2007年09月24日

霧雨の後

昨日は日中、霧雨と小雨が交互に降っていました。
おかげで部活動中の息子はびしょ濡れで帰ってきて、そのユニフォームを次の日も着るというので、
てんてこ舞いしました。
どんよりした雲の下、今日は仕方ないので息子抜きで、お墓参りに行ってきました。

わたし達は雨に遭わずに済みましたが、ところによってしまって雨に濡れた方もあったでしょう。
でも、そんな風に少しずつ、季節は移って 秋になっていくのですね。

07_0924_crystalseeds1.jpg

今日は、霧雨の後のおさんぽで見かけた 草としずくの写真をご紹介します。
1枚目は、最近 数を増やしているムラサキエノコログサの穂と雨粒です。






こちらは 果実の形が面白い マメグンバイナズナ。

07_0924_crystalseeds2.jpg

アブラナ科グンバイナズナ属、北アメリカ原産の2年草です。
タネがひとつずつ入った まん丸の果実がずらりと並ぶ穂の先。
この日は水玉もひとつずつのせて重たそうでした。



大好きなマメ科の花も 水玉と一緒に咲いてます。
マメ科はひときわ 水弾きが良いですから、水玉もころっころです。

07_0924_hai_medo.jpg

こちらはハイメドハギ。マメ科ハギ属、日当たりの良い草地や道ばたに生える多年草です。
最近、身近にメドハギが少なくなっちゃって、これも多分、ハイメドハギですよね〜。
もう少し赤っぽいお花で、あまり地面を這い回らない メドハギはどこかな?



こちらはマメ科ヤハズソウ属のマルバヤハズソウ。ヤハズソウよりは少し目立つ可愛い花ですよ。
ちっちゃくて可憐な 萩の木のミニチュアみたいです。

07_0924_m_yahazu.jpg

茎の先にこれから広がる葉が畳まれているのですが、その、扇のような畳まれ具合が好きです。
葉っぱの上のまん丸な水玉。ころりんと転げちゃいそうですよね。



一雨ごとに秋が深まる今日この頃。
霧が降るような弱い雨の日は、水玉も奇麗につきますから、楽しみですよね。

07_0924_crystalseeds3.jpg

これは…なんの穂かな?イネ科は難しくて。(^^;)でも、水玉はとびきり奇麗。
ビーズを編んだようです♪ きらきら〜☆



草の葉の上に 水玉がこんないたずらをしていきました。
ちょうど クモの抜け殻の上に落ちたしずくで、水晶のクモが出現です。

07_0924_crystalspider.jpg

こんなに奇麗なクモならば、虫が嫌いな人でも見られるかな?




思いがけずに暑かったり、うっかり寒いめに会っちゃったりしますよね。
今、日本列島に雨を降らせている前線が北上すれば、本格的に涼しくなるそうです。
今年は、暑さも寒さも極端な年と予想する人もあるそうです。
賢く上手に 季節の変わり目を乗り切りたいものですね。




ブログ内関連ページ:
水玉
2007/ 7/ 8付 「コケオトギリと水玉」
2007/ 7/ 7付 「水玉さんぽ」
2007/ 5/16付 「カラスウリの芽など」 ヤマジノホトトギスの葉先のしずく
2007/ 4/18付 「ウラシマソウ」 スギナの朝露
2007/ 3/25付 「雨の日の桜」
2006/ 9/26付 「ヒメミカンソウ」
2006/ 8/24付 「近所の道ばた」 ノブドウの葉の朝露
2006/ 6/23付 「小さなカエル」
2006/ 5/19 付 「5月の道ばたの草」 マメグンバイナズナ
2006/ 5/18付 「サルトリイバラの若い実」 葉の上の雨粒
2006/ 5/11付 「雨さんぽ」
2006/ 3/12付 「きれいなもの あれこれ」 ムラサキケマンの葉の露
2005/11/28付 「ベンケイソウの仲間達」 タカサキレンゲとしずく
2005/10/ 6付 「雨続き」
2005/10/ 4付 「秋雨」
2005/ 8/24付 「ボタンヅルとセンニンソウ」 ボタンヅルと雨粒
2005/ 8/15付 「キャンプ報告 3」 葉のふちの露
2005/ 8/ 9付 「雨上がり」

マメ科
2007/ 7/14付 「アキノタムラソウなど」 ハイメドハギの花
2006/10/12付 「マメ科ハギ属の実など」 
2006/ 9/18付 「ヤハズソウなど」 ヤハズソウ、ハイメドハギ、ネコハギの詳しい説明   
2006/ 7/ 8付 「マメ科の葉 いろいろ」



posted by はもよう at 22:52| Comment(7) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

これは、発想に一票!です。雨の滴が主役というのがうれしいですね・・・。
Posted by nakamura at 2007年09月24日 23:07
こちらでは明け方に雨が降ったようなのですが、
午前遅くに散策に出た時には雨露はなくなっていました。残念!
相変わらず、水玉を見つけるのが上手で説明文も洒脱でお見事です。

6月の私の記事をお褒めいただいたことを思い出しました。図々しく、TBしちゃおう。
Posted by ひろし at 2007年09月25日 18:02
ははあ、雨や露のしずく写真は前から何度か拝見していますが、さすがに経験豊富ですねぇ。
下から二枚目はとくに素敵です。
Posted by ディック at 2007年09月25日 19:27
nakamuraさん、こんばんは。
清い一票ありがとうございます。
私、雨の滴党なんです。(^^;)
Posted by はもよう at 2007年09月25日 21:52
ひろしさん、こんばんは。TBありがとうございました。
あら、しずくに間に合いませんでしたか。
今度機会があったら、6月の記事のような素敵な写真、また見せてくださいね。
よろしくお願いします。
Posted by はもよう at 2007年09月25日 22:00
ディックさん、こんばんは。
そうですね、しずくは好きなのでついつい写真に撮ってしまいます。
ブログ内で関連ページを探したら…あるわあるわ。

下から2番目の写真は 大きな写真から線の面白いところだけをトリミングしました。
ディックさんも今度写してみてはいかがですか?
Posted by はもよう at 2007年09月25日 22:10
しずく写真、ぼくも挑戦したいと思っております。
最初はきっと試行錯誤でボツばかりかな。
Posted by ディック at 2007年09月26日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

■ 雨に濡れた草花   07.6.26
Excerpt: 今夜のNHK 「クローズアップ現代」 で 『昆虫に大異変・自然の回復力』 と題して、クマゼミの東京での大繁殖、アキアカネの激減、が報じられていた。前者は都市緑化のために植栽された九州原産のクスノキと一..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2007-09-25 18:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。