2005年08月16日

シラヒゲソウ

05_0816_sirahige.jpg




キャンプから無事 帰ってきました。
今年はほとんど毎日 雨ふりでしたが、楽しい4日間を過ごすことが出来ました。
帰ってきた次の日が、お昼から大雨が降るという天気予報でしたので、
ものすごい勢いで 山盛りの衣類を洗って、キャンプ道具のていれをしました。
目が回るほど忙しかったのですが、
子ども達もたくさん手伝ってくれたので、2日間で終わらせることが出来ました。



これからは、宿題の進み具合をチェックしつつ、
キャンプ場で撮ってきた野草の写真を整理して、随時ご紹介していきたいと思います。


まず1枚目は、シラヒゲソウ。
ユキノシタ科ウメバチソウ属の多年草。
私の持っている図鑑には「オオシラヒゲソウ」が載っているのですが、
ごらんのとおりの可憐な花です。
キレイだなあと思って目を留めたら、
図鑑の写真の撮影地が"戸隠高原"になっているじゃありませんか。

戸隠と言えば、キャンプに行くところ。
有ったらいいな。探してみよう…と思って出かけたんですよ。
まあ、キャンプ場…毎年同じあたりにテントを張るものだから…、
その近くには無い と言うことは解っていたんです。
でも、キャンプ場内、いつもテントを張る場所とは少し違う所で、
溝に身を乗り出すように咲いている、この白い花を見つけました。





d_top_050816_sirahige.jpg

↑クリックすると大きな画像になります。

綺麗でしょう?
花びらが細かく分かれていて、名前の通り、白いおひげに見えるでしょう?
真ん中にめしべ、まわりの 小さくて黄色いツブツブが仮のおしべ。
で、黒い(虫みたいに見える)のが、おしべのヤク(葯)…だそうです。

シラヒゲソウの変種が オオシラヒゲソウで、
シラヒゲソウの方は、草丈15〜30cm、花の直径2〜3cm。
オオシラヒゲソウが、花の直径が3〜3.5cm と 一回り大きいようです。

シラヒゲソウは、関東以西の山地に自生していて、
オオシラヒゲソウの方は、秋田県から兵庫県にかけての日本海側の山地に
生えているそうです。
いずれにしても、数が減っていると言うことですので、
持ち帰らずに、その場で 元気良く咲かせておいて あげてほしいです。
花期はこれから…、9月中は咲いているようです。
山道で出会えたら、美しさもまたひときわ と言うものですねぇ。

で、この花。シラヒゲソウなんでしょうか?
オオシラヒゲソウなんでしょうか?   わかりません。
草丈は低かったし、花はそんなに大きくなかったんですが、
よくわかりません。
多年草だと言うことなので、来年、また戸隠に行かれたら、探してみます。
それまでは保留と言うことで ご勘弁ださい(^^;)。…(やれやれ)



台風に大雨に地震…。
(宮城県にお住まいの皆様には、お見舞い申し上げます。)
なんだかいろいろなことがありますが、元気に夏を乗り切りたいものです。

また、まとまりましたら随時、キャンプ場で撮ってきた 野草の写真を
ご紹介しますね。
(今夜はもう遅いので、また明日♪)


posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。