2008年03月29日

春の枝先

今日は良いお天気で始まったのに、午後からだんだん雲が多くなって来ちゃいました。
明日は出かけるから雨降らないで欲しいんだけどな…、
お天気下り坂だそうです。

さて、写真は3/27、舞台は
久しぶりに出かけてみたお気に入りの観察スポット隣町の「北向きの斜面」。
この日は、いつもとは少しばかり様子が違いました。

08_0329_shamen01.jpg

途中までは、雑木林のエゴノキに新芽が吹いて、きれいだなぁ…なんて
のんきにしていられたのですが…





お山の管理を任された会社が、斜面のお手入れ中で………

08_0329_shamen02.jpg

あっちこっちの木が ばっさばさ伐られて、↑この有様…。



見上げる雑木林は↓こんな風…。ひえ〜、丸太んぼがにょきにょき…(><)

08_0329_shamen03.jpg

まぁ、確かにねぇ。ここのところ、古くなって立ち枯れる木が増えて居るんですよ。
斜面には 狭い道を挟んで民家が接しています。道は 人も車も通ります。
結構、抜け道に利用する人も多く、交通量も そこそこあるんです。

事故があってからじゃ遅いですし、定期的に刈られることは、この場所の運命ですが…

08_0329_shamen04.jpg

せっかく芽吹いた木々の枝が、薪のように積み上げられているのは悲しいですね。

まぁ、私のような部外者が何を言っても仕方ないので、切られてしまった枝先の
観察でもして、少しでも、その枝が無駄にならないようにと写真を撮ってきました。

どの木も背の高い木です。芽吹きの様子や花の姿は、なかなか手に取って見ることは
出来ませんから、貴重なチャンスとも言えます。
あちこちに ごろんごろんと転がった枝先を、せっせとカメラに納めてきました。



春の枝先の様子。まずはアカシデから…。

08_0329_akaside01.jpg

今、アカシデは年に一度の花盛りの時期です。木、全体が赤く染まるほどどっさり、
赤っぽいおばなの花の穂を下げています。

08_0329_akaside02.jpg

おばなと葉っぱの芽の拡大です。

次はイヌシデ。こちらのおばなの穂は、黄色っぽいです。
お花自体もアカシデのものよりは大きいのですが、色がずいぶん違います。

08_0329_inuside01.jpg

ほら、むくむくふわふわ。
短いんじゃありません。これから長く伸びようとしたところを伐られてしまったんです。

08_0329_inuside02.jpg


ちょっともったいないですねぇ。



あ…、写真を整理していて反省…。おばなの写真は撮れても、めばなの写真は撮れていません。
う〜ん、小さくて目立たないから見落としたのかなぁ…。
それとも、まだ出てきてなかったのかなぁ…。
今度 見に行くときまであるかしら?…いつ行かれるかしら? ああ、失敗したぁ…。


気を取り直して、次はコナラ。我が家にもありますが…これは大木の枝先の芽です。

08_0329_konara01.jpg

赤い瓦の三角屋根…みたいだった冬芽ですが、こうして芽の表面の殻が優しく開いて…
葉が出てくるんですね。

08_0329_konara02.jpg

銀色の毛がいっぱい生えて、日差しを浴びてきらきら光るコナラの新芽が出てくるんですね。
(^m^)うふふ…、楽しみだな。



切られちゃった枝を眺めていると寂しくなりますが、でも、私が観察している場所は、
原生林じゃなくて、かつて‘里山’と呼ばれていた場所。
たまには木が切り出されることも、下草が刈られることも 端から承知の植物たちの住まいです。
また、復活するよね。 また、見に来るね。 元気でね。 


な〜んてね、感傷的になりつつも、まだまだ、他の植物も写真に撮ってきたんですよ。
3/27の写真を使った記事はまだまだ、続きます。(*^^*)v



posted by はもよう at 16:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アカシデって、こうなるはずなのですよね。どうもまだのよう…。
そう言えば、ラクウショウもときどき注意してみているのですが、変化がないようで…。

コブシの花はなんとか開きましたが…、やはり本調子ではないようです。
Posted by ディック at 2008年03月30日 14:01
はもようさん、こんにちは。
わたしもこの前、よくとおる山道で、こういう場面に出会いました。
バッサバッサときられて、明るくなったのはいいのですが、
こんなに明るくなったら、このあたりに咲いていた
チゴユリやナルコちゃんたちはどうなるんだろう。
何をするやら≠ネんて、一人でつぶやきながら、歩いていました。
もちろんわたしが何とか言える立場ではないのですが・・

Posted by ブリ at 2008年03月30日 17:47
こんばんは。

確かに、無神経な切り方は気になりますね・・・。
ただ、切られた枝が積み上げられておりましたが、椎茸の原木に欲しいものです。

ひょっとして、定尺に切ってあるので、そのような目的では・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年03月30日 21:54
ディックさん、こんにちは。
はい、アカシデは今、盛りですね。雑木林でもとってもよく目立っています。

ラクウショウは…どうだったかな?変化がわかりにくいですからねぇ…。
図鑑では4月頃 雄花が開くと書いてありますが、どうでしょう。
私も見てこなくっちゃ♪

根岸森林公園のコブシはずっと調子が悪いようですね。
公園の管理者さんは、木のお医者さんを呼んできてはくださらないのかしら?
Posted by はもよう at 2008年04月01日 13:06
ブリさん、こんにちは。
ねぇ、そうですよね。
あんまり大胆に切られちゃっていると、心配になりますよね。
たぶん樹勢の良いものほど、強く剪定されるんだろうけれど。

元通りに茂ることが出来るのかしらとか、
木の下の小さな草たちは芽を踏みつぶされていないかしらとか…
不安になります。

こんなドキドキがあるから、
会えたときのうれしさはまた格別なんでしょうけれど。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年04月01日 13:12
nakamuraさん、こんにちは。
そうですね…、昔のこの辺なら、
切り落とした枝や幹は椎茸の原木として再利用されていたでしょうが、
今はどうしているのかしら?
ただ燃やしちゃったら、もったいないですよね。

公園の木々の剪定後の枝は、最近は、砕いて道にまいていますけどねぇ…。
ふぅむ…(’’?)
Posted by はもよう at 2008年04月01日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。