2007年09月17日

イヌコウジュ

あっついですね。関東地方は連日の真夏日です。気温は十分、夏ですが、
カレンダーはとっくに9月の半ば。

毎年、秋になると会うのを楽しみにしている じみ〜な野草があるんですよ。
そのうちのひとつがこの花、イヌコウジュ。

07_0917_inukoju1.jpg

こうしてアップにすると大きな花のようですが、シソの仲間ですから小さいですよ。
いつもは隣町の公園まで行って、公園裏の北向きの斜面で会っていたのですが、
今回は、近所の公園の お池の畔で見つけました。

コケオトギリやアメリカタカサブロウなどの水辺好きな草たちに混じって、
あらこんな所にキツネノマゴが咲いてるわ…と思ってよくよく見たら、
キツネじゃなくて イヌだったんですね。(^^;)



イヌコウジュは シソ科イヌコウジュ属、山野の道ばたなどに普通に生える
高さ20〜60cmの一年草。
「コウジュ:香需」とはナギナタコウジュのことで、生薬として利用されるのですが、
似ているけれど薬草にならないと言うことで「イヌ」の名が付けられていると、一応、
説明されてはいるようですが、
いえいえ、暑気払いの薬として民間療法で利用されてますよと教えて下さる方もありました。

07_0917_inukoju2.jpg

そっくりさんのヒメジソとの見分け方もweb検索すると沢山見つかります。
葉っぱのギザギザが浅くて6対以上と多い、萼・特に上の3つが尖る、毛深い…などなど。

ヒメジソの方が湿った場所が好きなはずなんだけど…
私、まだ、うちの近所で ヒメジソには出会っていないようです。

でも写真を沢山見ていくと、イヌコウジュの方は黄緑の葉、赤みさした茎、ピンクの花で、
ヒメジソは濃い緑の葉、緑の茎、白っぽい花…っていう感じのものが多いようです。
ぱっと見で 解る場合もありそうです。でも、迷ったら最後、悩みは深いみたい…(^^;)。

07_0917_inukoju3.jpg

葉を揉むと良い香りがします。
「北向きの斜面」まで会いに行っていた頃は もったいなくて葉っぱをちぎれなかったのですが、
なんだ、こんな近所にあったんだと思ったら、ちょっと気楽になって
一枚ちぎってもんで、匂いを嗅いでみる気になりました。

青臭くて、ツンとして、それから へぇ〜と思うような良い匂いがしてきます。
そっくりだけどヒメジソの方が匂いは薄いそうですよ。

07_0917_inukoju4.jpg

基本 ちっちゃい草ですが、時々、60cmくらいの大株になります。
公園の中でも見つけました。全然ちゃんと写ってませんが、(^^;)
大株のある場所も覚えました。

07_0917_inukoju5.jpg

よし、今度からはご近所づきあいしちゃうよぉ。
花は小さいし、一度にたくさん咲くものでもないので、すごく地味なんですけどね、
何となく惹かれちゃう 姿の良い野草なんですよ。近所で見つけられて嬉しいです。




ところで、池のほとりで、こんな花後に会いました。

07_0917_ki_matuba_n.jpg

ああ、これは…キバナノマツバニンジンの実じゃないか。
へぇ、あの優しい黄色の 午後にしか咲かないお花、こんな風に実るんだ。





ブログ内関連ページ:

イヌコウジュ
2006/11/22付 「草もみじ」 花後の萼
2006/ 9/28付 「北向き斜面の秋の花」 再会
2005/11/21付 「11月のイヌコウジュ」 花後の萼
2005/10/ 4付 「イヌコウジュ」 詳しい説明


キバナノマツバニンジン
2007/ 7/ 4付 「キバナノマツバニンジン」

アメリカタカサブロウ
2006/ 9/19付 「タカサブロウの仲間」

コケオトギリ
2007/ 7/ 8付 「コケオトギリと水玉」 花と露
2006/10/12付 「小さい実り」 実と紅葉
2009/ 8/ 6付 「コケオトギリと?」 詳しい説明

キツネノマゴ
2005/12/ 6付 「キツネノマゴ」



posted by はもよう at 18:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも行く市民の森にもイヌコウジュが咲くとの情報があるのですが、まだ見ていません。キツネとも間違うのですね。近く探してみます。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年09月17日 21:20
あれ?18:07、今日の話題をイヌコウジュにするかコブシにするか、
迷っている時間でした。
結局コブシにしました。
イヌコウジュは、ヒメジソかナギナタコウジュが開花したら取り上げようか、と思っています。
Posted by ひろし at 2007年09月17日 21:25
こんばんは。

こういう小さな花は難しいですね。
花と葉っぱで見るのでしょうが、さっぱり!(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年09月17日 21:41
おーちゃんさん、こんにちは。
はい、キツネノマゴかと思いました。
咲き終わって萼がずらりと並ぶようになったら見間違えっこないのですが…(^^;)
どうぞ見つけてくださいね。
Posted by はもよう at 2007年09月18日 15:14
ひろしさん、こんにちは。
あら、そちらではコブシを取り上げたんですね。
早速見せていただきにうかがいます。

ヒメジソやナギナタコウジュが咲いたら、比べて記事にしてみたいですが、
まだ見つけたことがないので、今後の楽しみにとってあります。

ひろしさんの記事ができたら、参考にしよっと(^^)vちゃっかり
Posted by はもよう at 2007年09月18日 15:18
nakamuraさん、こんにちは。
はい、花も葉も小さくて手がかりも小さいので、見分けが難しいです。
こんな記事に書いちゃってても、ひょっとして違うかなと心配になったりします。

ま、でも可愛い花だって言うことだけは間違い無しです。(^^)
Posted by はもよう at 2007年09月18日 15:22
●昨日、山道を歩いていたときに
たくさん咲いていました。
キツネノマゴかなと、しゃがんで見たら、
これでした(名前忘れていたので、ここで
また、あっ、コレコレ!と)。
匂いをかいでこなかったのが残念です。

清楚なお花ですね。
ハーブのように見えました。

秋の山道は、興奮の極みです。
あまり行けないと思うと、欲張って写真いっぱい撮って、あとで夜なべで整理するハメに(それもまた楽し、ですが)

こちらも毎日夏が居すわったままです。
Posted by るな at 2007年09月18日 17:11
るなさん、こんにちは。

あ、そうそう、ハーブのようですよね。
子ども達の用事がいろいろあって、身動きできない私には
るなさんの田んぼ行きドライブがうらやましいです。

確かに秋の山道なんか歩いたら、後で整理に困るほど
写真を撮って来ちゃいそうです。
ほんと、それもまた楽しですよねぇ。

もう少し、暑いみたいです。そちらのほうが暑いんですよね。
お体に気をつけてくださいね。
Posted by はもよう at 2007年09月18日 17:19
はもようさん、こんばんは。
今、イヌコウジュかヒメジソか
さてはて、それ以外のお花か、まよっているお花があります。

わりと大きな株で、
イヌコウジュでも60センチぐらいになると
書いておられましたよね。
もう少し、大きくてもっさもっさしてる感じ。

葉っぱのまわりのぎざぎざも6対ぐらいで、
お花が紫っぽいので、イヌコウジュかなぁ〜
でも、その問題の葉っぱがどうもツルツルしているようで、
光沢があるのです。
新しい葉っぱだからだと思う反面、
何かどこかがおかしい・・なんて・・

でも、はもようさんの写真や記事を読ませていただいていると、
イヌコウジュのような気がしてきました。
ほんま、むずかしいですね。


Posted by ブリ at 2007年09月19日 23:13
ブリさん、おはようございます。
私も、自分で記事にまでしておいて迷ってま〜す。←おいっ!
イヌコウジュとヒメジソ。見分けポイントを説明されて 見てみるんですけど、
何だかピンと来なくて…。(^^A)

でも…葉っぱがツルツルはイヌコウジュっぽくないですねぇ。
なんだろう。(’’?)
ブリさんちの方はいろんなお花がありそうですものねぇ。我が家の近くよりも、
さらに難しいかもしれませんね。

でも、悩むのもまた楽しみのうちかな?なんて思います。
疑問を持って眺めているといつか自然と答えが見つかったりして、そんな瞬間が楽しくて
ついつい のめり込んできましたので…。               (^^;)ふぁいとっ!
Posted by はもよう at 2007年09月20日 10:02
はもうようさん、ありがとうございます。
そうなんですよね。
ネットや本で、これだ!と思うときありますもんね。
もう少しねばってみますかぁ〜
Posted by ブリ at 2007年09月20日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。