2005年09月20日

ノキシノブ

3連休中の猛暑が一変して、今日はときおり雨が降る、涼しいお天気です。


今日は、木じゃないけれど、木を見に行く時に 必ず目に入っちゃうもののこと。
近所の大きなイチョウの幹に、↓いつもはこんな風に、しおれているけれど、

05_0920_nokisinobu01.jpg

今日みたいな雨の日は↓元気になっちゃう シダ草がついているんです。

05_0920_nokisinobu02.jpg

なんて言う名前なんだろうなぁとは思っていたのですが、
シダ類って、手元の図鑑にはいくらも載っていないし、
似ているのが多いし…。
webでも調べたのですが、上手く見つけられなくて、ずっと解らないままでした。

ところが、先日、とあるブログで それが"ノキシノブ"という名だと知りました。

名前が解って検索してみると、有るは有るは…。(^^;)
かなりありふれたシダで、人との関わりも深いようで、
いろいろな記述が見つかりました。←なんで今まで気づかなかったのか不思議なほど。


図鑑では、
『ノキシノブ(軒忍)。
 ウラボシ科ノキシノブ属の常緑多年草。
 全国の平地から低山で普通にみられる。葉の長さ10〜30cm、幅5〜8mm。
 根茎は長く這う。葉の表面はつやがあり肉厚…。』
  
葉裏の胞子嚢(ほうしのう)が丸くて、
葉の両側に一列ずつ並んでいるのが特徴みたいです。
葉は けっこうもろいので、優しくめくってみてください。
茶色のまん丸がいくつも並んでいて可愛いですよ♪


『ヤツメランとも呼ばれ園芸種がおおい。』
 
栽培していると、葉の先が分かれて形が変わるものがあるんですって。
愛好家はそれを"芸"とよんで 楽しむみたいです。
でも、"ヤツメラン"では一件もヒットしませんでしたよ。へんだなぁ。


『万葉集にも詠まれている。』

これも数件ヒットしました。詠まれたのはこんな…たぶん失恋の…歌。

わが屋戸は軒に子太草生ひたれど恋忘れ草見れど生ひなく
(わがやどはのきにしだくさおひたれどこいわすれぐさみれどおひなく)作者不詳

古名はしだくさ。"子太草"と書かれているのがそれでしょう。
万葉に昔から、わらぶき屋根の軒に 下がっていたんでしょうね。
しだくさならいくらでも軒に下がっているけど、恋を忘れる草は生えてないのよ。
悲しい恋を、忘れられなくて辛いわぁ…という感じですかねぇ。←情緒無い訳だけど(^^;)


また、web上には、
『葉をすりつぶして切り傷に塗ると止血の効果がある』とも書かれていました。

薬草について詳しい「e-薬草.com」には、
ノキシノブを陰干しで乾燥させたものを『生薬(しょうやく)で、瓦韋(がい)』と言って
利尿薬などとして用いると書いてありました。

七星草(しちせいそう)、金星草(きんせいそう)、骨牌草(こつはいそう)などの
中国名も紹介されてました。
呼び名がたくさんあると言うことは、中国の人にとっても身近なものなんですね。




ずっと知りたかったことが解るのって、嬉しいですよね。
この嬉しいきっかけを下さったのは、
クロアジサシさんの「ひたきのつぶやき」という
ブログです。

花や虫、キノコなど、身近な生き物たちについてのお話が 毎日聞ける 
とっても勉強になるブログです。
内容も素晴らしいのだけれど、クロアジサシさん(時々クロさん)の語り口が楽しいです。
一緒にお茶でも飲みながら、お話を聞いているみたいなんですよ。

該当記事はこちら↓
巣の葉っぱ ノキシノブ


トラックバックおくってみますので、よろしくお願いします。


posted by はもよう at 14:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
なんか照れくさくなるほどのほめ言葉のご紹介ありがとうございます。
「それほどでもー」のブログですが、お閑なときにでもどうぞ。
TBありがとうございました。
クロは、とりあえず記録的にガシガシ載せるので、はもようさんのように奥深い追究に乏しいので、おはずかしいですが。
こちらからもTBさせていただきますね。
Posted by クロアジサシ at 2005年09月20日 15:08
早速のお越し ありがとうございます。

たぶん…とりあえず記録的にガシガシ載せてあるから、
勢いがあって面白いんじゃないかと思います、クロアジサシさんのトコ。

うちはただ、図鑑の記述を確認しているだけですから(^^;)。


トラックバック、ありがとうございました。
また、遊びに行きますね。
Posted by はもよう at 2005年09月20日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

巣の葉っぱ ノキシノブ
Excerpt: なーんか一見カシノキランとどこが違うのといわれそう。 シダですので花は咲きません。葉の裏にぽちぽちと丸い胞子の塊を用意しています。 よく樹木に着生しているのが見受けられますが、これも最近ちょっとした人..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-09-20 15:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。