2007年12月26日

ガガイモの種の毛

なかなか家族が揃わなくって、何となく過ぎちゃったクリスマス。
明けて今日は、部屋のスペースを占領していたツリーをお片付けしました。
西洋では クリスマスのお祝いは新年7日くらいまで続くそうですが、日本ではこれから
年の瀬とお正月が来るんですよね。(^^*)


さて、今日の写真はガガイモの実です。
12/ 7にご紹介したガガイモの実をもう一度見に行ってみました。

07_1226_gagaimo1.jpg

この場所、もうすぐ工事現場になっちゃうんですよ。
いっぱい種を作って 風に飛ばして、子孫を増やしておくんだよ。(^^)



ガガイモはガガイモ科ガガイモ属のつる性の多年草。夏に毛深くてピンクのお花を咲かせたあと、
ブツブツだらけのへんてこな実を付けます。
この実は「袋果」と呼ばれ、中には平たくて翼付きのタネが綺麗に並んで入っています。

この実に気付いたのは秋になって、お花がすっかりカラカラになっちゃってからでしたが、
ブツブツの実がとってもたくさん実っていました。

ガガイモのタネには 絹糸のようにツヤツヤの毛が付いていて、タネが飛び立つときの姿が
ものすごく奇麗なんです。見たいなぁと思っていましたが、なかなか身近に無かったんですよねぇ。
ですから見つけたときには嬉しくて、それから何度も実の様子を見に行っているんですが、
12月の初めで、やっと実に亀裂が入ったところまでしか進みませんでした。

で、下旬になったので、もう一度、見に行ってきました。
タネが半分くらい飛んじゃった実もありましたが、盛大に飛んでいる最中のは、ありませんでした。

07_1226_gagaimo2.jpg

パカッと開いたところから中のタネの様子が見えますね。

07_1226_gagaimo3.jpg

うろこ状に綺麗に並んでいるんですよ。このタネが、少しずつほどけて、タネに付いた毛を開いて、
風に飛んでいくんです。
この毛、まぁ、素人目には綿毛ですが…図鑑には「種髪」と書いてありました。「しゅはつ」って読むのかな?



こっちの実からはてろんと一筋こぼれていました。こんなに長いんですよ。

07_1226_gagaimo4.jpg

でも…もうすこし、ほどけているの無いのかな?
ん…、あっちの実? お日様の光を受けて キラキラしているような…。

07_1226_gagaimo5.jpg

枯れ草の中にぐぐっと踏み込んで、精一杯カメラを寄せて、キラキラの「種髪」を撮影してみました。

07_1226_gagaimo6.jpg

ほら、日の光を反射してキラキラです。
この毛はちょっと、植物の綿毛とは思えないほど、長くて立派で艶やかです。



昔 話題になった不思議な生き物「けせらん ぱさらん」って覚えていらっしゃいますか?
桐の小箱にしまわれて、おしろいを食べて ほんのちょっとずつ大きくなるっていう 毛の固まり。
持ち主は生きてるって言うけれど、どう見てもただの毛玉でしたよね。(^m^)
あれが、このガガイモの「種髪」じゃないかって 書いていらっしゃる方もありましたよ。
どうでしょうね。でも、そんな風に思えちゃうほどの奇麗な毛なんですよね。
もっと盛大に開いたところが見られると良いな。また、見に行ってみますね。(^^*)





定点各側してたガガイモの実

2007/12/ 7付 「霜の降りた斜面」 割れた
2007/11/ 4付 「ノダケなど…」 赤くなってる
2007/ 9/26付 「アキノノゲシ、ガガイモ…」 青い実



綿毛コレクション

2007/12/23付 「センニンソウの綿毛」
2007/12/ 7付 「霜の降りた斜面で」シュウメイギク
2007/ 6/16付 「コウゾリナ」
2007/ 5/25付 「ハハコグサとチチコグサ」
2007/ 5/24付 「我が街の「柳絮(りゅうじょ)」」 柳の一種、ポプラ
2007/ 5/24付 「キク科のタネ」 ジシバリ、オニタビラコ
2007/ 1/15付 「霜と綿毛と…」 ヒメムカシヨモギかアレチノギク
2006/11/18付 「ノボロギクなど」 ノボロギクとベニバナボロギク
2006/10/25付 「ダンドボロギク」
2006/ 6/17付 「チチコグサ」
2006/ 6/16付 「初夏の綿毛」 ブタナ、オニタビラコ、キツネアザミ
2006/ 5/24付 「綿毛の季節」 タンポポ、ノゲシ
2006/ 2/12付 「金色の花」 ヒヨドリバナ、野菊、ツワブキ
2006/ 1/11付 「テイカカズラの実」
2005/12/21付 「かたち いろいろ」 フジバカマ
2005/11/20付 「みのりいろいろ(道ばたの花のその後)」 セイタカアワダチソウ、センニンソウ
2005/10/27付 「綿毛いろいろ(花だんの花のその後)」 フジバカマ、シュウメイギク
2005/10/27付 「綿毛いろいろ(ガガイモの仲間)」 ガガイモ、ブルースター
2005/10/26付 「メリケンカルカヤ」



posted by はもよう at 19:05| Comment(17) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
ガガイモの綿毛が飛びかけていますね。
ほんとにキラキラしてきれいです。
中もよく見えていますし。(*^ー゚)b グッジョブ!!

わたしが出あったガガイモくんは、
高いところにあったので、あれが精一杯でした。
でも、一個ぐらいもらって帰ってくればよかったかな。
はもようさんも青いの持って帰ってこられてましたよね。

たくさんの綿毛コレクションですね。
わたしも綿毛撮ってきていますので、
時間ができたら、ひとつひとつ名前を調べさせていただきま〜す。
楽しみ楽しみ!(*゚▽゚*)ワクワク
Posted by ブリ at 2007年12月26日 22:56
こんばんは。

ガガイモのタネ、髭、スゴイ研究ですね。
花や実は見ますが、タネまで研究しませんです(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年12月26日 23:17
ガガイモの綿毛はキラキラ輝いて綺麗ですよね。
いつか青空にフワーっと飛んでいくところを撮ってみたいものです。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年12月27日 09:13
お久しぶりです。
ガガイモの実も種もまだ見たことないんですがこんな形をしてるんですね。
この実の形を覚えておけば長くてキラキラした綿毛に出会えるチャンスが巡ってくるかも♪
と、なんだかウキウキしてしまいました^^

Posted by zei at 2007年12月27日 14:29
☆はもようさんの見たガガイモ、たくさん実っていますね。
もうブラウンになって割れてきてる。
あの綿毛、種髪っていうんですね。(また勉強できました)
うちのベランダのたったひとつのガガイモの実。
まだこんなブラウンに染まっていません。
毎日楽しみにしてるんだけど。

Posted by るな at 2007年12月27日 19:19
今年もガガイモの実が不作だったようで、たった一つの実を継続観察しています。割れ目が入ってきましたが、綿毛はまだ見えません。
テイカカズラもそうでしたが、こんなに沢山の実が盛大についている姿を見てみたいものです。
Posted by ひろし at 2007年12月27日 21:43
ああ、はもようさん、様子がよくわかって、とてもおもしろい記事です。
Posted by ディック at 2007年12月27日 22:08
こんばんは
ガガイモの実、きれいに種子が並んでいるのですね。
綿毛もきれいですね。
私も出会ってみたいです。
Posted by YAKUMA at 2007年12月27日 23:19
ブリさん、こんにちは。お返事遅くなりました。

はい(^▽^)ノ、私も撮ってきました、ガガイモの実。

ブリさんのブログの写真ような 霜のおまけは付いていないけど、
殻が割れて中のタネが整列しているところは撮れました。
綿毛(種髪)のキラキラ感と比べると地味だけど、
このうろこのような、瓦のような タネの並び具合もお気に入りです。(^^*)

綿毛コレクション♪ 見て下さってありがとうございます。
まだ撮りたい植物がいろいろいあるんですけど…
なかなか近所に生えていないのもあって難航中です。
引き続きがんばります(^^*)
Posted by はもよう at 2007年12月28日 11:24
nakamuraさん、こんにちは。
はい、なんと言っても「研究室」の異名を頂きましたのでね。(^^;)

ガガイモは、花は地味でしたが、綿毛が派手なんですよ。
もっと派手なところが撮りたいなと、思っております。(^^*)
Posted by はもよう at 2007年12月28日 11:28
おーちゃんさん、こんにちは。
はい(^▽^)ノ、ガガイモの綿毛が飛んでるところ@青空 めざして
さらにチャンスを狙い続けようと思います。
Posted by はもよう at 2007年12月28日 11:44
zeiさん、お久しぶりです。
ブログの整理は順調ですか?花の少ない今のうちがチャンスですよね。
私も自分のHPを整理しないと…(^^A)

ガガイモ科の植物は 花は地味だけれど実と綿毛がユニークって言うものが多く、
野草でも園芸種でも、十分に目を楽しませてくれます。
是非是非、この実にお見知りおきいただいて、超美麗画像を写してくださいませ。
zeiさんなら、私よりずっと素敵にお撮りになるだろうから 楽しみで〜す。v(^^*)
Posted by はもよう at 2007年12月28日 11:53
るなさん、こんにちは。
去年でしたっけ?るなさんがガガイモの綿毛の写真を
ブログに載せてくださったのは…。
あれ、奇麗でしたよねぇ。

で、今回はベランダで育っていたんですよね。
まだ割れませんか?ベランダ育ちさんは。
ん〜、検索してみると、結構真冬に撮った写真もアップされてますから、
これからでも全然おかしくないですよ。
ふふ、自宅ベランダから飛び立つ綿毛も良いなぁ。

あ、でも、一度はびこると、
なかなか根絶でないやっかいな雑草にもなるそうですから、
お庭にはあまり根付かない方が良いですね。

いつか、るなさんのブログで旅立ちの模様を見せていただけるのを
楽しみにしていますね。(O^^)O O(^^O)ドキドキワクワク
Posted by はもよう at 2007年12月28日 12:00
ひろしさん、こんにちは。
ねぇ、盛大に付いてますよね。確かに、こんなにたわわなガガイモは見たことがありませんでした。

やっと巡り会えたのに…この写真を撮りに行った日に、工事計画の看板を見てしまいました。(T〜T)
行政の狭間とこの不景気でずっと手つかずでしたのに…残念です。

ガガイモもひょっとしたら身の危険を感じて、今年だけはたくさん実を付けたのかもしれません。
いっぱい実って、いっぱい飛んで欲しいです。(^^*)

テイカカズラ…これもまた、実の付きが悪くてなかなか出会えない綿毛ですよね。
今年はすでに剪定されちゃいました。(><)
Posted by はもよう at 2007年12月28日 12:06
ディックさん、こんにちは。
ね、ね、よくよく見ると いろんな魅力が隠れているんですよ。
私はこのタネの並び具合も好きなんです。

綿毛は とってもきれいなんですよ。
今度は、綿毛(種髪)の美しさがよく伝わる様な写真を撮りたいです。(^^*)
Posted by はもよう at 2007年12月28日 12:10
YAKUMAさん、こんにちは。
はい、ガガイモって 良いでしょ。
都市部ではつる性の植物は邪魔者扱いで、年を追う毎に数が少なくなっちゃってますが、
河川敷など、管理の手が行き届きにくいところではまだ見られると思います。
見たままで きれいな花や実はたくさんありますが、
ガガイモなどは、知識もないと
その奇麗な瞬間がとらえられないところがマニア心をそそります。
よろしかったらどこかで探してみてくださいね。(^^#)←マニアな世界へのお誘いか?
Posted by はもよう at 2007年12月28日 12:14
御用納めってなに?
Posted by BlogPetのコロン at 2008年01月01日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。