2005年11月09日

蕎麦の花

それは6日の日曜日の午後、お使いのついでに、ちょっとだけ寄り道して、
近所の小さな川の河原へ立ち寄った時のこと。

…この日いろんな草を見つけるのですが、
    それはおいおいご紹介するとして、…


こんな↓草を見かけました。

05_1108_soba01.jpg

水面近くの、枯れ草がうずたかく積もっているあたり、
足場がどうなっているのか解らなくてこれ以上近づけないけど、
あの特徴的な実の付き方は、お蕎麦? お蕎麦の花なの?


実は先日、TVのアナウンサーが、新そばの季節到来♪を伝えるトピックスの中で、
蕎麦の実は、花が咲いているところから垂れ下がって実ると言っていたので、
好奇心を刺激されちゃっていたのです。

花の下に垂れ下がるの?どんな風に?

お蕎麦の花を写真にとったことはあっても、お蕎麦食べるのは好きでも、
実り方をつぶさに眺めた事はないです。
見てみたいと思っても、お蕎麦の畑は、家の近所にはありません。
どんな風に実るのかな?

来年、戸隠キャンプに行くまでおあずけかしら?
と、思っていたら、ここに蕎麦が有るじゃない。…近づけないけど…。



一群れあったら、まだ他の場所にも咲いてるかもしれない。
その日は時間が無くてすぐに帰りましたが、
今日(火曜日)、もう一度行ってきました。



結論からいうと、近づける場所に、もう一群れありました。

図鑑によると、日本で古来から食べられてきた「ソバ」の他に、
後から渡来した「シャクチリソバ」や「ダッタンソバ」があるそうです。

中でも、実が黒っぽくならずに、栗色に熟す「シャクチリソバ」は
各地で野生化しているそうですので、
この花は「シャクチリソバ」かもしれません。

実の方は、今後も観察を続けて、
黒くなるのか栗色になるのか確かめることにします。




で、可憐で可愛いお花の 真上からの画像が、これ!↓

05_1108_soba02.jpg

ええ〜?こんなに可愛いの〜?って感じですよ。
ちっちゃいですけどね。
お蕎麦の花は、茎の上の方にいくつかまとまって 穂状に付きます。




で、花が終わると、一度下を向きます。↓しおらしい姿ですよね。

05_1108_soba03.jpg

ん、でもって、実の用意に専念します。

頑張って、頑張って、
  一生懸命、実を作って、
      気がついたら、
\(^▽^)/ ↓ こ〜んなにおっきくなっちゃいました。

05_1108_soba04.jpg

花びらが付いたままなので、ちょっと気づきにくいのですが、
画面下半分、ふたつの実でいっぱいです。


驚きませんか?

どうして花びらが付いたままなんでしょうか?
ガバって、大口開けたみたいにみえちゃいます。
妖怪二口女みたいじゃないですか。

可愛いなぁと思っていた美人さんが、ふとうつむいて、
顔を隠しているなあ〜。恥ずかしいのかな?なんて思っていたら、
次に顔上げた時にはオバケだった〜!きゃ〜っ!っていうストーりーを
思い浮かべちゃいましたよ。



結局、花の下に実が付くんじゃなくて、
受粉した花は下を向く!が正解でした。
でも、花が終わると実がぶら下がるのは、間違いありません。


今度は、こんなに大きな実になるめしべを観察してみたいです。
すっかり 実ったところも見てみたいです。
しばらくは河原通いを続けなくちゃいけないかも♪

楽しみが増えちゃいました。あー、忙しいのに大変だ。(←嬉しそうに)


posted by はもよう at 00:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、近くで、ソバを見つけられてよかったですね。
自生のソバですか〜。
私も見てみたいなぁ♪
いつかどこかで見つけれるかな。
楽しみです。

そうですよね。
もともと雌しべ、その下の子房が大きくなって、大きな実になるんですよね。
考えてみると、自然っておもしろいことが一杯なんですねぇ。
楽しく読ませていただきました♪
Posted by moto at 2005年11月09日 00:51
蕎麦の花から実への経過の観察ですか。
面白いですね。
うちの近くには蕎麦畑が有るので花は見たのですが、しばらく見ない間にすっかり実になってしまいました。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年11月09日 09:28
おはようございます、motoさん。
早速来てくださったんですね。 ありがとうございました。

蕎麦の花って、昔から好きで、
数少ない機会を捉えては、蕎麦畑を眺めては居たのですが、
この蕎麦は、草の姿も花の様子も、今まで見たことがない感じなんです。

本当に蕎麦なのかちょっと自信がないんですが、
実の付き方が似ているので、
少なくとも近い種類ではあろうと思っています。
上流には畑も点在しているので、畑のこぼれ種かもしれませんし…。

でも、栽培種って、webで探しても葉や花のマクロ画像とか無いんですよね。
確認には少し時間がかかりそうです。

河原へは、ミゾソバを探しに行ったんですけどネ。
たまには、こんな事もあるんですね。
motoさんのブログで、お蕎麦の花の写真を見たおかげです。
ありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年11月09日 09:36
おーちゃんさん、おはようございます。

おお!そちらにもお蕎麦の畑が有るんですね。
見てくださいよ、こんなに可愛いお花でしたよ。

お蕎麦の花のシーズンは、春と秋の2回有りますから、
いつか機会があって、観察出来ると良いですね。
上を向いて咲く花と、
下を向いてぶら下がる三角形の実のコントラストが楽しい感じでしたよ〜。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年11月09日 09:44
はもようさん 今晩は!
訪問者の少ない私の拙ブログをご訪問頂きまして有難うございました!
その上、嬉しいコメントまで頂き(*⌒。⌒*)ニコッとしております♪

素敵ですね〜ここのお部屋〜♪
愛情掛けた細かな観察と温かいメッセージに溢れていますね。
見習わなくては…と、\(__ )反省しました〜♪

シャクチリソバ 可愛いお花ですよね〜!
ちゃんとお蕎麦になるそうですよ〜! 
これからは時々楽しみに立ち寄らせて頂きます。
宜しくお願い致します〜〜m(_ _)m
Posted by かえで☆ at 2005年11月10日 00:44
かえで☆さん、いらっしゃいませ〜。

訪問者が少ないって…、うちだって…。
見習わなきゃって…、私の方こそ…。
いやいや、

これからよろしくお願いします。(ぺこり)

え〜、シャクチリソバ お蕎麦になるんですか〜?
それはステキ♪
Posted by はもよう at 2005年11月11日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。