2005年08月21日

チダケサシ

05_0817_tidakesa.jpg

写真はチダケサシ。

ユキノシタ科チダケサシ属、山野のやや湿ったところに生える、高さ30〜80cmの多年草。
食用にするキノコ、チチダケ(チダケ)をこの茎に刺して持ち帰った事から、
こう呼ばれるようになったそうです。





近くにチチダケは見あたりませんでしたが、細かい花を穂状に付けてきれいに咲いていました。
花びらは、白くて細かったです。おしべのやく(葯)が、薄いピンク色でした。
写真の花の穂の 上の方にしがみついているのは、小さな黒い甲虫です。
花粉を食べに来てたのかな?

葉っぱは2〜4回奇数羽状複葉。1〜4cmの小さな葉っぱ(小葉)が、豆やバラの葉っぱみたいに
並んで付く形です。

写真を撮った 翌々日に白樺が一本、虫に食われて もろくなったところから
倒れちゃったんですよね。
この花、白樺の木が倒れたあたりにあったんですが、折れなかったかしら?


posted by はもよう at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。