2008年02月19日

日だまりロゼット

午前中、お日様の光をいっぱい浴びたときには、春めいてきたかな?なんて思うのですが、
日が陰ると、あっという間に寒くなります、今日のうちの方。
今日はこまごました用事があって行かれなかったのですが、このあいだ見てきた公園の写真から、
冬を乗り切る植物の知恵、地面に広がるロゼットをご紹介します。

08_0219_o_inufugu1.jpg

2月も明日から下旬。2月に入ってからやって来た強い寒気もようやくぬけて、
日の光の力強さが増し、‘光の春’を感じられる日が多くなりました。
晴れた日には、日だまりで「星の瞳」さんを見かけることも多くなりました。




朝、まだ日陰が多いうちはうつむいていますが、お日様が当たると…

08_0219_o_inufugu2.jpg

ぱあっと開いて、笑顔になったようです。


この時期、日向の地表は結構暖かいんですよ。落ち葉の下なんかだったりしたら
尚のこと…だったのですが、まぁ、落ち葉の方はだいぶ減ってました。

雪や落ち葉が消えた地面に草の葉が ぺたんと開いてお花の形になっているのが、
ロゼットです。

08_0219_rosette1.jpg

草がこんな風になっているのは、どなたも見たことがあると思うんですよね。

この時点で、何のの葉っぱか解ったらいいなぁと思って、毎年、写真に撮っては
図鑑とにらめっこしています。
でも、難しいんですよねぇ。
大きくなったら解るかな? なんて待っていると刈られてしまうし…(^^;)

このあいだ撮ったロゼットの写真、いくつかご紹介しておきます。
よかったらおつき合い下さい。


上の写真、右に綺麗に開いているのは

08_0219_rosette2.jpg

オニタビラコで間違いないと思います。
なんの変哲もない草の葉に見えるかもしれませんが、冬場のオニタビラコは、
葉が、かなり赤っぽく変化します。周囲の泥や土の色の同化しちゃう時があるほどです。

でも、左側は…かなり こんぐらがっちゃってます。(^^A)

08_0219_rosette3.jpg

まっすぐな葉脈が通っているのは ヘラオオバコ。これは解りやすいです。
茎の両脇に小さな丸こい葉っぱが並んでいるのは、タネツケバナのお仲間です。
我が家の方で確認できたのは「ミチタネツケバナ」という帰化植物なんですが…。

これ、お仲間どうしがそっくりで、しかも、新しい帰化植物が次々に見つかっていて
図鑑にも ろくに乗っていない厄介なやつ。
まあ、これもそのうち、そのうち調べます。(^^;)



こちらは覚えたもの。

08_0219_nogesi.jpg

↑ハルノノゲシに

08_0219_mematuyoi.jpg

↑メマツヨイグサ

ついでにロゼットでもないし 草でもないけど…バラ科落葉低木の↓クサイチゴ。

08_0219_kusaitigo.jpg

みんなみんな、ヒマラヤスギの松葉の降り積もる日だまりで、元気に冬越ししていました。



春は近いよ。もう一がんばりだよって思いながらの帰り道。
うふふ…、み〜つけた。
頭を出したばかりのつくしんぼ♪

08_0219_tukusi.jpg

いつも気付くのが遅れて、びよ〜んと伸びた姿しか見られなかったから、
何だか、目覚ましが鳴る前に起きられた時のように(*^^*)ちょこっと嬉しい気分です。




ブログ内関連ページ:
2006/ 2/ 9付 「ロゼットいろいろ」
2006/ 6/30付 「鬼のようなアザミ」


posted by はもよう at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

早春の便りですね・・・。
ロゼット、ほんとうにいろいろですね。
Posted by nakamura at 2008年02月20日 22:37
nakamuraさん、こんばんは。

はい、いろいろです。地面に描く花模様。
赤みのさす葉っぱもありますから、結構カラフルですよ。

春の足音がきこえるようですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年02月20日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。