2007年11月11日

マルバヒイラギ

雨は一時おさまったものの、朝からどんよりして寒いお天気が続いています、この週末。
朝は曇りでしたので、息子は部活動に行きましたし、午後からは娘が 隣町の公園で行われる 
野外のイベントに向かいました。お天気の早い回復を願っていたのですが、
回復するどころか一日中降ったりやんだりで、とうとう夕方には雷まで鳴る始末…あらら(^^;)

さて、記事の方は、11/6に長年 名前不明であった木がシロダモと解ったのを受けて、
もう一本の名無しの権兵衛の 木の名前を調べてみたと言う記事です。

07_1111_m_hiiragi1.jpg
場所は、いつもおさんぽしている公園の芝生広場の片隅。
ここにキンモクセイそっくりな花の咲く、
イヌツゲそっくりな細かい葉っぱの常緑樹があるんです。
キンモクセイ、ヒイラギモクセイの花のあと、
この時期になると枝いっぱいに花が咲くこの木。
もちろん、手元の図鑑は何度も見ました。
でも、こんな木、どこにも出てません。
ずっと解らないままでしたが、
この度の「シロダモ」の成功を受けて、
再挑戦してみることにしました。

この木、名前が解らないわりにはすごく目立つところにあるんです。芝生の端と言うことは、
いつもおさんぽしている遊歩道の脇。必ず目にはいるのに解らないんですよ、名前。

07_1111_m_hiiragi2.jpg

桜の若木やハナミズキとたいして変わらない樹高、う〜ん、3〜4mくらい?

07_1111_m_hiiragi3.jpg

ぶっとい幹が一本↑、たくましい枝↓が バラバラっと広がって まあるい樹冠を支えている形。

07_1111_m_hiiragi4.jpg

初めて見たときは、まだ、木の名前調べも始めたばかりでなんにも解らないときで、
花の付き方や 木全体の姿が似いてるから、ギンモクセイなんじゃないの?と思ったものでした。
でも、葉っぱが決定的に違うんです。だからギンモクセイはあえなく候補からはずされました。



花↓は枝の両脇、葉の付け根あたりにまとまってついて、

07_1111_m_hiiragi5.jpg

花付き↓は、すこぶる良し。

07_1111_m_hiiragi6.jpg

ほら、この付き方、キンモクセイにそっくりでしょう?これで白いんだもの、花の時期は少し遅いけど、
ギンモクセイかと思いますよねぇ。

でも違うんですよ。この木の大きな特徴は 葉っぱが小さくて丸いこと。

07_1111_m_hiiragi7.jpg

ほら↑、葉っぱに付いている葉脈の くるりん模様も愛らしい、ちっちゃい丸い葉です。 
園内、他の場所に有るイヌツゲの葉に似ているので、そちらも見に行ったくらいです。
今、イヌツゲは実の時期ですが、偶然お花も咲いていました。
でもお花の形は違いました。イヌツゲはツゲの親戚ではなくてモチノキ科の木、
お花もモチノキのお花に良く似た地味な花でした。



名前の解らないこの木のお花はキンモクセイのお花と同じような造りです。
今年眺めた キンモクセイウスギモクセイヒイラギモクセイ…みんなに似ています。
一昨年眺めたヒイラギにもそっくりです。



多分モクセイ科だよと当たりを付けて、「11月に咲くモクセイ科の木」でweb検索です。
…でもね、全然ヒットしないんですよ。11月に咲くモクセイ科はトゲトゲ葉っぱのヒイラギだけ。

ヒイラギって、生け垣なんかによく植えられている、
ちっちゃくて か細くて、何よりトゲトゲ葉っぱの木じゃないですか、名前の解らないこの木とは、
似ても似つかないと、最初は思ったんですが…
図鑑とにらめっこし続けていたら…あれれ?ヒイラギの樹高は4〜8mって書いてあるんですよ。
えっ?!そんなにでっかくなれるの?   ここだけに期待を込めて 一か八かで、
丸い葉っぱのヒイラギ…という、既存のイメージをひっくり返すようなキーワードで検索してみました。



いやぁ、世の中、何が起きるか解ったものじゃありませんね。
有りました。ヒットしちゃったんです。「マルバヒイラギ」!!

どうやら園芸種のようです。
ヒイラギはもともと、老木になると葉のトゲトゲが減って、丸っこい葉っぱになるのですが、
その性質をとりだし固定した園芸用の品種のひとつに「マルバヒイラギ」と言うものがあるそうです。

園芸界の名前と植物学界の名前は必ずしも一致しませんし、web検索で見つけた記述には
一部 否定するものや食い違うものなど有って、はっきりしない部分も多いのですが、
でもどうやら、葉っぱがトゲトゲしていないヒイラギは実在するようです。

私がずっと眺めてきて、名前が解らなかったこの木は、トゲトゲしない葉っぱのヒイラギであるという…、
しかも、生け垣でしか見たことないヒイラギが 樹高3〜4mの堂々たる姿で立っていたという…
可能性が大きいと思うんですよ。
なんかすごいなぁと思いました。とっても意外で びっくりしました。



あ、忘れていました。これが、この木のお花です。11月に咲くヒイラギのお花そっくりな
花びらの反りかえりの強いこのお花。

07_1111_m_hiiragi08.jpg

多分、マルバヒイラギという名前です。奇麗でしょ。(^^*)ほんのり良い香りもするんですよ。
ヒイラギは雌雄異株、この木…実も付いたような気がします。また後日、見に行ってみますね。




ブログ内関連ページ:

2007/10/18付 「金木犀の散る頃」
2007/10/17付 「ヒイラギモクセイの花」
2007/10/ 5付 「キンとウスギのモクセイの花」

2005/11/15付 「ヒイラギの花」

2006/ 9/21付 「9月の公園樹」
2005/10/ 8付 「キンモクセイとカツラと「桂」」 中国の伝説について少し触れています。
2005/10/ 8付 「ウスギモクセイ」
2005/10/ 1付 「キンモクセイのつぼみ」 


posted by はもよう at 17:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくまあ「マルバヒイラギ」まで探求しましたね。
この気長さ、追求心を見習いたいものです。
根気のない私だったら、
「こんなに大木になっている古木なので、
トゲが出現しなくなってしまったヒイラギだろう。
クワもカクレミノも、
古木になると切れ込みがなくなってマルバになるものな」と
屁理屈をつけてお仕舞いにしそうです。
Posted by ひろし at 2007年11月11日 22:09
はもようさん、おはようございます。
お花を見せていただいて、ヒイラギのお花だとおもいました。
家にもしばらく前に咲いていて、
今散歩道にも咲いています。
でも、葉っぱがぜんぜん違うから、
わたしだったら、あきらめちゃうけれど、
さすが、はもようさん!
マルバくんにまでたどりつくところがすごい!
そうなんですか。
そういう種類もあるのですね。
勉強になりましたよぉ〜
でも、マルバくんの葉脈、かわいいですねぇ〜
Posted by ブリ at 2007年11月12日 06:34
こんばんは。

今日の現場で、マルバヒイラギを見ました。
はもようさんだ!
というわけで、写真を撮ってきましたが、こちらの最後の写真はスゴイではないですか!
マクロ??
Posted by nakamura at 2007年11月12日 23:43
ひろしさん、こんばんは。
はい、まだ完全ではありませんが、マルバヒイラギまでたどり着きました。

はぁ、感心して頂き(呆れた?)恐縮です。(^^A)
気が長いというか…自分が気になったことは、結構長く覚えているものです。
何年も経って、突然、答えに行き着くこともあります。そこがまた、楽しいんですよ。(^^*)

で…今回は、これがそうです!と 言い切れないでいます。
というのも、この木が「園芸種のマルバヒイラギ」なのか、「単なるヒイラギの古木」なのか
だんだん迷って来ちゃっているのです。(^^;)

まぁ、それもそのうち ちゃんと解る日が来るかな?来ると良いなと思います。
Posted by はもよう at 2007年11月13日 00:48
ブリさん、こんばんは。
ねぇ、可愛いでしょ、この葉脈。
まだね、ちょっと…マルバヒイラギと言い切って良いものか迷っています。
いずれにしても、ヒイラギであることに変わりはないんですけどね。

香りも良いし、奇麗だし、なかなか素敵な木ですよ、この木。
最初、歯が立たなくてあきらめていましたが、
今年はこれで2種類、長い間名前が解らなかった木の名前が解るようになりました。

また少しずつ、身の回りの木を眺めて過ごしていこうと思います。
Posted by はもよう at 2007年11月13日 00:56
nakamuraさん、こんばんは。
マルバヒイラギに会われたんですね。
今度写真見せてくださいね。(^^)
楽しみだなぁ〜♪

最後の写真ってお花のですか?
はい、マクロです。コンパクトデジカメのマクロ機能を駆使しました。
スゴイ、ですか?(^^?)
Posted by はもよう at 2007年11月13日 01:10
ふうん、マルバヒイラギというのがあるのですか。よく調べましたねぇ。
ぼくはまず、ヒイラギそのものを見つけたいんだけど、それすら出会えません。
Posted by ディック at 2007年11月13日 20:51
あら、デイックさんのお宅の方にヒイラギはありませんか?
あ、この木、もしかしたら普通のヒイラギの木で、
老木だから葉っぱが丸いのかもしれないんです。
どっちかな? 解んないな と言うことにしておいてください。(^^;)

とっても上品でよい香りのお花ですよ。
会えると良いですね。
Posted by はもよう at 2007年11月14日 20:28
老木だとトゲがなくなるらしいですが、でもこんなに丸くなるのでしょうか。
やはりいろいろと実例を集めたいですね。
クリスマスホーリーの老木はあるのですが…。
それと、馬の博物館の垣根のトゲトゲの葉はなんだろうと、ときどき見に行くのですが、花も実もなくて、いつも濃い緑の葉ばかり。なんかちょっとヒイラギとは違うような…。
Posted by ディック at 2007年11月14日 22:33
デイックさんがご覧になったトゲトゲの葉の木って…ヒイラギモクセイかもしれませんね。
良く垣根に利用される木です。
刈り込みが強いと花が咲きませんし、交配種の為か 実が付かないんです。

クリスマス・ホーリーの老木ですか…。
なんか 素敵そうですね。

ヒイラギはもう少し材料を集めてから、判断したいと思います。
Posted by はもよう at 2007年11月16日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。