2005年11月15日

ヒイラギの花

d_top_051115_hiiragi.jpg ヒイラギの木と花

いやはや、急に寒くなりました、関東地方。
昨夜も雨が降り、桜の並木がすっかり赤くなりました。
ケヤキもそろそろ、木ごとに違う色に染まり出しましたし、
あちこち色づいて綺麗になってきました。


連日、用事があって、慌ただしい一週間になる予定です。
更新が止まっていたり、お返事に時間がかかっていたら、
まあ、なんかいろいろ頑張っているんだな と思ってください。

取りあえず、他にも書きたい記事があるんだけれど、お花がちっちゃう前に、
ヒイラギの白いお花の写真を飾っておきますね。
花の拡大画像は この後。↓






05_1115_hiiragi01.jpg ヒイラギの花(拡大) 

ギンモクセイやヒイラギモクセイそっくりですけど、同じモクセイ科です。
花びらが強く反り返るのが特徴です。

クリスマスの飾りで良く見る 赤い実の付く木もヒイラギと言いたくなりますが、
あちらは違う科の赤の他人。
クリスマス・ホリーといって、モチノキ科なんですよ。
この、モクセイ科のヒイラギさんの実は黒です。しかも、夏に実ります。

だからヒイラギは クリスマスじゃなくて、豆まきの時に思い出してくださいね。




本で見たんですけれど、ヒイラギは、若い木と老木とでは葉の表情が違うんですって。
年取ると、丸くなるらしいの↓。

05_1115_hiiragi02.jpg ヒイラギの葉いろいろ

結構可愛いのもありました。でも、これじゃ、鬼を怖がらせることはできませんね。
もしも、お近くで見かけたら、ちょっと葉っぱにも注目してみてくださいね。


posted by はもよう at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年月を経ると円くなるですねー。
なんだかヒイラギがとっても好きになりました(^^)。
Posted by ごまのはぐさ at 2005年11月16日 22:47
ごまのはぐささん、おはようございます。

そうそう、とげとげしいばかりじゃなく、
意外に表情豊かなんですよ、ヒイラギの木。

まあ、私個人としては、
年取って丸くなった好々爺よりは、
いつまでも ツンツンとんがっているじーさんの方が好みですが…。
あ?聞いてない?こりゃまた、失礼いたしました。(^▽^)
Posted by はもよう at 2005年11月17日 09:21
ヒイラギの葉っぱ、ギザギザのイメージが強いのですが、老木になると丸くなるのですね。
私の小学校の垣根の一部に確かヒイラギがあって、くぐるとき痛かったのを思い出しました。
今は痛くなくなっているのかなぁ…。
でも、それが本当にヒイラギだったのかは定かではありません。
まあ子どもの記憶なので…その上、その子は私なので(笑)
Posted by moto at 2005年11月18日 23:55
おはようございます、motoさん。

老木か幼樹かで葉の形が変わる…マニアにはたまりませんが、
初心者には、まぎらわしくて困った木です。(^^;)

垣根だと、ヒイラギモクセイの方がよく使われはしますが…
さて、moto少年を引っ掻いたのはどちらでしょう(’’)?

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年11月19日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。