2005年08月30日

バイケイソウ

戸隠で撮ってきた写真。今日の一枚目は バイケイソウ。
牧場の中に咲いていました。

05_0830_baikei01.jpg


ユリ科シュロソウ属。人の背丈ほどにも育つ、大形の多年草です。


花は 白と緑色。配色は地味でも、背の高いくき(茎)にびっしりつきますから、
けっこう目立ちます。
実はこの花、有名な毒草なんです。

少量の毒は薬になるからと、利用されていた時代もあったそうですが、
使いこなしきれずに、
今では、殺虫剤に利用される程度…それも減少気味…だと言うことです。

これだけ個性的な毒草を、うっかり食べちゃうなんて信じられな〜いと思ったら、
春の山菜のシーズン、芽を出したばかりの
ギボウシの仲間と ↓バイケイソウの葉がそっくりなんですって。

05_0830_baikei02.jpg

コバギボウシのページで触れたように、ギボウシの仲間の若葉は"ウルイ"という
味がよくて人気のある山菜なんです。
そそっかしくて食い意地の張った…あぁ、自分のことのようだ…人が、うっかり
"ウルイ"だと思って食べちゃったら大変です。

しかも、バイケイソウって、2〜3年に一度しか花をつけないこともあって、
気づきにくく、事故が後を絶たないんですって。
そういえば初めて戸隠に行った年(3年前)には、キャンプ場にも咲いていたけれど、
去年と今年は見なかったな。

でも…毒性が強くて、殺虫剤まで作れる この草ですが、
花が咲く頃は、虫食いだらけになってます。??? あれっ?虫は食べても大丈夫なの?
牧場に生えてたんですけれど、家畜は大丈夫なのかしら?

05_0830_baikei03.jpg

花は、1つが直径2cmほどで、白地に緑色のごく細いしまが入っています。
花びらは6枚、厚めで ふちが毛ばだっています。
近くで見ると ボリュームがあって豪華です。…でも毒草なんですよねぇ。

高山の湿地には コバイケイソウというお仲間が咲いているそうです。
コバイケイソウの方が白くて華やかですので、
その群生地は とても綺麗なんだそうです。 
でも、毒があるのは同じです。食べちゃダメですよ。見るだけにして下さいね。


posted by はもよう at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。