2005年09月10日

台風で落ちた実と葉(イチョウ)

台風の置きみやげシリーズも第3弾になりました。
今日は 木の種類ごとにエントリーを区切って、4種類、
ご紹介します。
どの木についても、Homeの「おなじみの木」に詳しいレポートがまとめてあります。
興味を持たれた方は、覗いていってくださいね。


05_0910_icho.jpg

最初は、イチョウ。
イチョウは、花も実も、ものすごく高いところに付くものですから、
枝をちょいと引っ張って観察〜って言うことが出来ないんです。
おばなは、散った花ガラをながめ、実はギンナンが落ちるのを待つしか…。
本当に観察者泣かせですよ。

でも、今回は、ギンナンが まだ 付いたままの枝が一本落ちていました。
ラッキー!


サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「町の木」> イチョウについて



イチョウの葉は、せっせと伸びる枝(長枝)には、葉が互い違いに付き(互生)、
枝についたこぶ(のように見える短枝)には、葉が束になってついて(束生)、
その、束になった葉の根元に、花が咲くんですって、おばなもめばなも。

まあ、この時期では 花は見られませんが、
こぶのように見える短枝から葉っぱとぎんなんが出ている様子がよく観察できます。
ふむふむ…ほぉ〜、図鑑通りだねぇ…なんて、道ばたで思わず感心してしまいました。 

ぎんなんは臭くて、人によっては手がかぶれますから、ご注意下さい。
恐竜たちの生きてた時代に生えてた木の仲間、イチョウ。
中国と日本にしかないイチョウ。
もっともっと、いろんな事を知りたいですね。





サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「町の木」> イチョウについて




posted by はもよう at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。