2005年11月11日

シデ三兄弟 イヌシデ

二種目は、イヌシデです。

05_1110_inu_s01.jpg

アカシデに対して「シロシデ」とも呼ばれる、よく似た兄弟です。

いつもおさんぽしている公園には、この木が一番多いと思います。
イヌシデの実の特徴は、翼のギザギザが片方にしか付かないこと。
天使の羽のかたっぽ みたいな形でしょ?





天使の羽根のかたっぽが↓こんな風に 穂になって枝にぶら下がります。

05_1110_inu_s02.jpg


アカシデもイヌシデも、葉は薄くて、先のとがった卵形。
光をやすやす通します。

05_1110_inu_s03.jpg

葉のふちのギザギザは、”不規則な重鋸歯”と言われる複雑な模様。
アカシデはほとんど無毛でしたが、イヌシデの方がわずかに毛深いです。
一枝ごとに、ふわっと黄色に染まって、散っていきますが、
イチョウのように、木、全体が真っ黄色に染まる…と言うことはありません。

気温の下がり具合によっては、一部が真っ赤に色づくことも有りましたよ。
この冬にまた、見られるようなら、ご紹介しますね。



この木も、やさしい樹形で、春咲く花の穂は やや黄色くて、
初夏、風にゆれる実の穂は、大きくて涼しげです。

また、冬芽が愛らしく、新芽の芽吹く様子がとても綺麗で、
私は、イヌシデの方が好きですね。

幹は灰色で、縦にしまが入ることが多いです。
雑木林で、スマートなストライプ柄の木に出会ったら、
もしかしたらイヌシデかもしれませんよ。


posted by はもよう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。