2005年11月07日

ナンキンハゼ

昭和記念公園は、コスモス祭も終わる頃、
公園の主役は、色とりどりに紅葉するナンキンハゼでした。

d_top_051107_n_haze.jpg







濃い赤から、華やかなオレンジ。所々に見られる黄色に 名残の黄緑。
若い実の緑、はぜた実の白。
とにかく一本で何色にもなるナンキンハゼは、とてもにぎやかな木です。

まずはキレイな落ち葉。↓
05_1107_n_haze01.jpg

長さ4〜9cmのひし形っぽくて、付け根の方がちょっと広め(菱形状広卵形)。
写真の葉っぱは横長ですが、
もう少し長めで、もっとバランスの良い ひし形の葉も多いですよ。
葉っぱは、染料にもなるそうです。



黄色から 赤へと色を変えていくのですが、
この赤が、日本の花木ではあまり見られないような 真紅なんですよね。
今回は時間がなかったのもあって、(腕もないっすケド。)
あんまりうまく撮れなかったんですが、
ここ、昭和記念公園のナンキンハゼは、とってもきれいな色になります。

うちの近所にも植えられているのですが、日当たりが足りないためか
赤くなるところまでいかないで、黄色いまま散っちゃうんですよね。
また、写真取りに来られるかな?


続いて、実の様子。↓
05_1107_n_haze02.jpg

緑色のカラが パカッと開くと、
中から白いお坊さんが3人、頭を寄せ合ってなんの相談?〜っていう感じで
顔を…いえ、頭を出します。(^^;)
可愛いでしょ。

この白い種は、美味しそうにも見えませんが、有毒です。
でも、この白いところから、ろう(蝋)や油が採れるそうです。



改めて図鑑を開いてみて、びっくりというか、納得。

あの変わり者ぞろいのトウダイグサ科でした。
葉っぱの質感が独特なんですよね。
紅葉してしまうと、わかりにくいんですけれどね。
実が3つずつって言うのも、お約束通りですね



ナンキンハゼ(南京 黄櫨)
トウダイグサ科シラキ属。
中国原産で、公園などによく植えられる園芸種。

ウルシ科のハゼノキ(黄櫨)の実からも、ろう(蝋)を採りますよね。
似た用途に使えるからこの名前が付いたのかな?
木の姿、葉の形など、共通点は見あたりませんもの。



トウダイグサ科なら納得の、
他の木とはちょっと質感の違う葉っぱが涼しげに風にゆれる初夏。
黄色い花の穂をたくさんつけます。

05_1107_n_haze03.jpg

これは↑おばな。
めばなは、この穂の付け根に2〜3個ずつ付きます。
めしべが3本ずつ ニョロニョロ出ているのが、めばなです。
↓花らしくありませんね。

05_1107_n_haze04.jpg





今回は、あまり良い写真が撮れませんでした。
次回、また、チャンスがあったら、頑張りたいです。

近所のナンキンハゼを見に行ったら、まだ、全然色づいていませんでした。
こっちの木の紅葉も 楽しみです。


posted by はもよう at 23:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナンキンハゼはまだ見たことがないというか、これがナンキンハゼだと認識したことがありません。きれいな紅葉以外にも、なかなか見所の多い木ですね。
昭和記念公園に行ってみたくなりました。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年11月08日 09:38
●近所に植えてある街路樹のナンキンハゼ、
いつも際だって紅葉します。
マッカッカッカという感じ。
この木、かぶれないのでしょうか?
ハゼという名前なので、おっかなびっくりです。

うつくしい紅葉が始まりましたね。
今年も目と心にしっかり焼き付けておこうっと。

いつもながら、はもようさんの観察眼、
きめ細かですね。
Posted by るな at 2005年11月08日 18:44
横浜のおーちゃんさん、いらっしゃいませ〜。

ちょこっとご無沙汰しているうちに、パソコンのトラブルがあったみたいですが、
また、こうしてコメントいただけて嬉しいです。

ナンキンハゼは、なかなか、個性的です。
四季を通じて綺麗だし、
街中の公園や街路樹などで、比較的最近、よく目にするようになりました。
お近くにも あるかも知れませんね。

それから、昭和記念公園は とっても良いところです。
木も、花もたくさん見られますし、広くて清々します。
ナンキンハゼは、立川寄りの入り口付近と駐車場にたくさん植えられています。
Posted by はもよう at 2005年11月08日 21:39
るなさん、こんばんは。
琵琶湖ドライブ♪楽しんでいらっしゃったようで何よりです。

ナンキンハゼ、そちらでは街路樹になってましたか?
紅葉も見事だし、夏の葉の様子が涼しげで綺麗ですよね。

トウダイグサ科なので、傷つけると白い乳液のような汁が出るそうですが、
ハゼはハゼでも、ウルシの仲間のハゼノキやヤマハゼとは、科が違うんですよ。
図鑑にはかぶれるとは書いてありませんでした。

でも、トウダイグサ科の中にはかぶれるものもありますし、
かぶれるかどうか人体実験するわけにもいかないし…。
君子危うきに近寄らない方が無難かも知れませんね。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年11月08日 21:54
はもようさん、こんにちは!
昭和記念公園に行かれたのですね〜。
気持ち良さが伝わってくるようです・・・。

ナンキンハゼってこういう葉っぱなんですね。
黄色い花の穂は見たことあるんですが
これ、なんだろう??って思ってました^-^;
うちの近所にもあったかなぁ?!
遠くから見てもわかるぐらい
だいぶ街中の木々も色づいてきたので
またゆっくり観察しながら出かけてみようと思います。

一本で何色にもなるナンキンハゼの紅葉を探しに・・・o(*^▽^*)o~♪
Posted by asuka at 2005年11月09日 12:13
asukaさん、いらっしゃいませ。

いってきました、昭和記念公園♪
asukaさんのブログで、昭和記念公園の写真をいっぱい見ていたら、
無性に行きたくなりまして、
ちょっと出発が遅めだったのですが、無理矢理行ってきました。

出るのが遅かったために、すぐに日が傾いてしまって、
綺麗な色の写真が撮れなかったのですが、今、本当にとってもイイ感じですよ、
昭和記念公園のナンキンハゼ。

イイギリも見かけました。
asukaさんの写真のイイギリはどれかな〜?なんて考えながら
写真を撮ってきました。
そのうちアップしますね。


ナンキンハゼがいろんな色になるのは、色づいている
途中だからです。
早く見ないと、全部真っ赤になっちゃいますよ〜。
Posted by はもよう at 2005年11月09日 23:05
はもようさん、はじめまして。
家を建てる予定ですが、庭の中心に植えたいと思っている素敵な木が、近くの公園にあって、調べてもなかなか名前がわかりませんでした。
はもようさんのブログで、やっと確信が得られました。まさにナンキンハゼです。
ありがとうございました。
Posted by はじめ at 2006年01月28日 15:27
はじめさん、いらっしゃいませ。はじめまして。

お家を建てるんですか。楽しみですね。
シンボルツリーにナンキンハゼですか…。素敵な計画ですね。

庭木として育てやすいのかどうかは私には解らないのですが、
木の姿はとっても綺麗ですよね。
記事では、あまりご紹介できていませんが、新緑の頃も、
ハッとするほど美しい木ですもの♪

あとは植木やさんとのご相談になるのでしょうが、
無事に、ご新居のシンボルになるようにお祈りしています。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年01月28日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。