2007年09月01日

街の木の秋支度

今日から9月。早いですねぇ。
6月は空梅雨で、7月には災害続き、8月は記録的な猛暑…と、とんでもない夏でしたね。
暑さを耐えた体には、きっと疲れがたまっていると思います。
十分にいたわってあげてくださいね。

記録的な猛暑に見舞われた大地をさまして、秋へとつなげる雨が降る季節。
傘が邪魔なくらいの弱い雨が一日中降っていました。
街の木たちも そろそろ夏を納めて、秋の支度を始めます。

07_0901_fuyou1.jpg

夏を見送る大輪の花、フヨウ(芙蓉)が雨に濡れて咲いていました。
ムクゲ、ハイビスカスとつないできたアオイ科の夏のお花リレーの最終走者…かな?(^^)

大きくて、柔らかくて きれいな色の花びら。長〜く伸びためしべ、華やかさを添えるおしべ。
中国では美人の代名詞だそうですが、本当にきれいな花ですよね、フヨウって。

07_0901_fuyou2.jpg

子どもの頃、祖母に初めて名前を聞いてからずっと、特別に好きな花なんです。
1枚目の写真はつぼみと一緒でしたが、上の↑写真は若い実と一緒です。
これからここにキラキラの綿毛に包まれたタネが いっぱいに詰まるんですよね。




街路樹のコブシの実のサヤが、早くもはち切れそうです。
若いうちは緑色で ほんのり赤みもさしていたのに、すっかり実ったらサヤは黒くなるんです。

07_0901_kobusi1.jpg

真っ黒いサヤに真っ赤な実。鳥さんへのアピールのためには必要不可欠な お色直しです。
鳥さんたちに人気の実なんですよね。こんな所見たら、よだれごっくん…かしら?

よく、実が子どもの握り拳に似ているから「コブシ」と呼ぶって説明されますけど、
握りこぶしに似ている実も有りますけれど少ないですよ。

大抵は、靴下にボールをを無理矢理詰め込んだような 実とは思えない姿になります。
私も初めて見たときには 虫こぶだと思いましたもの。

07_0901_kobusi2.jpg

これは長さが5cmくらいの大きめの実。サヤがはじけて中の赤い実が出てくるんですが、
この赤い実が糸でぶら下げられて、鳥さんたちの目をひくという 凝った造りです。
し、か、も、赤い実の果肉を取り去ると中のタネはチョコレート色の腎臓形。
運が良ければ、とっても可愛いハート形になるんです。

鳥さんたちがくちばしで器用に向いてタネだけ落としてくれますから、これからの季節、
ハート形のチョコチップ♪みたいなタネを求めて、下向いて歩きたくなっちゃいます。(^^)



近所の並木道で今年、大きかったトチノキが、思いっきり剪定されちゃったんですよねぇ。
大きくなり過ぎって所かしら?
そうしたら、今年はとんでもなく大量の実を付けました。

07_0901_totinoki1.jpg

トチノキの花って お皿一杯のカニ缶の中身みたいに 山盛り咲くんですけれど、
いつものその中のほんのいくつかしか実にならなくて、効率の悪い花なんですよ。
まあ、もっとも、実のひとつひとつが大きいんですから、あんまりいっぱい実っても
重くて、枝が支えきれないのかもしれないんですけどね。

07_0901_totinoki2.jpg

ところが今年はその、重くて枝が支えきれないんじゃないのかというほど実がついています。
ああ、重そうです。
ここに台風なんか来たらひとたまりもないかも…。
千成り瓢箪並みに実を付けた街路樹のトチノキ。今後の展開が気がかりです。


ブログ内関連ページ:

トチノキ
2007/ 5/11付 「ハリエンジュとトチノキ」
2007/ 1/20付 「トチノキの冬芽と枝振り」
2006/ 4/17付 「木の芽いろいろ その3」 ベニバナトチノキなどの芽吹き方
2006/ 2/19付 「枝振り観察ツアー」 トチノキの枝振り
2006/ 2/ 6付 「ベニバナトチノキの冬芽と葉痕」 ベニバナトチノキの可愛い小鬼ちゃん
2005/11/ 7付 「昭和記念公園」 トチノキの黄葉



コブシ
2006/ 3/25付 「春の枝先 おなじみの木」
2006/ 2/27付 「身近な木の芽 その3」 ハナミズキ、コブシ、リョウブ
2006/ 2/10付 「身近な木の芽 その2」 モミジバフウ、イチョウ、コブシ、ハナモモ、オニグルミ

ずっと追いかけてます、コブシとハクモクレンの違い。その記録はこちら。↓

2006/ 1/16付 「ハクモクレンとシモクレンの花芽」
2005/12/10付 「ハクモクレンの落ち葉」
2005/10/31付 「みのり いろいろ(記事にした実、その後)」
2005/ 9/28付 「コブシの実 その後」
2005/ 9/ 9付 「コブシとハクモクレンの比較 (実)」



サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「山の木」> コブシについて



posted by はもよう at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーむ、大変だ。来週はコブシを確認にいかなくては…。
(昨日はアカメガシワの実というか種の付いたあの房みたいなやつが落ちているのを拾いました。木が崖の上で高くて、近くに寄れなかったので、近くでしげしげと見るのは初めてですが、あれも手にとってじっくり観察すると、なんとも妙なものですねぇ)
Posted by ディック at 2007年09月03日 21:46
ディックさん、おはようございます。
はい、コブシの実、見に行ってみてくださいね。(^^)

アカメガシワですかぁ。
痛くないトゲトゲに真っ黒なタネが入っているヤツですね。
まあ、あの辺のトウダイグサ科は変わり者ぞろいですからねぇ。
木の実は結構、落ちて居るもので観察できますから、これからは
下も向いて歩かないとならないので忙しいですね。(^^;)
Posted by はもよう at 2007年09月04日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。