2008年03月19日

ふきのとう

久しぶりにちゃんとした雨が降っています、今夜の我が家のほう。
ホコリっぽかったのでちょうど良いかな。(^^*)

今年はフキノトウのありかを確認したので「隣町の公園裏の北向きの斜面」まで、
成長具合を確かめに行って来ました。

08_0319_fukinotou01.jpg

写真は先週のもの。今日の雨でまた、大きくなっているのかしら。




3/11にご紹介したときのフキノトウはまん丸かったのですが、先週は少し
ほどけていました。

08_0319_fukinotou02.jpg

枯れ葉や枯れ草がたくさん積もった中に綺麗な黄緑色。
フキノトウは、苞(ほう)に包まれたフキ(蕗)の若い花茎(かけい)です。

八百屋さんに並んでいたり、絵本の中では傘代わりに描かれていたりする
あのフキの葉っぱが出てくる前にお花が咲くんですよね。



苞(ほう)が開いてつぼみが顔をのぞかせています。

08_0319_fukinotou03.jpg

枯れ色の斜面に明るい黄緑色の行進♪ のこのこ、のこのこ、可愛いなぁ。

08_0319_fukinotou04.jpg

苞(ほう)が開く前が食べ頃かしら?でも、この後が楽しみだったんです。
つぼみがのぞいて…開いて…



こんな風に開くんです。これは2003年のフキの花。

08_0319_fukinotou05.jpg

フキって雌雄異株…オスの株とメスの株に分かれるんですよね。で、これがおばなです。

ほら、お星様みたいな筒状花。
全て両性(おしべもめしべもそろっている)なのですが、タネは出来ないんですって。

08_0319_fukinotou06.jpg

綺麗でしょう?これをまたよ〜く観察したいんですよねぇ。
フキはキク科、ですから、この後 
お花の茎が伸びて菊の花っぽくなったり、綿毛になったりするのは解るんだけれど、
こんなふうに綺麗な筒状花になるんだって知ったら、もっと良く見たいと思うじゃないですか。

でもこの後、この株を見失って、フキノトウを身近に見るチャンスがなくなってしまいました。


ちなみに メスの株のめばなはこんな感じ。これも2003年の写真です。

08_0319_fukinotou07.jpg

図鑑には、『雌株の頭花は白っぽい。
細い糸状の多数のめばなの中におばなと同じ形の両性花が数個混じる。』って書いてあります。

写真はこれだけ。観察していた場所にはその次の年からフキノトウが出なくなっちゃいました。
カメラの画素数も少ないし、そんなに接写もしてないし…細かいところはよくわかりません。
ねぇ…、もうちょっと良く見てみたかったんですよ。

今年、ちゃんと見に行かれるかしら?見に行きたいぞ♪ 
願いを込めて記事にしておきます。(^^*) 





ブログ内関連ページ:

2008/ 3/11付 「春の道草」



posted by はもよう at 22:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わが家の片隅に毎年フキノトウが伸びてきます。
そういえば、花が咲く前に食してしまうので、
花をよく見たことがないですね。
ちなみに、フキの茎も美味しく食しています。
Posted by ひろし at 2008年03月19日 23:22
おはようございます。

まず、おいしそうです!!(笑い)。
雄花、雌花、よく分かりますね・・・。

房総では、ほとんど背丈が伸びております。
Posted by nakamura at 2008年03月20日 07:18
はもようさん、随分ご無沙汰してしまったようで・・本当にお久しぶりです^^;

フキノトウ、去年、どなたかがマンションの庭に植えられたようでびっくりしました!
雌花のようでした。

でも今年は見当たりません(>_<)
Posted by winc at 2008年03月20日 14:30
ひろしさん、こんばんは。
まぁ、お庭にふきのとうが?マイ蕗ですね、うらやましい。

我が家の近所でも摘むことができたそうですが、
やはりどんどん数を減らしています。

お花は、花の穂が伸びてしまうと、どうってこと無い格好になりますが、
上の写真くらいの頃の姿にちょっと興味があるんです。(^^;)

いいですねぇ、美味しく食せて♪(*▽*)


Posted by はもよう at 2008年03月20日 23:29
nakamuraさん、こんばんは。
はい、美味しそうですか…。(^^*)

5年前に偶然、こんな↑写真を撮ってしまって、
なんじゃこりゃと思ったのですが、図鑑や他の人が撮った写真の中には見あたらなくて、
いったい、どういう段階の写真を撮ってしまったのか、
ずっと解らずじまいだったんですよ。

雄花と雌花の姿が違うこと、雄花がこんな風に筒状花になることなど
やっと最近解ってきて…今年は是非、その証拠写真を撮りたいんですよねぇ。

ああ、毎日、用があったりお天気に恵まれなかったり…
こちらの蕗もみんな、とうがたっちゃうかもしれませんね。
Posted by はもよう at 2008年03月20日 23:37
wincさんだぁ。(^^*)
こんばんは。こちらこそ、お久しぶりです。

へえ〜、マンションの庭にふきのとうですか?
どちら様がお植えになったのでしょうね。(^^*)風流な方よ。

私今日、お墓参りのために都内に出ましたけれど、
ちょうど民家の玄関先の 小さな植え込みにふきのとうが咲いているのを見つけましたよ。
都内の住宅密集地にふきのとうですよ。なかなか風情がありますでしょう?(^^;)
Posted by はもよう at 2008年03月20日 23:43
さっき nakamura さんのところですごい写真を見てしまいましたが、へぇ、雄花と雌花があるのですか。
小学生の頃は庭にいっぱいあって、食べさせられたのですが、花とかまったく記憶がありません。
Posted by ディック at 2008年03月23日 19:33
あー、ディックさんもごらんになりました?
nakamuraさんのところのふきのとうの写真、綺麗でしたよね。(*▽*)

そうなんですよ。図鑑をみると
「雄株」と「雌株」があって、別々の花が咲くって書いてあるんですが、
今まであちこちの写真を見ても、何となく はっきり見分けられなくて 
もやもやしていたんですよね。(^^;)

花が記憶に残らなくても無理ないですよ。
花が咲いちゃったのは、一般的には食べないみたいですからねぇ。
Posted by はもよう at 2008年03月23日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。