2007年09月28日

ナツハゼの実 など

ちょっと涼しくなったとおったら、また暑さがぶり返す 今日の我が家の方。
で、真夏日に肉薄したかと思えば今夜から冷たい風が吹きますとか、もぉ、
本当に、みなさん風邪ひかないで下さいね。

さて、今週の水曜日、久しぶりに隣町の公園と裏の北向きの斜面を見てきました。
いつもいつもいろんな発見があったり、嬉しい再会があるお気に入りの観察スポット♪
今回も いろんなものを発見しちゃいましたよぉ〜。

まずは、お花を眺めたあの木のその後…今年初めて気付いた木から
ナツハゼ、ネジキ、カマツカ、サワフタギの4種です。

07_0928_natuhaze1.jpg

ツヤツヤ黒い実な〜んだ?(^^*)




隣町の公園に行こう!と思い立ったのは、そろそろナツハゼが実る頃だからなんですよ。
6月に、こんな木も生えていたのかとびっくりしたナツハゼ。
うつむいて咲く鐘形の花とかわいい刻印付きの若い赤い実を覚えていらっしゃるでしょうか。

ナツハゼはツツジ科スノキ属の落葉低木。

赤かった実は黒っぽく実ります。日本のブルーベリーと言われる実。
山歩きする方達が、山のおやつとして親しんでいらっしゃった実。
お味見するのを楽しみにしていました。 

ささ、公園に着いたら、真っ先にナツハゼに会いに行きましょう。

07_0928_natuhaze2.jpg

ふふ…、実っていましたよぉ。黒くなったら食べ頃のはず。
写真に撮って…ひとつお味見…。(^^;)
リンゴっぽい味かな? う〜ん、想像ほどは酸っぱくない。へぇ〜。

あ、かわいい刻印、お花の形も健在ですよぉ。

07_0928_natuhaze3.jpg

日当たりのよい場所に育つと、夏のうちに葉を赤く染める事が多いので、
「夏にハゼノキのように紅葉する木」…と言うことでナツハゼと呼ばれるようになったとのこと。
ハゼの葉と言えば童謡「小さい秋」の中で『ハゼの葉赤くて入り日色〜♪』と歌われた葉ですよ。

ハゼの葉のように赤くなった葉っぱはあるでしょうか…?

07_0928_natuhaze4.jpg

残念、ここはあんまり日当たりが良くなかったようです。(^^;)
でも、可愛い木を覚えました。今後もまた 見に来ようと思います。



同じ日に見つけた ツツジ科ネジキ属の落葉低木、ネジキの枝先は…こんな風。

07_0928_nejiki.jpg

ナツハゼとは違い、乾いた実です。しかも毒があります。食べられません。
ネジキは葉にも毒があり、家畜などが中毒することもあるので注意が必要な木なんですよ。
お花は白くて壺形でさわやか〜な感じなんですけどねぇ。



ネジキの別名はカシオシミですって。 え?貸し惜しみ…あら、けちんぼ なの?

でもこちらの別名は物騒ですよ。枝のあまりの堅さに、これでぶったら牛でも死んじゃう
ウシコロシとは、バラ科カマツカ属の落葉低〜小高木(←どれなんだい。)カマツカのこと。

初夏に白い花を眺めたその後はどうなったかな?

07_0928_kamatuka.jpg

おお、若い実が付いてます。これは赤く色付く予定。
去年はほんの少ししか見られなかったけれど、今年の実りはどうかしら。楽しみだなぁ。



科も属も、姿もだいぶ違うけれど、名前の、しかも別名のそっくりさんはサワフタギ。
別名は ルリミノウシコロシ。瑠璃色の実のウシコロシ…ですよね。
ハイノキ科ハイノキ属の落葉低〜小高木(←こんなとこだけ一緒)。
沢に蓋をする様に枝を広げる木だから「沢」「蓋」「木」でサワフタギです。
やっぱり枝は硬いのかな?

赤い実のカマツカの後は、青い実のサワフタギ♪  実ってるかな?
木は斜面に立っていて、斜面は今、蜘蛛の巣だらけ…。
蜘蛛の巣をはらっちゃうのは気の毒だから、遠くから望遠で…どうかな?見えるかな?

07_0928_sawafutagi1.jpg

辛うじて、木の枝に青い実が付いているのがわかりますね。
よそのブログで枝に鈴なりの青い実の写真を見て、うらやましがっていたんですよ。
今度は自分で撮れそうです。  また見に来なくっちゃ。
………ところで…画面の右の下端に、カメムシ兄弟が写っていますね。
何カメムシだったんだろうな。この写真じゃあ、解りませんね。

そうそう、もっと近くで青い実を見られるところがあったっけ…。
ぐるっと回って、植木屋さんがいろんな木を植えてくれた公園の別の斜面へ…。

また一段と刈り込まれていましたが…辛うじて、青い実が付いていました。

07_0928_sawafutagi2.jpg

じつは、この場所は あんまり気に入っていないようで、木の元気が悪いんですよね。
1枚目の写真の木はもっと野性的な場所で、勝手に生えて育っている感じなんですが、
2枚目の写真の木は、ツツジやアジサイなどと一緒に人の手で植えられたものなんです。
でも、実は奇麗な瑠璃色ですね。これがもう少し濃い色になるのかな?
楽しみに見守っていくことにしましょう♪



毎年 取り上げているおなじみの木だって、秋の実りの準備を進めています。
でも、今回も新発見が多くて…次は、私が 初めて出会った野草のことなどお話しして…
おなじみの木の実の様子などもお話しできると良いのですが…。





ブログ内関連ページ:

2007/ 5/29付 「ナツハゼ」

2007/ 5/28付 「ネジキ」

2007/ 6/28付 「ネジキとナツハゼ」 若い実の様子

2007/ 5/ 4付 「カマツカ」 

2007/ 5 / 5付 「サワフタギ」



posted by はもよう at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。