2007年10月03日

我が家のヤマジノ 開花!

今日、明日は 運動部に所属している中学生の大会。正式名称はずっと長いんですけれど、
通称は、新人戦です。息子が所属する部では、2年生の先輩達が中心になって出場するので、
息子の仕事は 応援やら 準備・片付け…かな。

娘の方は、学校の都合で午後の授業がお休み。お昼頃、幼なじみからの手紙と共に帰宅しました。
残暑見舞いのお返事が今日になって届いたんですって。筆まめな友達が居て良かったね。(^^)

朝はお弁当を持って、いつもより早くに出るというので、私も一生懸命早起きしました。
起きたときはまだ暗かったのですが、明るくなってみてびっくり!
鉢植えのヤマジノホトトギスが咲いて居たんです。

07_1003_y_hototogis1.jpg





ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)はユリ科ホトトギス属
山野の林内に生える 高さ30〜60cmの多年草。

9/27の記事でご紹介したとおり、種から育てて3年目、4鉢のヤマジノホトトギスの
うちの一株、一輪目です。
去年は小さな芽を出して、1年たっても葉っぱ一枚くらいにしかなりませんでしたが、
今年はどんどん成長してくれて、9月半ばに葉の付け根の小さな芽を見つけて、
それが日に日に大きくなっていくのを 楽しみに眺めていました。

昨日は、つぼみの下が白っぽくなってきたのを写真に撮ったんですけれど、

07_1003_y_hototogis2.jpg

もう、次の日には咲いちゃうとは思いませんでした。

置き方変えちゃって逆さになっちゃいましたが、次の日咲くのは、左←のつぼみですよ。



そしてこれが今朝の様子。

07_1003_y_hototogis3.jpg

同じはちに4〜5本植わっているんですが、この鉢はつぼみが付いているのはこの一株だけ。
でも、隣のつぼみもきっと明日くらいには咲きますよね。いやぁ、嬉しいなぁ。(*▽*)

ほら、こんなに可愛いの。←いわゆる 親ばか?

07_1003_y_hototogis4.jpg



でも、ちっちゃいかな。そうだ!計ってみよう。

ええっと…直径は…

07_1003_y_hototogis5.jpg

3cmくらい。

高さは…

07_1003_y_hototogis6.jpg

2cmくらい。



「北向きの斜面」で見たのよりは…少しちいさいかな?でも、そんなに変わらない。
で、やっぱり気になるのはここのぷちぷち。

07_1003_y_hototogis7.jpg

透明の小さな水玉のようなものが付いているのはめしべのふちです。
これは何なのか、図鑑にも説明はありません。

おしべと花びらの接点には蜜らしきものは見あたりません。
マメ科の花のように花びらの奥にしまってあるのでしょうか?
あまりそれらしくは見えません。

ですから、蜜腺なのかなと思いはするのですが、証拠がありません。
自分の鉢で咲いたなら、是非、なめてみようと思っていましたが、
とんでもなく小さいです。
これでは指にとるのも大変だけど、絶対、味なんかわかりません。
う〜ん、では、アリさんが訪ねてくるかどうかで判断しよう。


それから面白いと思うのは、この、マジックハンドのハンドルみたいにジグザグな茎。

07_1003_y_hototogis8.jpg

この曲がり角 全てに花が咲いたらすごいでしょうね。
大事に育てて、沢山お花が咲く株に仕立てたいな。この子達の種をもらった株のようにね。



07_1003_y_hototogis9.jpg

全部で4鉢有ります。
他の鉢はつぼみを付けているのが2株…とか、小さいけど5個くらい…とかいろいろです。
どのくらいのつぼみまでお花になってくれるかな?3つくらいまでは確実っぽいけど…
後はどうかしら?これからもしばらく楽しめそうです。

もしかしたら、早起きも苦にならなくなるかも♪なんちゃって。(^^A)






ブログ内関連ページ:
ヤマジノホトトギス
我が家の鉢植え
2007/ 9/27付 「鉢植えのスズメウリとヤマジノ」 つぼみ
2007/ 9/ 4付 「鉢植えのノブドウの実」 
2007/ 5/16付 「カラスウリの芽など」 葉先の露
2007/ 5/ 1付 「セイヨウオダマキの花」 成長中
2007/ 4/ 4付 「ケヤキとコナラの芽」 開き始めの葉

2006/ 4/12付 「我が家の鉢植えたちの今…。」 芽生えの様子
2005/12/ 6付 「ホトトギスの種」 この鉢に蒔いた種の話
 

「北向きの斜面」の花
2007/ 9/28付 「ヤマジノホトトギス」 
2006/ 9/29付 「ヤマジノホトトギス」


posted by はもよう at 17:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(*'▽'*)わぁ〜♪ 咲いたんですね♪
実生から育てたヤマジノホホトギスの鉢植え
いとおしいでしょうね〜はもようさん★
それに応えてちゃんと開花です。
立派なホトトギス模様が付いてますね〜!
こちらまでワクワク気分になってます。
早起きは気分がいいでしょう〜(* ´ー`) にこっ !!
Posted by かえで☆ at 2007年10月03日 19:09
こんばんは。

愛情細やかに、愛しい子供ですね。
研究室ではなく、愛の教室・・・です(笑い)。

鉢植えの気持ちが良く出ておりますね・・・。
Posted by nakamura at 2007年10月03日 21:30
ぼくもカメラバッグに透明な定規を入れることにしようかな。写真映りのよいものを探さなくては…。
Posted by ディック at 2007年10月03日 21:36
私も今日、ホトギスに出会ったのですが、いつも不思議に思っていたのが、
この「透明の小さな水玉のようなもの」です。
蜜かなと思っていたのですが、調べがつきません。
アリが来た時は教えてくださいね。
Posted by ひろし at 2007年10月03日 22:25
かえで☆さん、こんばんは。
は〜い、咲いたんですよぉ。ウレシイですぅ。
♪└|∵|┐♪┌|∵|┘♪←小躍りして喜ぶの図

一日中、何度も側へいって眺めてました。
まだ、あといくつか咲いてくれそうで、楽しみです。
今月はお弁当の日が多くて早起きしなくちゃならないけれど、
ヤマジノちゃんのお花を励みに頑張ろうと思います。
Posted by はもよう at 2007年10月03日 22:54
nakamuraさん、こんばんは。
いやぁ、どうでしょう?
上手く行った鉢ばかり紹介していますが、
その裏で人知れず枯れてしまったものも多いんですよ。
恨みをかってなきゃ良いけど…(^^;)

でも、健気に咲いてくれたこのお花は大事にしたいと思っています。
Posted by はもよう at 2007年10月03日 22:58
ディックさん、こんばんは。
はい、良いですよ。専用の物差し。
これはHP開設準備の頃から使っている 
専用物差しなので、だいぶ傷だらけになってしまいました。

写真に撮って家に帰って、大きさが見分けのポイントだったりして…
あーぁ、計ってくれば良かったな…なんて失敗を何回も繰り返した後に、
やっと常備するようになりました。
今、カバンには折りたたみ式が入っています。(^^;)
Posted by はもよう at 2007年10月03日 23:08
ひろしさん、こんばんは。
ねぇ、私もかねがね疑問に思っていたんですよ、
めしべのこのプチプチは何なのか?

とりあえず今日は一匹のアリもやってきませんでしたが、
このちっちゃいのが蜜腺だとすると、
花粉の媒介者はアリさんくらいしか思いつきません。
本当のところはどうなのか、経過観察がんばります。
Posted by はもよう at 2007年10月03日 23:17
きれいに咲きましたね。
自宅だとゆっくり観察できるのが楽しいですね。
構造の謎も興味深いです。私も市民の森へ行って観察してみます。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年10月04日 13:31
おーちゃんさん、こんにちは。
はい、無事咲いてくれてとっても嬉しいです。
だって、最初は、草刈りで刈られちゃってた茎からですもの。感無量です。

一日たって、今日もまだ散らずにいます。
何日咲いているのか解るのも 嬉しいです。

市民の森のホトトギスのお仲間にもよろしく。美人に会えると良いですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2007年10月04日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。