2008年04月11日

コスミレ

今日は雨上がりの晴天。花粉症の方には申し訳ないのですが、
私には、とっても気持ちの良い一日でした。
なかなかない良いチャンスなので、おにぎりを鞄に詰め込んで、
また、お気に入りの観察スポットを回ってきました。
写真も200枚ほど撮りましたので、そちらは追々ご紹介していきます。

今日の写真は、3月に咲いていたすみれの話。

08_0411_kosumire1.jpg

3月15日に「小さなすみれ」というタイトルで記事にもしましたが、このときはまだ
名前が解りませんでした。
一つ前の記事で、アリアケスミレの名前が解ったのに気を良くして、
もう一度調べてみる気になりました。





このすみれには、数年前から気づいては居ました。
道ばたの、街路樹の下の植栽の そのまた下という、他のすみれが居着かないような、
日当たりは良くても、乾いた場所に、小さい葉っぱに不釣り合いな大きめの花を付けていました。


去年、↓写真もちゃんと撮りました。今回の記事はほとんど去年の写真です。

08_0411_kosumire2.jpg

はじめは、たぶんタチツボスミレだろうな、白花もあるんだな…くらいの認識でした。
でも、何かが違いますよね。

何とか調べようと、去年は写真をいくつも撮ったのですが、結局、よくわからなくて
保留にしてありました。去年の写真を撮りだして、もう一度、見てみましょう。

図鑑を見ていくと、人家のそばに生えて、丸っこい葉、似たようなお花は…う〜ん。

ギザギザのある葉っぱ。細かい毛がぎっしり。
托葉は…よくわからないけど、櫛の歯状じゃないみたい。

08_0411_kosumire3.jpg
これは…白い花が咲く方かな?

葉っぱが小さいうちから、お花が咲いちゃうから、よくわからないんですけど…
この、お花の後ろの出っ張り(距)、ずいぶん長いですね。

08_0411_kosumire4.jpg

こんなに距まで白いとは。
こんなに白いすみれって、図鑑には載っていないんですよね。
タチツボスミレやスミレにも真っ白なものがあるそうですが、そういうのは特殊なのかな。
だから、このスミレも、近くにある紫のすみれの白花品だと思うんですよね。



こっちは紫のお花の方…。

08_0411_kosumire5.jpg

葉っぱは真ん中にすっと主脈が入っていて、茎が赤っぽい。
図鑑に載っていたアカネスミレに似てるかな?
でも、お花が咲くと、あかね色…じゃないよねぇ。

08_0411_kosumire6.jpg

で、お花をぐぐっと大きくしてみると…
めしべの先(柱頭)は ふくらんでカマキリの頭型。
花びらは無毛。

08_0411_kosumire7.jpg




……で、アカネスミレですが、
web検索してみたら、もっとずっと毛深いんですよ。
でも、無毛の「オカスミレ」っていうのも有るって書いてあったから、
よしよし、なんて…。
しかも、真っ白いのがあって「コボトケスミレ」って呼ばれて居るんですって。
web検索して見つけた写真はかなり似ていたんですよ。
おおっ、これかもって思ったんですよ、一時は。

でも、花びら(側弁)は無毛じゃないんですって。違うのかな〜って、
他の候補を探してみました。



次に見つけたのは、紹介されるたびに
「名前ほど小さくはない」と但し書きが付いちゃう「コスミレ」。

図鑑の写真は似ていなかったんですけれど、web検索で見つけた写真はそっくりでした。
しかも、このすみれにも真っ白の色違いがあったんですよ。

コスミレは‘日本のすみれ'という意味の学名が付いた 中輪のすみれ。
色の変化も多いけれど、真っ白いのは「シロバナコスミレ」と言うそうです。

08_0411_kosumire8.jpg

花びらの毛についても、図鑑に
「側弁はふつう無毛だが、ときに毛のあるものもある」って書いてあるし、
距は6〜8mmで長いっていうのも当てはまるし…図鑑の写真とは似てないけど。(^^;)


コスミレでいいんじゃないかと思ったのは、今はお休み中だけれど、とっても頼りになる
hanaboroさんのブログの説明に 
「東日本では無毛、西日本では有毛のことが多いとか」、
「花弁は細長く見え、側弁がつけ根からしっかりと開いて、中の花柱などがよく見える」
なんて書いてあったからです。

ちなみに似ていると思って迷っていた アカネスミレの方は、花びらの付け根部分が
あまり開かなくて、めしべを見るのが大変なんですって。
やっぱり、アカネスミレと その無毛タイプのオカスミレでは無いって事ですよね。



「名前ほど小さくはない」と但し書きが付いちゃう「コスミレ」の
とってもちっちゃい株を見つけました。(^^*)ラッキー ♪   かも。
今後は、「名前ほど小さくはない」の部分を写真に写してみたいです。
ものすごく人通りの多いところで、チャンスをつかむのがかなり難しそうだけれど、
頑張ります。(^^;)






↓勝手に参考にさせていただいたサイトさんです。お世話になりました。

すみれの部屋@「花の写真館」

コスミレ@花図鑑のボロボロブログ!




ブログ内関連ページ:
毎年少しずつ増えてます。すみれカテゴリー、作っちゃおうかな(^^*)

2008/ 4/10付 「アリアケスミレ」
2008/ 4/ 8付 「タチツボ、ノジ、ヒゴ、外来種…」
2008/ 3/15付 「小さなスミレ」 まだ名無し。

2007/ 4/29付 「パピリオナケア」
2007/ 4/24付 「カタクリの花が終わって」 ヒゴスミレ
2007/ 4/20付 「ノジスミレとケマルバスミレ」

2007/ 4/17付 「ニョイスミレ」
2007/ 4/15付 「スミレとヒメスミレ」

2006/ 4/30付 「4月に出会った草花」 ヒメスミレの小ささ
2006/ 3/29付 「タチツボとアオイ」


posted by はもよう at 22:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スミレは種類が多いですね。庭にも2s狂いのが咲いてますが、深入りしない事にしています。
Posted by 蛙太郎 at 2008年04月12日 06:56
おはようございます。

これからは、スミレを見つけたら、はもようさん!!(笑い)
Posted by nakamura at 2008年04月12日 08:54
  こんにちわ。
 スミレがすきなんですか?(・・。)
 清楚可憐で いいですよね〜
 あたしは、かわいい花なら何でも大好きです。花いっぱいのブログをしています。
  『カタクリ』検索でやってきました。
 けっこう、花について博学ですね?
 何かの専門家の方ですか? σ(゜・゜*)・・・
Posted by 結菜 at 2008年04月12日 09:54
蛙太郎さん、おはようございます。お返事遅くなりました。(^^*)

はい、私ももう、ずいぶん長いこと深入りしないようにしていたんですが…、
とうとう迷う込んじゃいました、スミレの迷宮(^^A)。
ミイラ取りがミイラにならない程度に、ぼちぼちがんばります。(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2008年04月13日 08:46
nakamuraさん、おはようございます。

>これからは、スミレを見つけたら、はもようさん!!(笑い)

無理 無理 無理 無理 無理(><)!!(笑い)

私よりずっと前に
「アリアケスミレ」を知っていたnakamura さんにはかないませんよ〜。(^^;)

これからも、ごシドウ ごベンタツ ♪ よろしくお願いしますねっ。(^v−)☆
Posted by はもよう at 2008年04月13日 08:52
結菜さん、はじめまして。(^^*)

カタクリの検索でお越しですか?いらっしゃいませ(^▽^)。
はい、すみれは清楚で可憐ですねぇ、大好きですよ。

ははは…(^^;)私はまったくの素人です。
参考図書もふつうの図鑑しか有りませんし ♪ 専門用語に四苦八苦しています。

結菜さんのブログも見せていただきましたよ。
写真がきれいですね〜。すばらしかったです。

良かったらまたお立ち寄りくださいね。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年04月13日 09:16
こんにちは。
私の住むところでは、
殆どがスミレとタチツボですね。
近くの山に行くと、
シハイスミレ(たぶん・・・)、
とかツボスミレを良く見かけます。
スミレは難しいですね。
だから、余計に名前を調べるのが楽しいのかな。
Posted by bigtree at 2008年04月13日 16:30
bigtreeさん、こんばんは。
ブログも再始動のようですね。お仕事も忙しくなっちゃって大変そうですが、
是非是非、ここへは 息抜きに来てくださいね(^^*)

はい、私のところもタチツボスミレが圧倒的に多いです。
でも、今日も、タチツボスミレだとばっかり思っていた一群が、
コスミレの群生だと気づいてびっくりしてきました。
本当にすみれは難しいです。…だからきっと、ワクワクするんだとは思うのですが…。

まぁ、ぼちぼちやってみます。いつか、bigtreeさんも、シハイスミレを見せてくださいね。(^^)ノ
Posted by はもよう at 2008年04月13日 23:31
はもようさん、こんにちは!亀レスですみませんm(__)m
はもようさんのブログを見させていただきながら、フィールドでわくわくしている気分になっています(^^)/

コスミレとアカネスミレとの見分け方について、手持ちの図鑑では、
@花のおしり(距)の形の違い
 アカネスミレ=細長い
 コスミレ=太くてぼってりしている
Aコスミレの葉の裏は、紫色を帯びるものが多い
となっています。

僕自身は、コスミレを見たことがない(ハズ)なので、ぜひフィールドで観察したいなぁ・・・・
菫は本当に面白いですね。愛らしいし。
Posted by happyisland at 2008年04月14日 01:19
happyislandさん、こんばんは。(^^*)
いえいえ、全然 亀レスじゃないですよ。

はいはい、アカネスミレとコスミレの違いね。
私の持っている図鑑にも、アカネスミレの距の方がほっそりしているって
書いてあります。
んなもの、比べられなきゃわかんないのにねぇ。(^^)

やっぱり、最後にたよりになるのはhanaboroさんの記事でした。
載せてくださっている葉っぱの写真もどんぴしゃで、
うちの近所にコスミレがいっぱい咲いていたことが解りました。←今更
来年はお花の写真を撮って来たいと思います。
あ、葉っぱの裏の紫っぽくなっているところも見てきますね。(^^)わくわく

happyislandさんも観察に出掛けられましたら、ブログで教えてくださいね。
楽しみにしています。(^ー^)ノ”
Posted by はもよう at 2008年04月14日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。