2005年10月29日

ザクロ ギンナン、長芋のむかご

今日は少々、主婦な話題。身近な秋の恵みについてです。
先週末は、地域のお祭りでした。
で、その日のお土産が、小学校の校庭のギンナンと、中学校の校庭のザクロでした。
お皿の上で記念写真。はいポーズ。キレイでしょ。

05_1029_ginnan.jpg


火曜日は、近所の 取り壊された家の垣根から、
こぼれ落ちそうになっているむかごを見つけたのでもらって来ました。
葉の元が 左右に開いている形、深い葉脈の溝。栽培種の長芋の葉かな?と思います。

05_1029_nagaimo.jpg

思いがけず、身近な秋の味覚を味わいました。
スーパーで売って居るものとはひと味違った、昔ながらの里の味です。





ぎんなんは、校内緑化の資金として、一袋200円で校長先生直々に、
買わせて頂きました。(産地直送、採りたてよ。)
中学校のザクロは、むだ…ン?…あ、いえなんでもありません。おほほ…(^^A)
祭りの土産がこれって…一体どういう奴なんだ、私って。(呆)



ギンナンは、軽くから煎りして、ペンチで皮を割って取り出しました。
薄皮をむくと、まさに、ひすいの輝き★☆★キラキラキキラ〜☆

でも、薄皮むくのが大変で、手間取っているうちにどんどん黄ばんでいくんですよ。
写真に撮りたいと思っていたから、あわてちゃいました。
うぎゃ〜とか騒いでいたので、家族総出で手伝ってくれました。

一瞬の輝き、つかの間の競演♪  
ルビーのようなザクロの実と、ひすいのようなギンナンの実。
鮮やかでしょう? 写真でなければ とっては置けない色でした。

ギンナンって、今までは苦さが勝ってしまって、あまり好きじゃなかったんですが、
採りたて、煎りたての緑のギンナンには、苦みはほとんど感じられず、
子どもも私も喜んでいっぱい食べちゃいました。
来年から、イチョウを見上げる目つきが変わるかも…(^^#)



ザクロは(ここだけの話)、二度目のトライ。1度目はまだ、熟し切っていなくて、
胃が痛むほど酸っぱかったのですが、子ども達には大好評♪
こっそり持ってきた娘も、
体育祭の時に見初めて、お味見したくて仕方の無かった息子も大満足でした。

でも、流石に酸っぱすぎて、たくさんは食べられません。
ちょうど英語塾に行く日の姉さんは、
それを持って、塾のお仲間とも お味見大会をすることにしました。

そうしたら、お仲間の一人の女の子が、ものすごく気に入ってくれたんですって。
そんなこともあっての、二度目のトライ。
お祭りで開放された校庭で、今度はちゃんと、自然に開いた実を 確認してGet!

前のより、ひときわ赤いその実は、まさにルビーの輝き!
もちろん、くだんのお嬢ちゃんにも持っていきました。
よく熟れたザクロは、ほんのり甘酸っぱくて、美味しいです。
食べにくいんだけどね。
たくさん食べなくても 満足出来る味だから、それでも自由分楽しめました。



むかごは、片手なら、乗り切らないほどありました。
ブログ巡りで、生のままかじるとお芋の味がすると聞いていたので、
一つかじってみました。
ちょっと青いけれど、お芋の味。なじみのある、あの粘りけが口に残ります。
うん、間違い無し。
夕ご飯の時、みんなにもお味見させてあげようと ポッケに入れて持ち帰りました。

写真撮影のあと、素揚げにして、お塩をふって頂きました。
ちょっと、匂いというか、クセがあるんですよ。
でも、揚げたてはフライドポテト味♪と娘。
ジャガイモにマヨネーズ付けた見たいな味〜と息子。
結構、好評でした。

ヤマノイモと長芋、両方の生むかごをお味見してきた母としては、
よっしゃあ、次は、ヤマノイモ(自然薯)のむかごを採ってこようと、
やる気が出ちゃうp(^^)q 結果となりました。




私は、東京の下町育ち。
しかも公害だ、大気汚染だと言われ始めた頃に子ども時代を送りました。
外にあるものを採って 口に入れようだなんて、考えることも出来ませんでした。
庭の渋柿を、祖母が干してくれたけれど、気持ちが悪くて、
どうしても食べられなかったのを、今でも時々、申し訳なさと一緒に思い出します。

この辺は、宅地化が進んだと言っても、
まだ、農業も盛んですし、里の実りも 口に出来ます。
ものすごい勢いで、人と車が増えているので、いつまで出来るか解りませんが、
山の味も里の味も、子ども達には、覚えておいてもらいたいです。
身近な草や木を利用し、自然の恵みに感謝しながら生きてきた里山の暮らしと、
里山の自然を、いつまでも大事にして欲しいから。


posted by はもよう at 10:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どれも今の自然の恵みですね。
ザクロはよそのお宅にはあるのですが、手に入らないかも・・熟すと美味しくなるんですねえ。
ギンナンは神社で拾わせて貰いました。
殻を割るのが手間だけど炒りたては美味しいですね。
ムカゴも見かけました。そんなに数がありませんでしたが、ちょっと摘まんで生でも食べてみましょう。
こういう自然の恵みをいつまでも楽しめると良いですね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年10月29日 17:05
ぎんなん、ムカゴ どちらも私の大好物!!
おいしいですよね。
でも、ざくろ。子どもの頃に食べたような記憶がありますが、味はもう忘れてしまっています。
そう、すっぱかったでしょね。
長いこと食べたことないなぁ。今度機会があったら、ぜひ食べてみたいと思いました。
Posted by gardening_spot at 2005年10月29日 21:48
横浜のおーちゃんさん、こんばんは。

ザクロは…余所のお家のですか。
あれも、
庭に植えたのは良いけれど、持ち主さんは飽きちゃって、
実って落ちるにまかせてるお宅もありますよね。
知っている人の家なら、分けてくださいって言えるけれどねぇ。

どこかで手にはいると良いですね。
あ、あけびのお味見は出来ましたか?
どこかにないかなぁ。

むかご、生で食べるられるなんて知らなかったんですけれど、
生で食べると本当にお芋の味ですよ。

ちょっとお味見するだけで良いので、
自然の恵みがいつまでも楽しめる街であって欲しいと思っています。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年10月29日 22:00
gardening_spotさん、こんばんは。

人気の食材ですね、むかごとギンナン♪
今日スーパーで見たら、小学校のギンナンは、
倍の量で半分の値段だったことが解りました。お得〜ぅ。

むかご 去年は、生協で買って食べたんです。
ご飯に炊き込んで。
美味しかったけど…高かった…の…かな?
今度は自然薯のを採ってきて、食べ比べたいです。

ザクロは女性に優しい健康食品のジュースで、売られていますよね。
見つけたら是非 食べてみてくださいね。食べられる部分は少ないけれど、
キレイだし、何より癖のない甘酸っぱさだし…。
オススメです。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年10月29日 22:11
●やっと来ました!
エエ加減に起き出さないと、心も寝たきりになりますもんね。
なんども様子見に来ていただいて
ありがとうございました。

あとは気力を振り絞って‥という根性モンは
失敗したばかりなんですが、
お医者さんになかなか行かない人間として
有名です。
子どもはスグに連れて行き、
今も犬は定期的に通っているのに、
どうも‥お医者さんコワイ‥。

Posted by るな at 2005年10月31日 17:28
●ひゃぁ書き忘れた!
むかごの記事、興味津々で読ませていただきました。
前に摘んだのがニガカシューのむかごだと
ご指摘頂いて以来、両方見つけてやるぅ!と探していたら、
庭の木に山芋らしきものがからみついており、
むかごがポツポツとついていました。
両方、写真を撮りました。
ニガカシューは実がごつごつで葉が互生、
山芋は葉っぱが厚くて艶があり、
実はぷっくら丸くて葉は対生でした。
でも山芋なのか、長芋なのかまでは
考えていませんでした。
来年は見分けがつくと思います。


Posted by るな at 2005年10月31日 17:40
こんばんは、るなさん。お加減いかがですか?

私も、ヤマノイモとそのそっくりさん達の見分けが付かなくて、
勉強中なんですよ。

どうやら、葉っぱが対生なのは 重要なポイントみたいですね。
悩んだら芋のつるをかじってみれば、ヤマノイモのつるは芋の味がするって
書いている方もいらっしゃったんだけど…。
かじってみて、苦かったらいやですよね。

長芋の葉の方が 厚めでつややかですよ。
ヤマノイモの方はすんなりした細長ハートで、
薄くて、葉脈も目立たず、素っ気ない感じの葉っぱです。

ただねぇ〜、これもちょうど中間のような 迷う奴があって
悩んじゃうんですよねぇ〜。
そのほかにも、むかごは出来ないけれど、そっくりさんが色々あって…。

来年ですね。
来年には見分けられるようになりたいです、私も。
頑張りましょう。


ぶり返すとやっかいですから、お大事になさって下さいね。
また、そちらへも伺います。コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年10月31日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。