2007年10月12日

ハナタデ

今日も、多少、雲は多めながら、晴れて過ごしやすい一日になりました。
首都圏では自動改札機のトラブルなどがあったのですが、大きな混乱もなく、
収拾したようでよかったです。

さていよいよ、先週、お気に入りの観察スポット「隣町の公園裏の北向きの斜面」で
見てきた秋の野草を順を追ってご紹介していきます。

まずは、このブログにも何度も登場していますが、ハナタデを見ていただきましょう。

07_1012_hanatade1.jpg

もともと、細い穂に咲く小さい花が多い「北向きの斜面」でですが、
今回は ひときわたくさん咲いていました。




まだ、よく区別できないんですよ、ハナタデとイヌタデと、また別のタデと…。
タデ科の見分けって難しいんですもの。でも、多分、これみんなハナタデだと思います。
違っていたら、こめんなさい。←先に謝っちゃう。(^^A)

と、前置きしつつ、今回は群生している様子を見て下さい。

07_1012_hanatade2.jpg

ピンクのハナタデと赤いミズヒキ。理屈抜きで、奇麗だったんですよ。



ハナタデには変化が多くて、なかなかこれって言い切れないんです。
イヌタデのように花が密に付くものもあるかと思えば、こんな風にまばらなものもある…。

07_1012_hanatade3.jpg

違うタデじゃないの?とも思ったのですが、
同じ群生の中に一本だけ別のタデが咲くかなと思ったり…
いやぁ、咲くかもと思ったり…。

試しに大写しにして見て、なんか違う〜と、余計に悩んだり…。(−−;)

07_1012_hanatade4.jpg

タデ科の中には、
葉の付け根の様子で見分けられたり、花の付き方や形で解ったりするものもあるのですが、
ハナタデは まだ つかみ所が解らなくて、困っています。

葉っぱも、イヌタデの葉の先はだんだん細くなるけれど、
ハナタデの葉の先は急に細くなる…っていうので注意してみたのですが、
違いが微妙すぎて見分けの役に立ちそうもありませんでした。(^^;)



それでもこのときばかりは、何だかどの花も大きく開いて、とっても奇麗でした。
街中の道ばたでもよく見かけるイヌタデですが、赤まんまとも呼ばれる花の穂が
大きく花開いているのは見たことがないので、これらはみんなハナタデなんじゃないかと
思うんです。

07_1012_hanatade5.jpg

ミズヒキと…

それから下の写真は 野菊と…

07_1012_hanatade6.jpg

なかなか秋らしい組み合わせでしょう?
この後、「北向きの斜面」を野菊を求めて進んでいくのですが…。
その様子はまた後の記事で…。





ブログ内関連ページ:

2007/ 7/15付 「ヌスビトハギなど」 サナエタデ似の?なタデの花
2006/11/11付 「草もみじ」
2006/ 9/28付 「北向き斜面の秋の花」
2005/ 6/ 5付 「夏の道ばたの草」 イヌタデ
2005/ 9/28付 「ハナタデ」


posted by はもよう at 21:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もイヌタデとハナタデの区別がつかず、アップを控えています。
サクラタデも日当たりの悪い所にあると、これも区別がつかずです。
サナエタデはわかりましたけれど、ね。
Posted by ひろし at 2007年10月12日 22:07
おはようございます。
私もハナタデとイヌタデの違いがよく解らなくって困っています^^;
この間撮ったのはたぶんハナタデなんだろうな〜って思いながらまだUPしていません。
↑ひろしさんもなんですね。
Posted by zei at 2007年10月13日 10:02
ひろしさん、こんばんは。
ええ〜っ?!ひろしさんもですか?
困ったなぁ、聞こうと思ったのに。(^^;)えへへ

今度ちゃんと調べてみようと思いつつ…何年もたっちゃいました。
今度こそ〜。
Posted by はもよう at 2007年10月13日 20:10
^^)ノ zeiさん、こんばんは。
ね〜、解りにくいですよね、ハナタデとイヌタデの違い。
好きな花なのでもっと堂々と記事にしたいんですけどねぇ…。
ま、そのうち。そのうち…頑張ります。へへっ(^^A)
Posted by はもよう at 2007年10月13日 20:15
うう〜む。白いの(わずかに赤味が見える)がまばらについているのが根岸森林公園にあるのですが、あれはハナタデではないのでしょうか。
Posted by ディック at 2007年10月14日 22:34
ディックさん〜、タデ科は見分けが難しいんですから、
お役に立てるかどうか解りませんよ。ご一緒に悩みましょうねぇ。(^^;)

ハナタデは花の付き具合、赤みの差し具合にばらつきがあるんですよ。
あとは葉の形、葉の付け根のサヤのようになった部分の毛のあるなし…などで見分けます。

お花だけ撮った写真からは判断しにくいのに、
ついついお花ばかり撮ってしまって…。

ま、いずれそのうち、調べてみたいと思います。いずれ…(^^A)
Posted by はもよう at 2007年10月15日 22:25
なんかこう、もっとまばらで、もっと白いのですよね。当たり前のように、そういうものばかりが群生しています。
近いうちに記事にしますので、よろしく(^^;)
Posted by ディック at 2007年10月21日 22:37
ディックさん、私が初めて見たハナタデも、もっとまばらで白っぽかったですよ。
ここのは花付きよすぎで戸惑います。(^^A)
迷うわぁ。

はーい、記事がアップされましたらディックさんのブログへ見に行きますね。
でも、解るかなぁ…私に。(^^;)
Posted by はもよう at 2007年10月23日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。