2005年10月27日

綿毛いろいろ(花だんの花のその後)

先日、いつもの公園でのお散歩の帰り、花だんの真ん中に
こんな綿毛の草が立っているのを見つけました。

05_1027_fujibakama01.jpg

今は綿毛の季節ですから、アレチノギクやアキノノゲシなどの
野草の綿毛はたくさん見ますが、ここは花だん。
ちゃんと手入れされていて、そんな野草が入り込む余地はありませんでした。

今まで、ここで何の花が咲いていたっけ?
記憶をたどると、そこ有ったのは…




フジバカマですよ。

05_1027_fujibakama02.jpg

周りではまだ、フジバカマの花は、今を盛りと咲いていますが、
そう、ここの花だんだけ、早めに咲き出していました。
早めに咲いて、実になっちゃった…ってことかな?

フジバカマ、ああ見えてキク科です。
もう一度図鑑を出して、良く読んでみると、

『フジバカマ属は……冠毛は剛毛状で、かたくてもろい。』
これが?かたくてもろい「冠毛」なのかしら?

う〜ん、ちょっと遠くて触れませんが、
今度は触れる場所のフジバカマが 綿毛になるかどうか、
なったら、綿毛がどんな手触りか、触ってみたくなりました。

今後の課題ですね。ふふ、楽しみ楽しみ。




もう一つ、これは2年ほど前の 真冬の大発見なんですが、
これ、なんだか解ります?

05_1027_shumei01.jpg

丸っこくてツブツブのものが、ほどけて ほわほわの綿毛になる〜。



今、花盛りのシュウメイギクですよ。

05_1027_shumei02.jpg

シュウメイギクはキンポウゲ科。
華やかな姿を愛されて、たくさん栽培されてますよね。
こんなに華やかですが、
この花びらのように見えるもの、全てガク(萼片)だそうです。
真ん中で丸く固まっているのがめしべ、周りが おしべ。
花びらは無し。
地下茎で増えて、めったに結実しないそうです。

それに、悲しいかな、花だんの花。
綺麗な花が終わったら、さっさと切られてしまいます。
この株は、切られないまま(育てていた人が忙しかったんだね。)
真冬の この時期まで放置されていたために、
偶然、こんな姿を見ることが出来ました。

いやぁ、味がありますよ。
お庭に余裕のある方は、ぜひ、この姿まで 楽しまれたらいかがでしょう。
真冬ですから、綿毛のふわふわ感を、心ゆくまで堪能出来ます。
ああ、見ているだけで暖かそうだ。(^^)



記事を書いているうちに、雨が止んで日が差してきました。
帰ってきたら真っ先に、傘を忘れなかったかどうか 聞かなきゃならないお天気です。

降ったり やんだり忙しい。
風邪ひいている人が増えてきました。気を付けてくださいね。


posted by はもよう at 13:24| Comment(15) | TrackBack(3) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
植物の種も奥が深いですね。
2枚目の写真、こんな種を見たら感激でしょう!
ぼんぼんがはじけると綿菓子の様になるんですね。両方が写っているから説得力があります。
Posted by 海華 at 2005年10月27日 14:46
面白いですね。シュウメイギクはわが家に有りますから確かめます。フジバカマは咲いているところで観察してみましょう。いい情報有難うございます。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年10月27日 18:59
海華さん、いらっしゃいませ。

どうも、造形よりも仕組みとか、働きの方に目がいってしまう私は、
花を見たら、種まで見ないと気が済まない方なのですが、
園芸種は、それがなかなか難しいです。
これは 偶然 見ることが出来て、本当に運が良かったと思いました。

綿毛になり方も千差万別。
植物…いや、生き物みんな いろんな工夫があって、興味は尽きませんね。
Posted by はもよう at 2005年10月27日 21:45
横浜のおーちゃんさん、いらっしゃいませ。

シュウメイギク、お家にあるんですか?
ぼさぼさの状態でいつまでも放っておくと、
ご家族に嫌がられちゃうかもしれないけれど、
このポンポンは可愛いと思うので、
出来たら、見てみて下さいませ。

フジバカマは、たぶん、合ってると思います。
でも、こんな風になるなんて、今まで聞いたこともないので、
ちょっと不安。
今後も観察し続けて、種までしっかり見てみたいものです。
もしも、こちらの公園のものが刈られちゃったら、
そちらをあてにしちゃおうかな。

コメントありがとうございました。

Posted by はもよう at 2005年10月27日 21:51
フジバカマ、シュウメイギクとも、綿毛なのですね。
花の時期が終わると、なかなか興味が持続しないものですが、こうして何の花の後かわかると、楽しいですね。
これからは、綿毛や実を見つけたら、私も推理してみようかな♪
Posted by moto at 2005年10月28日 00:05
おー、シュウメイギクの種見たことないような、それともボケて忘れているだけなのか。
今年は、どうなるか見てみますね。
TBさせてくださいね。
Posted by クロアジサシ at 2005年10月28日 09:46
motoさん、おはようございます。

フジバカマは、ちょっと自信ないんですが、
今日もう一度行ってみたら、見事に刈られてました。他の株は まだ花盛り。
確認出来るのは、もう少し後になりそうです。

近い種類のヒヨドリバナとか…どうなるのかなぁ?

シュウメイギクも 見てきました。
こっちはね、枯れた花がそっくりだったから、
間違い無し。


花は本来、飾りのためではなく、子孫を残すために咲くのだから、
この辺の工夫が一番面白いところじゃないかなと思います。
綿毛ウォッチングは楽しいですよ。
Posted by はもよう at 2005年10月28日 11:50
おはようございます、クロアジサシさん。

華やかな 濃いピンクの八重咲きシュウメイギクのTBありがとうございました。

種はめったに結実しないそうですし、
この年に見た種も、ちゃんと実ったのかどうだか心配なる程、
ちっちゃくて頼りない種でしたよ。

八重も一重も有るんでしたよね。
私のうちの近所は、また、刈られちゃいそうです。
枯れ花をいつまでもとっておいて、ご家族の皆様に叱られなければ、
見てみて下さいね。

綿毛ポンポン、見られると良いですね。
Posted by はもよう at 2005年10月28日 11:56
園芸は残酷な行為です(^^;
草花を愛でると言いながら、草花の見た目だけを愛でるんですから。
視野と愛情は密接だなぁと思います。
Posted by 006 at 2005年10月28日 20:02
006さん、いらっしゃいませ〜。

園芸も農業も、命有るものを人間のために 利用する行為ですから、
ある意味、残酷なことをしているのだという自覚を持って、
行ってもらいたいものですよね。
その点、006さんみたいな方がそちら方面の業界にいらっしゃると言うことは、
心強い限りです。

視野と愛情…ですか。
006さんの意図から、ちょっとずれちゃうかも知れないけれど、
愛情が、独りよがりなものにならないよう、
視野は広く持ちたいものだ…といつも思ってます。

花を、ただの飾り物と思っている人もいるのかも知れないけれど、
私は、生き物としての植物 を眺めるのが好きなんですよね〜。

コメントありがとうございました。そちらへもまた、見に行きますね。(^^)/
Posted by はもよう at 2005年10月29日 00:26
こんにちは〜^^

>心強い限りです。

何もできませんし、何もしませんよー(P_P)
無理に何かを変化させることは。
自覚はいつもあります。いつも違和感を抱いてます。

>ちょっとずれちゃうかも

ずれてません。それを短く言っただけです^^
(↑面倒くさがり)
やっぱはもようさんも同じだと思ってました^^
Posted by 006 at 2005年10月29日 13:39
はもようさん、こんにちは。
クロの庭のシュウメイギクは結実するのかどうかわかりませんが、とりあえず、花びらが散った後に丸いのが残ってます。
再度TBさせてくださいね。
Posted by クロアジサシ at 2005年11月13日 11:51
クロアジサシさん、こんばんは。

え〜、丸いの残ったの?
こちらの花だんのは みんな刈られちゃいました。

見に行かなくちゃ。お知らせと再TBありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年11月13日 20:38
こちらのようなフワフワではないのですが、綿毛が出来ました。
TBさせてくださいね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年12月22日 18:20
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。

TBありがとうございました。
綿毛、出来たんですね。早速 見に行かなくちゃ。
お知らせありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年12月23日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

巣の花 秋 シュウメイギク ピンク
Excerpt: シュウメイギクは、ピンクもあります。白より開花が遅いのですが、色の違いと関係するのか、単に八重咲きだからなのかははっきりしません。 白に比べて成長が遅いのか、平均して草丈も低く咲きます。 アヤメやキキ..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-10-28 09:46

巣の実り シュウメイギク 白
Excerpt: もう、花もいよいよ終わり。花びらがおちたら、まあるいポンポンが残りました。うーん、これは種になるんでしょうか?なんかちょっと黒く汚れてるのね。でも、なんかほのぼのするから、どうでもいいか。
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-11-13 11:52

変幻
Excerpt: 庭の隅に、こんなフワフワの綿毛ができた。 画像をクリックすると 花が 今年は秋明菊の花が散っても、切らないで一部を残した。 この坊主頭が開いて、綿毛が出るのを見たかったからだ。 ..
Weblog: 横浜のほほん
Tracked: 2005-12-22 18:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。