2005年10月04日

イヌコウジュ

9月に撮ってあった写真その1は、イヌコウジュ。

05_1004_i_koju01.jpg

シソ科イヌコウジュ属
山野の道ばたなどに生える 高さ20〜60cmの一年草。
漢字で書くと「犬香需」。


ヒメジソというそっくりさんと見分けるには、
葉っぱのギザギザ(鋸歯)が6コ以上あること。
花が落ちたあと、残るガク(萼)のギザギザのうち、
上の2つがとがっていること…が解ればそれは"イヌコウジュ"なんですって。

こんな枝先の花の写真じゃ解らないけれど、
写真撮りながら確かめてきましたから、イヌコウジュです、たぶん。



名前に"イヌ"と付くのは 役に立たないから、
そうして どこかに"イヌ"が付いていない"役に立つ"そっくりさんが居る。

この草の場合それは、"ナギナタコウジュ"です。
古来から民間薬として
利尿、発汗、解熱、全身のむくみ、腹痛、などに効用があると
利用されてきた"ナギナタコウジュ"。
花の穂の片一方にしか 花が付かなくて、
ナギナタのように見えるので、その名で呼ばれる薬草に、
このイヌコウジュが似ていると言うことらしいんです。

でもねえ…、図鑑の写真を見た限りでは
どこが似ているのか解りませんでした。
いつか本物に出会えたら、比べてみたいと思います。



この写真では、小さく可愛らしく咲いていますが、
この花の穂、とっても長くなるんですね。

下から咲き始め、
徐々に花の穂を伸ばしながら上に向かって咲いていって、
咲いた後にはガク(萼)が残ります。
ガク(萼)が残った花の穂の姿は、お刺身に添えるシソの穂そっくりです。

05_1004_i_koju02.jpg

さすがシソ科。
そっくりだと 図鑑に紹介されていたヒメジソよりも、似てますよ。
長くなる花の穂に いっせいに花が並んだら、
もう少し華やかで 人目をひくんだろうけれど、
一度に咲くのは一つか二つ。欲張るな!って言ってるのかな?



タデ科の花も地味で好きだけど、シソ科の花も地味で好きです。
角張ったガク(萼)の表情が好きだからと思っていたんだけど、
もしかしてそれってただ、
シソの穂を美味しいお刺身と一緒に見る機会が多いからかしら?

ああ、美味しいお刺身食べに行きたいな♪


刺身のツマにしちゃおうかどうしようか迷っていらっしゃるクロアジサシさんの記事
トラックバックしてみます。
よろしくお願いします。

あ、食べてみたら感想教えてください。でも、おなか壊しそうだったら よしてね(^^)。


posted by はもよう at 17:39| Comment(6) | TrackBack(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イヌコウジュは暑気払いの薬草として使われるので、役に立たないことはないですよ。癖のある香りが強いのでコウジュにたとえられましたが、個体差があり良い香りのものもあります。
この草が群生していると大変美しく、目の保養となります。
この花が好きになるともう立派な野草マニア、ちっちゃい病患者でしょうね。

以上イヌコウジュ友の会会員番号1番、ごまのはぐさでした(^^)。

Posted by ごまのはぐさ at 2005年10月04日 22:44
ごまのはぐささん いらっしゃいませ。

いやぁ、たった今、ごまのはぐささんの所の過去ログで
イヌコウジュを勉強していたので、びっくりしました。
記事書く前に、見にいきゃあよかったですよ。

そうですね。珍しく「イヌ」がついても役に立っているようですね。
えらいぞ、イヌコウジュ君。
友の会まであるなんて出世したのね(じ〜ん)。


ちっちゃい花は、子どもの頃から好きですよ〜。
だって、自然に乏しくて、
イヌタデとかハギダメギクの花束しか作れなかったんですから。

今度のエントリーはもっとちっちゃいものを予定しています(笑)。
ちっちゃい病患者にはマクロに強いカメラが必要ですね。
今度処方して頂こう。→うちの旦那様に♪

またのお越しをお待ちしておりますね〜。
Posted by はもよう at 2005年10月04日 23:54
はもようさん、おはようございます。
コメント&TBありがとうございました。
ちなみに、ごまさんは私の先生で、特にちっちゃい花では右に出るものはそういません。
クロは、目立つ花もなかなか覚えられないので、なかなかちっちゃい花に到達できないんですけど。ちなみに、ブログのイヌコウジュもごまさんにヒメジソとの識別点を教えていただきました。

はもようさんのブログをブックマークに加えさせていただきたいのですが、よろしいですか?
ご迷惑でしたら、削除いたしますので、おっしゃっていただけましたら幸いです。
Posted by クロアジサシ at 2005年10月05日 08:49
クロアジサシさん、おはようございます。
TB返しありがとうございました。

こまのはぐささんは、私にとっても先生ですよ〜。
今回も、ちゃんと先に ごまのはぐささんのブログで お勉強しておけばよかったと
後悔しきりですぅ(^^;)。

え〜!? クロアジサシさんちのブックマークに、入れていただけるんですか?
ありがとうございます♪よろしくお願いします。


私の方も、ちゃんと表示出来るようにしたいんだけど…。
ああ、頑張れ自分!
Posted by はもよう at 2005年10月05日 09:34
●TBありがとうございました。
遅くなってしまいましたが、わたしもTBさせてくださいね。
今年、名前を覚えた植物のひとつになりました。
Posted by るな at 2005年10月20日 19:08
るなさん、TBありがとうございました。

イヌコウジュの輪が出来ましたね。(^^)v
Posted by はもよう at 2005年10月21日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

巣の花 秋 イヌコウジュ おそらく
Excerpt: キツネノマゴより、もっとちっちゃな花が咲きました。ヒメジソかなー?と思ったのですが、ごまのはぐささんにガクと葉っぱの形を教えていただいたら、どーやらイヌコウジュのようです。 写真では写ってない(申し訳..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-10-05 08:56

●苔玉211「フジバカマ苔玉」カラスウリ豊作 不明のシソ科
Excerpt: 「藤袴」(フジバカマ)キク科 多年草 もともとは奈良時代以前に薬草として渡来したものだとか。 秋の七草のひとつ。 こめばな、かおりぐさの別名も。 中国での別名は香草で、半乾きのときに芳香を放つこと..
Weblog: ●苔玉ごろごろ、だから苔想●●
Tracked: 2005-10-20 19:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。