2005年08月29日

ノリウツギ

今日の花は、ノリウツギ。今回唯一の樹木の仲間です。

05_0829_noriutugi.jpg

キャンプ場を取り巻く林のふちに、この、白い花がたくさん咲いていました。
花の付き方は すこし崩れた感じですが、アジサイの花によく似た造りです。




夏の山には、けっこうあちらこちらに アジサイの仲間が咲いていますよね。
図鑑を見ると、実にさまざまな姿の アジサイの仲間がいるのだと言うことが解ります。
みんな、それぞれの生育環境に合わせた姿をしているのかなと思います。



この木は落葉低木で、2〜4m程に成長します。花だんで見るアジサイよりは
少し薄めで、先のとがった葉っぱを2〜3枚ずつ出して、
ガクアジサイと同じような造りの花を、三角形の穂の形(円錐花序)に開きます。
穂の先の方には細かい両性花をびっしり、元の方には大きな装飾花をまばらに付けます。

きれいな花ですよ。
木に咲く花が少なくなる頃ですから、キャンプ場でも ひときわ目立ちます。
ノリウツギ(糊空木)と言う名は、和紙をすく時にこの木の樹液を糊にしたことから、
こう呼ばれるようになったのだそうです。



スギやヒノキのの薄暗い林の中で、幹にからみつくようにして咲いているのも見たんですが、
ノリウツギがツル状になるなんて、どの図鑑にも書いてありません。
…って言うことは、近くに行って確かめられなかったけれど、あれはツル性のアジサイ、
ゴトウヅル(別名:ツルアジサイ・ツルデマリ)って言うことに…。←有るんですよ。

図鑑にはゴトウヅルの花の時期は 6〜7月と書いてあるけれど、きっとそうですよね。
そばに行って見たかったなぁ。


posted by はもよう at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。