2005年11月11日

シデ三兄弟 クマシデ

最後は、クマシデ。
三兄弟の中で1番 大きな(ふとっちょな?)実の穂を下げる木です。

取りあえず、落ちてた翼つきの種は、こんな風↓。

05_1110_kuma_s01.jpg

スプーンのように 真ん中がくぼんでいるのが解りますか?
実の穂は大きくても、
種につく翼のひとつひとつは あまり大きくないんですよね。





クマシデの実の穂は、一度見たら、忘れられないような形です。

05_1110_kuma_s02.jpg

何を連想なさいます?くまさん?ミノムシ?ホップ?
私はね…、ピーター・パンなんですよ。(^^)

今でこそ、ディズニー映画に登場した
ピーター・パンの方が有名になってしまいましたが、
原作のピーター・パンは、
葉っぱをつづりあわせた緑の服を着た少年なんですよ。
もっとも…、
このサイズのままじゃ、ティンカー・ベルと間違いそうですけれどね。



シデ科三兄弟の中で、一番最初に覚えたのはこのクマシデなんです。
実の穂は個性的ですが、花は地味なんですよ。

でも、私が注目したのは↓葉っぱ。

05_1110_kuma_s03.jpg

真っ直ぐで、規則正しい葉脈が 綺麗に並んでますでしょう?
ステキだなぁ。三兄弟の中で1番大きな葉っぱなんですよ。

アカシデとイヌシデは、山の中で出会っても、ちょっと 
どっちか解らなくなりそうだけれど、
クマシデだけはすぐに見分けが付きますね。



クマシデも、黄色に染まって少しずつ葉を散らします。
取りあえず、今は、落ち葉の季節の前の、種まきシーズンですからね。
黄葉するのも、葉を散らすのも、種を蒔いた後のことになります。

そのうち、芽吹きの様子や花の様子も記事にしますね。


図鑑に寄れば、他にも
「イワシデ(コシデ)」や「サワシデ(サワシバ)」などが有るそうなんですが、
私の行動半径には生えていません。
一度見てみたいですけれどね。
ま、仕方有りません…っていうか、三種だけでも手一杯なんですけどね。(^^;)



posted by はもよう at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは!
おぉ、すごい勢いで更新されているのですね。遅いコメントですみませんm(__)m

シデ三兄弟、素敵ですねぇ。北海道から南下中の僕は、サワシバしか分からず、先日新たなシデの仲間に出逢って困っていました。はもようさんの記事を読ませていただいて、イヌシデだったことが分かりました(^^)V

それにしても、はもようさんの表現はとてもステキですよねぇ。ピーターパンを想像したり、天使の羽根だったり。そんな風に木々たちを見つめると、たくさんの物語が広がっていきそう。
Posted by happyisland at 2005年11月12日 11:56
happyislandさん、いらっしゃいませ〜。
ええ、すごい勢いなんです。(笑)

あれ?「北海道から南下中」なんですかhappyislandさんは。
「サワシデしか」って言うことは…そうか、
サワシデは寒いとこへ行かないと見られないんですね。
覚えておこう。

イヌシデにはお会いになったんですね。
あの木♪好きなんですよ。春の芽出しの姿が綺麗なので、
覚えていたら見てみてくださいね。(^^)

またほめられちゃったよ。(*^^*)
happyislandさんたら、そんなに気〜使わなくても良いのに。
おそれいます。(ぺこり)
Posted by はもよう at 2005年11月13日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。