2005年11月11日

ユリノキの実

今週は小春日和が続きましたが、今日はとうとう崩れ出しました。
一日中曇りで肌寒く、夜から雨も降るそうです。
そういえば昨夜、星を見ようと窓を開けたら、
虫の声がほとんどしなくて、寂しいくらい静かでした。

来週には木枯らし一号が吹くかもしれないと、気象予報士さんが
言っていました。秋も、いよいよ大詰めですね。

そんな中、木枯らしを待っているの かもしれない、
つばさを持つ木の実達のご紹介を、昨日に引き続いてしていきましょう。
今回は、お山の木じゃなくって、公園樹や街路樹編です。


一つ目は、ユリノキの実。

05_1111_yurinoki01.jpg

以前、9月の台風で落ちてしまった実をご紹介しましたが、
あの時のような青い実が、熟して割れ、今、つばさの付いた種を 次々に飛ばしています。




ユリノキは、モクレン科の落葉高木。北米産の大変 背が高くなる木で、
最近、街路樹などに植えられることが多くなりました。

明治23年に小石川植物園ご視察の際に、
当時皇太子だった大正天皇が命名したと言われていますが、
大変おそれおおいのですが、花はユリと言うよりはチューリップに似ています。
で、花の後、↓こんな形の実が付きます。

05_1111_yurinoki02.jpg

この実は、つばさの付いたの種が集まったもので、ハラハラとほどけて 風に散ります。

真冬になると枝先に、大きく開いた実が、まるでお花のように残ります。
黄色く色づく大きな葉っぱが全て落ちると、もう一度花が咲いたようですね。

05_1111_yurinoki03.jpg



サイト内関連ページ  
「おなじみの木」>「町の木」> ユリノキについて

過去の記事
 2005/9/10 「台風で落ちた実と葉(ユリノキ)」


posted by はもよう at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆりのきファン倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう写真を撮りたかったのに、近くのユリノキは剪定されてしまいました。
写真をみせてもらって嬉しいです。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年11月11日 19:39
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。

最後の写真、見事でしょ?
都内、あらかわ遊園の 真冬のユリノキです。
うちの近所の公園でも、こんなにはなりません。

おーちゃんさんちの方の木は、剪定されちゃったんですか…。
ひとさまが管理している木では、文句も言えませんから、
辛いところですよね。
次の幸運を祈ります。

種の散り方、すきまから散らすのか、
本体がばらけるのか、わからなくなっちゃいました。
ちょっと調べて直して、記事を訂正しますね。(←だめじゃん)
Posted by はもよう at 2005年11月11日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。