2007年08月27日

シキンカラマツなど…

とんでもない夏でしたが、8月も最終週に入りましたね。猛暑日も今日まで…らしいですよ。
もう一がんばりです。
都内では一足早く始業式という学校もあるそうです。宿題はもうお済みですか?わが子たちは今日もまだ、取り組んでおりますよ〜。(*^ノ^)ノ頑張れ〜♪

07_0827_sikin_k1.jpg
戸隠で見てきたお花の記事。今日は、キャンプの日程とお花の咲くタイミングのお話です。

まずは キンポウゲ科カラマツソウ属シキンカラマツ(紫錦唐松)の花。
初めて見つけたのは、きれいにお花が咲いていた2年前のこと。翌年も、きれいに咲いていました。
でも今年、咲いていたのは このひと株だけで、しかも終わりかけ…(^^;)。

キャンプに行くのは毎年、お盆休みです。カレンダー上はほとんど同じ頃に行くのですが、
お山の生き物たちの上に流れる時間は、少しずつ違っています。

いつも会える花、会えない花。つぼみでしか会えない花…実を見られない花…そんなお花たちをご紹介です。



去年、一昨年、戸隠で見たシキンカラマツは、みんな同じように花盛りでした。
2006/ 8/28付 「シキンカラマツ」
2005/ 8/21付 「シキンカラマツ」


どこで写真を撮っても同じよう…でも今年は違いました。キャンプ場でしか撮れませんでしたが、
みんな花後になっていました。

1枚目の写真のような花が咲いて…派手な紫色の部分はガク(萼)で…中央に黄色いおしべとめしべがあって…
受粉がすむと ↓こんな風になるんですね。

07_0827_sikin_k2.jpg



1年のうち、ほんの4日間しか居られないキャンプ場で 木や草を見ていて一番思うのは、
つぼみから花、花から実への変化をみられないのが残念だと言うこと。
でも、何度も通っていると こんな年もあるんですね。

07_0827_sikin_k3.jpg

何だか妙にもっさりとしたこの姿。
シキンカラマツだよと証明するように、あの華やかな色のガク(萼)が残っています。




そっくりさんがあって、見分けのポイントは実だよって図鑑に書いてあるのに、毎年花が開いたばかりで、
実は見られない…つまり、決め手に欠けるので名前が解らないお花があります。

07_0827_t_kikeman1.jpg

とってもきれいな、ケシ科キケマン属っぽい 黄色いお花。
図鑑に載っているそっくりさんのうち、葉っぱの形がまったく違うものを除くと…
候補は ツルキケマンとナガミノツルキケマン。

07_0827_t_kikeman2.jpg

多分…ツルキケマンだと思うんですけど、どうでしょうね。(^^;)
それから…草の姿からしても…どうして名前に「ツル」って付いているのかわからないんですけど
良いんでしょうか?  (^^A)




戸隠でキャンプした最初の年に出会ったお花に、今年は久しぶりに会えました。
しかも、以前はつぼみでしたのに、今年はお花が開いていたので喜びもひとしおです。(^^)
それがこの、キク科ヤマハハコ属の多年草 ヤマハハコ。

07_0827_y_hahako1.jpg

あはは…開いていてもいなくても、ほとんど見た目が変わりませんが…。
でも、大好きなお花だし、思い出のお花です。

キャンプ場の道ばたに大きな株があって、最初の年は見ただけで、翌年、写真を撮りました。
2年目、つまり3年前の2004年は↓かなりかたいつぼみでした。

camp2004_02.jpg

毎日眺めて、今日咲かないかな、明日はどうかなとにらめっこしていたのですが、
滞在中に 咲くことはありませんでした。
2005年に行ってみるとおなじみの株は刈られてしまって、お花を見ることは出来ませんでした。
家族キャンプと言っても団体行動中です。お花を探して1人で出歩くわけにはいかないので、あきらめていました。

今回はキャンプ場ではなくて、最終日に、名残のソフトクリームを食べたお店の お庭に咲いていました。

07_0827_y_hahako2.jpg

きれいでしょう?ドライフラワーとしても人気なんですって。でも、キク科ですからね(^^)、
白い部分は花びらではなく「総苞片:そうぼうへん」といって、ガク(萼)のようなものです。

オスの株とメスの株に分かれます(雌雄異株)。
  …というか、両性花しかない株と めばなだらけの株に分かれるそうです。
黄色いところに 筒状の花が集まっていて、両性花ばかりの株はタネを作らず、
ほとんどがめばなで 両性花が少し混じる程度の株に タネができるのだそうです。

街中でよく見かけるハハコグサは、どちらの株でもバンバン タネを作っちゃうので、
「ハハコグサ」と言う名前が付いているのに、属を分けられているそうです。
キク科だから…タネは綿毛なのかしら?…見てみたいですねぇ。

そっくりさんに「ホソバノヤマハハコ」と言う種類もあるそうですが…
どちらも、葉っぱの幅には 個体差があって…葉っぱの幅の狭い ヤマハハコや、
葉っぱの幅の広い ホソバノ… もあって、ややこしいです。これ、ヤマハハコであってるかな?(^^;)




最後に、どうしても…。どうしても、お花が見られない 気になるつぼみも ご紹介します。

07_0827_turuninjin1.jpg

ほら、茂みにからんだツルに、何かの実のようなものが点々と付いていますよね。

去年はもっと小さい姿を写真に撮っています。

07_0827_turuninjin2.jpg

同じつる草に付いている気になるもの♪ 今年は、もう少しふくらんでいました。
何だろ何だろ…気になるんだけれど、パンパンにふくらんでいるんだけれど…
実じゃなくてつぼみっぽいんだけれど…どぅーっしても、開いてくれません。

07_0827_turuninjin3.jpg

このつぼみ、キキョウ科ツルニンジン属のツルニンジン、別名ジイソブに 似ています。
つるの途中に付いている4枚 輪生っぽい葉っぱが、その根拠です。

ぷうっとふくれたつぼみは もう少しふくれ続けて、やがてホタルブクロを地味にしたような、
渋めのお花になるんじゃないかしら?。

そっくりでもう少し小柄なつる草に付けた名前が「パアソブ」…木曽の言葉でおばあさんのそばかすのこと。
もすこし大きいからこっちはジイソブって言う命名法の別名があるそうです。

ふたつ揃えて、長寿のお守り…なんてね(^^)v
咲いたところ、見てみたいな、ジイソブの花。でも今年もやっぱり、つぼみ止まり。ああ、残念。




今年は多分、冬が暖かかったために、お花のカレンダーは少し進み気味…みたいです。
去年一昨年、目を楽しませてくれたクサフジはほとんど見受けられませんでした。
来年はどんなかな?
年に4日ずつの定点観測も、回が重なればそれなりに面白い観察になるかもしれませんね。

お山で見てきた花の記事、もう少し続きますが、今日はこの辺で終わりにします。(^^)


posted by はもよう at 17:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

山の楽しみがにじみ出ておりますね・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年08月27日 21:49
はじめまして、YAKUMAと申します。
シキンカラマツの花は、7月の終わりに行った、長野県の山中で初めて出会いました。
写真を撮ってきたのですが、微妙にピンボケで、また今度いつで会えるかわからないのに残念なことをしてしまいました。
こちらのブログでシキンカラマツの花を見つけ、うれしくてコメントさせていただきました。
またお邪魔させていただきます。
Posted by YAKUMA at 2007年08月27日 23:05
キャンプ場での野草観察も年月を重ねれば素晴らしい記録ですよネ!
シキンカラマツはカラマツの中で一番ゴージャスでしょう!
私はブログするずーっと以前に蓼科高原で写しました!
はもようさん これはツルニンジンでしょう。
この黄緑の蕾が割れて、ガクになって反り返り中から渋い
ソバカス美人が現れます〜♪
近くの里山などの林縁に見つかりそうですよ〜逢えると良いね!



Posted by かえで☆ at 2007年08月27日 23:35
戸隠ならでは。いろんな山の花に会えるのもキャンプの楽しみですね。
去年シキンカラマツの種子をいただいたので、昨秋と春に蒔いたのですが発芽しませんでした。会いたい花です。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2007年08月28日 12:59
うーん、楽しそうな雰囲気が記事から伝わってきて、うらやましいです。シキンカラマツはきれいですねぇ。
Posted by ディック at 2007年08月28日 22:05
nakamuraさん、こんばんは。
はい、お山(戸隠)は楽しかったです。

ただ、まわりじゅう 木や草に取り囲まれていたのに、ゆっくり見るヒマがなかったのが残念です。
何もかも想うとおり…にはいきませんね。(^^;)
Posted by はもよう at 2007年08月29日 00:20
YAKUMAさん、いらっしゃいませ。
えぇっと…ひろしさんのブログでお見かけした方ですね。
よろしくお願いします。(^^)

シキンカラマツは自生地が限られているお花です。
多少上手く写らなくても、写っても、会えて良かったですね。

こちらからも訪問させていただきますね。
今後ともよろしくお願いします。(ぺこり)
Posted by はもよう at 2007年08月29日 00:28
かえで☆さん、こんばんは。
はい、たった4日でも、毎年通っているといろんな事があって楽しいです。(^^)

そうそう、かえで☆さんは、蓼科で出会っていらっしゃるんでしたね。
シキンカラマツ、地味なカラマツソウのお仲間たちとは違って
1人華やかですよね。

ツルニンジンっぽいつぼみ、ツルニンジンで良いみたいですか?
良かった♪
えっ?これがガクになるんですか?
そっか…咲いたところが見たかったです。
うちの近所でも、探してみます。
Posted by はもよう at 2007年08月29日 01:15
おーちゃんさん、こんばんは。
種蒔きしたのに芽が出なかったのは残念でしたね。
自生地が限られていることだし…、
育つためには、何か必要なものか、条件でもあったのでしょうか。

どこかで会えると良いですね。(^^)
Posted by はもよう at 2007年08月29日 01:20
ディックさん、こんばんは。
はい、キャンプは数少ない我が家のお楽しみのひとつですので。
毎回、めいいっぱい楽しんできます。

シキンカラマツはきれいなだけでなく、
とっても背が高くて見栄えのする野草です。
お山で会えるととってもうれしくなりますよ。(^^*)
Posted by はもよう at 2007年08月29日 01:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。