2005年10月24日

カニノツメ

土曜日の夕方、久しぶりに家族4人で、お祭りを回りました。
5年生と中学生ですから、もう、世話を焼かすこともなく、
のんびりと 祭り情緒を楽しんでいたのですが、

いつもの公園の入り口で、植え込みの囲いのふちにちょっと座って、
買ってきた焼き鳥なんか つまんでいた時、
これ↓を見つけちゃったんです。


d_top_051024_kanitume.jpg

誰かの食べ残し?と〜んでもない!!きのこです!きのこ!!
カニノツメですよ。

…生ゴミじゃないですよ。れっきとしたきのこです。
蟹の爪じゃなくて、カニノツメって言う名前のきのこですってば!




スッポンタケ目アカカゴタケ科 の カニノツメ

真ん中の 下向いちゃっているのは、折れたもの。

本来は、ちらっと見えてますが、
地中から、卵のような姿で顔を出し、
やがて卵が割れて 2本の腕が伸びて来ます。
真ん中の ちょっと右よりが、正しい姿です。
折れちゃったかけらに 触ってみましたら、
軽くて、スポンジ状でした。

カニノツメのように見える部分の中央、蟹味噌みたいな
粘液状のものがついています。
これは「基本体」と呼ばれるもので、悪臭を放つそうですが…。

よく解りませんでした。
っていうか、人混みのすぐ近くで、残飯に見える 変なきのこの匂いを
嗅ぐほどの度胸がなかっただけです。


同じ アカカゴタケ科には、
腕が一本のもの、三本のもの、4本以上のものが有って、
これはこれで、このきのこ達が 試行錯誤した結果が、
この姿に現れているんだよなと思えます。



図鑑で見た時から、気になってはいたんですよね。
カニノツメ…だって、あり得ない姿でしょう?
本当に会えたなんて幸せです。
お祭りの後片づけが終わったころ、また見に行って来ます。
出来ることなら、どんな風に出てくるのか、観察してみたいところです。

いやぁ、きのこって本当に、面白いですね。


posted by はもよう at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 名無しのきのこ画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。