2005年10月14日

草刈りより悪い事態

05_1014_sazanka.jpg

ニュースでしきりに 咲きましたって伝えているので、たぶん、
これはサザンカです。←おいっ

きのう、公園のおさんぽ中に見つけました。
お、きれいっと思って近づくと、ちょうどこの花を撮る位置に、
足跡がありました。
すでに どなたかが写真に撮ったあと???

ブログ巡りしていたら、同じ花に会ったりして…(^^;)。






実は…
私としては ものすごくショックなことがあったんです。

今年は、いつになく草刈りが徹底的で、
公園で観察していた草花が、無惨に刈られてしまったり、
道ばたの草がなかなか育たなかったりしていたのですが…。

公園から雑草が追い出されるに付け ますます重要性を高めていた、
観察の絶好ポイント、
公園へ向かう道の 両脇の草地の一部が、
今回、とうとう、アスファルトで覆われてしまったんです。

刈られただけなら、また芽を出すことは出来るけれど、
アスファルトに覆われてしまったら、もう、ダメです。
草刈りよりも悪い 最悪の事態になってしまいました。(嘆)



公園へ向かう道は、このあたりには珍しく、並木も植栽も無い道でした。
2本の車線と両脇の歩道。
並木や植え込みがあってしかるべき場所は、
細い土の帯のまま、ずっと放って置かれていました。

この殺風景な道に、季節の彩りを添えてくれていたのは、
サシラでもツツジでもない、雑草と呼ばれる さまざまな草たちだったんですよね。
刈られても刈られても芽吹いて、春はタンポポ、ホトケノザ、ノビル、
夏は、イネ科の様々な穂になる草たちで賑わって、最後の彩りがツルボ。
秋はエノコログサ、ノブドウの小さな株も一人前に実を付けて…。
街の空き地に生えそうなもの ひととおりは、だいたい ここで見られました。



今回、アスファルトをかけられてしまったのは、
道の片方だけ…しかも、建物の影になって、比較的、草の茂りが悪かった方です。
…ってことは、反対側も間近いのかしら?

道の両脇から 草が無くなってしまうと、
今、あんまり、自分の都合では動けない私は、見に行ける草が限られちゃう〜。
片方だけでも残して置いてもらえないかな?
当分、ドキドキしながら、公園に通うようになりそうです。


posted by はもよう at 10:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サザンカの花の季節ですか。どこかで会えるかなあ。
舗装はある意味残酷ですよね。雑草たちがいくら強いと言っても、アスファルトからは芽を出すことができません。歩くのに必要なところが舗装されていれば十分なのに残念ですね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年10月15日 08:01
おはようございます。

今ならサザンカしか咲いてませんから、
サザンカかな?ツバキかな?と悩まなくて済むので、
チャンスかも。(^^;)
花びらが痛みやすいですから、早いうちに出会えるといいですよね。


舗装工事は…、市街地に済んでいるのだから仕方がないことと
解ってはいるんですけどねぇ…。
草ぼうぼうだと、役所に苦情が行くそうですし…。
ここで嘆くくらいしか出来ませんけど、まぁ、
何度刈られてもめげない雑草君達に励まされつつ、
観察を続けたいと思います。

小石川植物園レポート、
私もいずれ行ってみたいと思っているので、興味深く拝見しました。
また、おじゃましに行きますね。コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年10月15日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。