2005年08月29日

クサフジ

今回見かけた中で 一番綺麗だったのは、この花かな?

05_0829_kusafuji.jpg

化石を掘りに行くために山道を車で走っていた時、両脇のやぶから花だけ出して、
たくさんの紫色の花が咲いていました。

一番多く見たのは、ボタンヅルの白い花でしたが、
この、マメ科の花もそれに次ぐくらい たくさん咲いていました。
車を止めたすぐ横にも 小さな群落があったので、化石掘りのすきを付いて、
急いで写真を撮ってきました。

水彩絵の具を混ぜたような 微妙な色の混ざり具合が綺麗です。
こんなきれいな花なのに、ゆっくり眺められなくて 本当に残念でした。


写真でゆっくり眺められるように、少し大きめの画像も貼っておきますね。

やぶの様子↓。クリックすると少し大きな画像が開きます。

d_top_050829_kusafuji.jpg

綺麗なのは良いのですが、図鑑を眺めて、また困ってしまいました。
そっくりな花がいくつも有るんですよ。
花と葉っぱのバランスから言って、ヒロハクサフジでないのは 間違いないようですが、
クサフジとツルフジバカマ…には 似ています。

両方とも紫の花ですが、クサフジは青みが強く、ツルフジバカマは赤みが強い…。
う〜ん、写真の花は、図鑑のツルフジバカマよりは青っぽいです。

葉の付け根のちっちゃい葉(托葉:たくよう)の形が違う…と書いてあるのですが、
短時間だったので見てきませんでした。←よくやる失敗(^^;)。とほほ…

図鑑をぺろっとめくってみると、
『ヨーロッパ原産で緑肥として用いられていたものが、本州から四国、九州にかけ 野生化している』
ナヨクサフジという花まであるそうです。



というわけで 暫定的ですが、これはクサフジ…と言うことで、一応ご紹介しておきます。
違っていたらごめんなさい(^^;)。


posted by はもよう at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。