^;)ので、再録。←手抜き

〜〜〜〜〜2006/ 5/ 1付の記事より〜〜〜〜〜

花付きは まばらだけれど、ガマズミよりも繊細で可愛らしいですよね。
そんな 乙女チックなこの木が何で「オトコ」なのかって、
web上でも不思議に思うというコメントをいくつか見つけました。

私…どこかで、「ヨウゾメ」というのはガマズミのことで、
ガマズミよりは 痩せた枝が、骨張った男の手のように見えるからという説明を
読んだような気がするのに、
もう一度確かめようとしたら、どこで見たのか思い出せないんですよね。

〜〜〜〜〜再録終了〜〜〜〜〜


08_0422_o_yozome2.jpg

ほとんど太くならないし、高さも2mくらいにしかならないので、本当に
可憐な木ですよ。で、こんなに可愛いお花なの。
オトコヨウゾメじゃなくて、乙女ヨウゾメとか何とかの方が似合うんじゃないかしら。



08_0422_o_yozome3.jpg

お花は直径6〜9mm、花冠の先は5つに分かれて、可愛いお花型になってます。
おしべは5つ、花冠の途中にちょこんと可愛く出ています。
お花の奥の赤いのはめしべかな?

08_0422_o_yozome4.jpg

お花はこんなにたくさん咲くんだけれど、
あんまりたくさんは ならないんですけれど、秋には8mmほどの長め丸い赤い実になります。
長い柄の先に赤い実が下がる様子も可愛いです。

今年も会えました、良かった ♪
ちなみにのガマズミはまだ堅いつぼみのままでした。もう少ししたらまた、見に行こうと思います。



さて、もう一本は、バラ科サクラ属のウワミズザクラ(上溝桜)。別名はハハカ。
つぼみや若い実を山菜として利用し、染料や革細工の材料にもなり…、
人の暮らしのそばにいつもあった 身近な 落葉高木です。

08_0422_uwamizu_s1.jpg

桜の仲間なんですけれど、こんな白いブラシのような花が咲きます。
一つの直径は1cmにもならないほどの小さな花で、形も桜には似ていませんね。

08_0422_uwamizu_s2.jpg

花の穂に近づいてよく↑見たら、つぼみから開いたとき、おしべは内側に
ぎゅっと収納されて居るんですね。

08_0422_uwamizu_s3.jpg

お花が開いて、↑花びらよりも長いおしべが、ぶわーっと伸びるんだ。
あーあ、背伸びして大あくび〜!いやぁ、狭かったよう…なんてね。(^^*)




ウワミゾという変わった名前については、2007/ 4/23の記事で詳しくご紹介していますが、
この木の材に溝を彫り、火を焚いて亀甲占いの甲羅をあぶったからとか
鹿の骨の裏側に溝を彫り、その骨をこの木を燃やした炎であぶったからとか
いろんな説が 検索でヒットしちゃいました。

どの説を信じていいのか解りませんが、
とにかく、何らかの占いに使われて、溝を彫ったと言うことは一致しています。
ウエミゾじゃなかったのは、言いやすいように変化したんでしょうね。

08_0422_uwamizu_s4.jpg

どうやら神聖な木とされていたようです。
今日、満開のウワミズザクラの木の下には、ほのかにいい匂いがしていました。
お日様の光を吸い込むように花の穂が光っていて、神聖な木と思われても不思議のない姿でしたよ。

08_0422_uwamizu_s5.jpg

そうそう、もう一度、葉っぱも確認です。
葉は互い違い。(互生)卵形か卵状長楕円形で、先がしっぽのように急にとがるタイプ。
縁には細かくてとがったギザギザ(鋸歯)がある…。
ふむ…、あんまり特徴のない葉っぱだなぁ。見分けられるかしら?


去年も、オトコヨウゾメとウワミズザクラで記事を書いていました。
結局…この二つの木は、同じ時期にお花が咲くんですね。

あーぁ、とうとう、白い花の咲く初夏がやってきちゃいますねぇ。
忙しくなるぞぉー!!



ブログ内関連ページ:

2008/ 4/18付 「木の芽、木の花 2」
2008/ 3/22付 「動き出した木の芽」
2007/11/10付 「オトコヨウゾメの実など」
2007/ 4/23付 「ウワミズザクラなど」
2007/ 2/13付 「隣町の公園の木」 オトコヨウゾメの冬芽
2006/ 5/ 1付 「オトコヨウゾメの花」


posted by はもよう at 22:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウワミズザクラはきのう撮影してきましたが、オトコヨウゾメなる木は当公園にはないようです。
一日一種では、とても紹介しきれない季節に突入しましたね。しかも、白い花も加わって。
私は原則一日三種にしています。でも、説明が少ないからな〜。

Posted by ひろし at 2008年04月22日 23:27
ひろしさん、こんにちは。
はい、今日も見て回りましたが、木に咲く白い花のつぼみが
あっちでもこっちでもふくらんで、ああ、もぉ、大変ですぅ。←こらこら(^^A)

そうそう、確か、オトコヨウゾメはなさそうっておっしゃってましたね。
可愛いのになぁ…。
Posted by はもよう at 2008年04月23日 15:05
ああ、ひろしさんも nekocchi さんもウワミズザクラのマクロ撮影はやっていませんでした。近づいてみると、また結構おもしろいんですねぇ。
Posted by ディック at 2008年04月23日 21:01
はもようさん、こんにちは。
オトコヨウゾメ、可愛いですね〜。
まだ、見たことありません。
ウワミズザクラ、なつかしい〜!
3年前に、偶然初めて見てビックリ!
とてもサクラとは思えなかったので・・。まだ、デジカメ持ってなかったので、ケータイで撮りました。
fabにもアップしましたが、もう一度会いたいものです^^。
Posted by winc at 2008年04月24日 12:31
はい、ディックさん。
運良く、手の届くところに咲いていたので、寄りまくってみました。
ひろしさんのマクロ撮影も素敵でしたよ。

これから「木に咲く白い花の季節」なので、
嬉しいやら、忙しいやら、大変です。(^^;)
Posted by はもよう at 2008年04月24日 22:35
wincさん、こんばんは。
オトコヨウゾメ、可愛いですよぉ。
お近くに咲いていないなんて残念です。
分布を見ても、本州、四国、九州と書いてあって、どこにでも有りそうなのに不思議ですね。

ウワミズザクラは、近所にあって、あまりに背が高すぎてお花がよく見えず、
何だろうなとずっと思った来たお花だったので、
去年、名前が解ってとっても嬉しかったんですよ。(^^*)
wincさんはもう、3年も前に出会っていらしたんですね。
桜の仲間には思えないけれど、素敵なお花ですよね。(^ー^)
Posted by はもよう at 2008年04月24日 22:44
ひろしさんは、あとからマクロ写真を追加したのですね。今晩見てきました。あちらはまた、美しく撮れていること!
Posted by ディック at 2008年04月28日 21:15
ディックさん、あちら、本当に美しく撮れてますでしょう?
素敵ですよね。(*▽*)
Posted by はもよう at 2008年04月29日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。