2005年08月24日

ボタンヅルとセンニンソウ

05_0824_botanduru01.jpg


今日の写真、まずは↑ボタンヅル。
粗いギザギザ(鋸歯)の有る葉っぱが、牡丹の葉っぱに似ている ボタンヅル。
戸隠の 山にも里にも、たくさん咲いていました。
下界では秋口の花ですから、少しばかり季節の進みが早かったのかもしれません。


キンポウゲ科センニンソウ属、日当たりによい山野に生える つる性の半低木。
図鑑によると、



4枚の 花びらに見えるものは ガク(萼片)で、花びらは無いそうです。
実には 長くて白いおひげがつきます。

05_0824_botanduru02.jpg

↑続いてお花の部分。
この日は雨上がりでしたので、長いおしべに 水玉がいっぱいついていました。
化石掘りの途中に急いで撮った写真です。



同じ仲間の センニンソウとそっくりなので、センニンソウの写真も
ご紹介しておきます↓。

05_0824_senninso01.jpg

こちらは3年前、近所で撮影したものです。街路樹にからみついていました。
とってもきれいだったのに、いつの間にか無くなってました(しゅん)。



ボタンヅルとセンニンソウの大きな違いは、葉っぱです。
ボタンヅルの葉は ふちにギザギザ(鋸歯)がついているのに、
センニンソウの葉っぱは ふちがつるつる。しかも少し厚手で、ピカピカ☆つやがあります。
3年も前なのに、何故かこの日も雨上がりですが…、写真の様子でわかりますか?

センニンソウの茎や葉っぱは、触るとかぶれるそうですから、
いくら気に入っても、素手では触らない方が無難かな?と思います。
でも、漢方の世界では、センニンソウの根を 威霊仙(いれいせん)と呼んで、
利尿や鎮痛などに用いるそうです。



もう一枚はセンニンソウのお花のアップ↓。

05_0824_senninso02.jpg


お花だけ見ちゃうと 本当によく似ているんですが、
いくつかの茂みを見比べるとセンニンソウの方が、
花が大きくて、純白で、4つの花びらのようなもの(萼片)が長くて 華やかです。
センニンソウも、実には長くて白いおひげが付きます↓。

05_0824_senninso03.jpg

センニンソウは「仙人草」と書き、実の姿からの連想じゃないか?と言う説もあるようですが、
詳しいことはよく解らないのだそうです。



同じ仲間の 園芸種には、クレマチスやテッセンなども含まれます。
ですから、クレマチスもテッセンも、実が 意外な形になって 楽しいですよ。

それから初夏に、赤い 半鐘(はんしょう)型の花を下げる ハンショウヅルも、お仲間です。
一度見てみたいようなチャーミングな花なんですよねぇ。  いつか出会えると良いな。


posted by はもよう at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
牡丹とか、大きい雨上がりを撮影しなかったの?


Posted by BlogPetのコロン at 2005年08月24日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。