2005年08月28日

コバギボウシ

アニメ「サザエさん」のカツオくんも、夏休みの宿題を一生懸命やっていました。
夏休みも残りわずかですね。
我が家のおこちゃま方の宿題もだいたい めどが付いたようです。

私の方も、夏休みの宿題さながらに、
今年のキャンプで見つけた花の写真をご紹介しようと、図鑑やコンピューターとにらめっこしてきました。
だいたいの花の名前が分かりましたので、毎日少しずつ ご紹介していきますね。



まずは、キャンプ場のテントのまわりにたくさん咲いていた花たちから。
先にご紹介した ヒヨドリバナ、シキンカラマツ、チダケサシと一緒に咲いていたのが、
この コバギボウシ です。

05_0828_gibosi.jpg



花は、下界の花だんでもよく見かけるので、すぐに"ギボウシの仲間"と解りましたが、
家に帰って図鑑を見たら、そっくりさんがいっぱい居るんですもの、悩んじゃいましたよ(^^;)。
草丈も低かったし、葉っぱも小さかったので、コバギボウシで間違いないと思います。


コバギボウシ:ユリ科ギボウシ属。山野の日当たりのよい湿地に生える多年草。

図鑑には『この仲間の若いつぼみが 橋の欄干(らんかん)に付ける擬宝珠:ぎぼしゅ に似ていることから、
これがなまってギボウシ』と呼ばれるようになったのだと書いてあります。
それって、橋の欄干にのってる タマネギみたいな形の飾りですよね。
似てるのかなぁ…?というか、もっと似ている植物は 他にもいっぱいありそうだけど、
どうしてこの植物たちにだけ、そういう名が付いたんでしょう?

ギボウシの仲間の若葉は"ウルイ"とよばれ、美味しい山菜として人気があるそうですが、
ウルイによく似ていても 毒のある葉を持つ植物もあるので、
素人がそこら辺の葉を採って食べちゃいけないそうです。
まあ、もっとも、私達がキャンプにいく頃には、もう、固くて食べられなくなっちゃってますけどね。

戸隠はギボウシが育ちやすい環境のようで、ペンションやお蕎麦やさんの庭先では、
人の背丈ほどもある 大きなギボウシが植えられているのも よく目にしました。
大きいのは、オオバギボウシ…かな?安直だけど…。
ああ、でもそうすると、私が公園の花だんで見たあのギボウシはなんて言うギボウシなんだろう…。
植物の世界、まだまだ奥が深いです。勉強せねば。




posted by はもよう at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。