2005年09月26日

マルバヤハズソウ

ある日のおさんぽの帰り道、車がびゅんびゅん行き交う 車道のふちで、
草とも木ともつかない 植物を見つけました。

05_0926_yahazu01.jpg

葉の特徴は マメ科。茎は茶色で、木の枝のように固く、草のように細い。
丈は30cmほどで、低く地面をはって、途中から立ち上がっていました。
ヤハズソウにそっくりの葉。試しに引っ張ってみたら、なんと、
ヤハズの形に切れちゃいました。






なんだろう?家に戻って図鑑をみたら、
マルバヤハズソウ(丸葉 矢筈 草)という種類があることを知りました。
ヤハズソウよりずっと 木の感じが強いです。
分類学上でも、ヤハズソウ属のヤハズソウとマルバヤハズソウは
ハギ属に含めるか否かが議論になるほど、ハギに近い種類なのだそうですが、
この花、とりあえず、可愛いですよ。

ヤハズソウはちょっと地味で、?…いや、そこがマニアな心をくすぐりますが…、
マルバヤハズソウの方は、ごらんの通り、かわいい花がいっぱいつきますし、
茎が立ち上がり気味で、立体的な姿が楽しめます。

葉っぱは、先が凹んでハート形になりますし、
枝の先端の 二つ折りになって たたまれている姿も可愛いです。
鉢植えに仕立てて売り出したら、結構人気出るんじゃないかなぁ。
ただし、花はやっぱり5mmくらい。ちっちゃいですよ。
育てるの難しいのかな?それとも、増えすぎて困っちゃうのかなぁ?



いつもお散歩している公園では、
今年の 徹底的な刈り込み作業のおかげで姿を消していた メドハギと
ヤハズソウの大きめの株も見つけちゃいました。


05_0926_yahazu02.jpg

白っぽい方がメドハギで、赤紫の花が咲いているのがヤハズソウです。
花だんの花の陰に、ちゃっかり逃げ込んでました。
よかった。ここなら恐怖の草刈りマシーンも届かない。
大事にしてもらえるように、いっぱい花をつけるんだよと、記念撮影♪



メドハギより太い、ヤハズソウの葉っぱ。
その、ヤハズソウの葉よりも広い、マルバヤハズソウの葉っぱ。

これで、ネコハギ、メドハギ、ヤハズソウには会えたし、
今年は新しく、コマツナギとマルバヤハズソウも覚えたし…。
充実の秋ですな。めでたしめでたし♪

やっぱりマメ科は良いねぇ(しみじみ)。



なんと今日、我が家の方でもヤブマメの花を確認♪
戸隠のお山の中で見たお花に また会えて、嬉しかったです♪





posted by はもよう at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。