2005年09月10日

台風で落ちた実と葉(ユリノキ)

05_0910_yurinoki.jpg

一見は、プラタナス。でも、よく見ると、真ん中が凹んだ 変な葉っぱの木。
葉の形から、ハンテンボク(半天木)・奴凧の木・軍配の木 の別名もある、
ユリノキです。
最近、都市の並木道に、よく植えられるようになりました。





サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「町の木」> ユリノキについて

花は初夏、
百合ともチューリップとも言われる大きな花を 枝いっぱいに咲かせるのに、
何故か 誰の注目も集めない。なかなかどうして、ひねくれ者の木であります。
…いや、そんなこの木を気に入る人間の方がひねくれ者なのか…(^^;)。

せっかく大きな花が咲くのですが、色が、きみどり色に少しだけオレンジの模様…という、
葉っぱに紛れたら、見わけられないでしょうって言う配色の上に、
高いところにしか花をつけないので、人の目に触れることは少ないです。

黄緑の花びらを散らした後、オクラの角をとったような形の 実を付けます。
写真は、風で落ちてしまった若い実。
10月に実る頃には、カラカラに乾いて茶色になり、
バドミントンの羽(シャトル)のように開いて、
翼の付いた種(翼果)を風に飛ばします。

種が実ったら、思いっきり風が吹いてくれてもよかったんだけどねぇ。
準備が整わないうちに、この若い実は 落ちちゃったんですね。
ついでに、一足早く色づいた葉っぱも落ちていました。



いろんな木があって、いろんな実が付く。
観察を続けていると、発見がいっぱいあって楽しいです。

台風のものすごい風が、いろんなものをかすめ取ってきてくれるおかげで、
頭上 はるか上の、
鳥や虫しか知らない姿を かいま見ることが出来ます。

木が、折れたり、傷ついたりしては元も子もありませんが、
台風の置きみやげ♪
毎年、密かに楽しみにしているのも事実です。



サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「町の木」> ユリノキについて


posted by はもよう at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆりのきファン倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。