2005年09月14日

コバノカモメヅル

草刈りのシーズンですね。
いつもおさんぽしている公園では、野草の類はみんな刈られてしまうので、
ちょっと足をのばして、隣町の公園へ行って来ました。

隣町の公園だって、公園の中は、芝刈りの真っ最中でしたけれど、
公園の北側が大きな崖になっていて、誰も入れないものだから、
ちょっとした原生林のようになっているんですよね。
そこをねらって、野草を探しに行ってきました。

収穫はいっぱいありました。
ただ、残念なのは、いつも使っているデジカメが壊れてしまったこと。
旦那さんが 別のカメラを貸してくれたんですが、使い慣れないデジカメでは
あまり上手く、写真が撮れませんでした。

それでも、収穫はいっぱいです♪
やっぱり、人が入っていないところには、いろんな野草があって楽しいです。

05_0914_k_kamome01.jpg

さて、今日の収穫の第一弾は、コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)。
関東地方では、里山で普通に見られるツル性植物です。


手元の図鑑に、
つるが自然にくるっと輪になった、かわいいリースみたいな写真が載っていたので、
一度、実物を見てみたいと思っていたんですよね。
緑一色のやぶで、この 暗紫色の花を見つけた時は嬉しかったですよ。

↓とってもシックな花の様子。

05_0914_k_kamome02.jpg

webで検索してみると、関東地方での目撃例は多いのですが、
長野や富山では数を減らしているそうです。

花は直径6〜8mm、葉は5〜8cmは有りますから、
小葉…小さい葉…というイメージは わかなかったので、
カモメヅルというのは、よほど葉の大きな種類なのだろうと検索してみましたが、
写真はわずかしか見つかりませんでした。
…ってことは、カモメヅルの方が数を減らしてるんじゃないのかしら?

確かにカモメヅルの方が葉は大きそうでした…と言うより、とっても丸っこかったです。
でも、それよりおどろいたのは、カモメヅルの仲間があの、
大きくてきれいな蝶 アサギマダラの幼虫が食べる草だったことです。

アサギマダラは、本州では高原でしか見られない大型の蝶で、
白地に黒い網目模様が有り、
羽の中央の浅葱色(わずかに緑がかった水色)がステンドグラスのように透けて見える
たいへん美しい羽を持った蝶です。

木々の間を、その美しい羽を見せつけるように ゆっくり優雅に飛ぶのですが、
カモメヅルの仲間には毒があり、幼虫のうちにその毒を体に取り込んであるために、
アサギマダラは、鳥にとっては 食べてはいけない蝶 と認識されているそうです。
アサギマダラは、大変な長距離を移動することでも知られているのですが、
そんな時にも、
カモメヅルの仲間の持つ毒が役に立っているのかもしれないなと思いました。 



コバノカモメヅルは、花に劣らず実もまたユニークで、
咲いた時は6〜8mmしかない花が、8cm程の大きな実になるそうです。
実が割れると中から、白い毛の付いた種が たくさん出てきて、冬の風に吹かれて四方に散って
子孫を増やすそうです。
この 白い毛の生えた種の様子から、カモメの胸の羽毛を連想したのが名の由来と説明している
サイトもありました。
その昔、山の草を見て、海の鳥を連想した人がいたんでしょうか。

実が付いたらまた、見に行かなくちゃなりませんね。


posted by はもよう at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コバノカモメヅル珍しいですねー。
でも実を見るのはきっと難しいですよ。
虫こぶになるのが多いので。
撮れたらぜひ見せてくださいねー。
Posted by ごまのはぐさ at 2005年09月16日 18:24
ごまのはぐささん、いらっしゃいませ。

web上のコメントを見ても、西日本の方では数を減らしているようですね。

いずれにしても、私は初めて見たんですけど(^^)。

実、虫こぶになりやすいんですか?
一株しかなかったから、ちょっと心配です。
また、しばらくしたら様子を見てきます。
首尾良く 写真に撮れたら、見てやってくださいね。
Posted by はもよう at 2005年09月16日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。