2007年07月25日

カブトムシ発見!!

今日もそこそこ晴れました。今年は暑い夏だって言ったり、寒いって言い換えたり、
でもってまたまた、普通の夏って言い直したり…お天気を予報する方たちも、
ずいぶん悩んじゃう今年の夏。関東地方の梅雨明けはまだかな?

まだまだ続きます。7/20の「北向きの斜面」での大発見レポート。
アオギリの変化を確かめ、ヤマユリに会い、ウワミズザクラの実り具合をチェックして、
隣町の公園の園内に きのこを探しに入った私ですが、ここでまたまた、
今まで 見たことがなかったものに出会えました。

とりあえず、今年最初に見つけたニイニイゼミの抜け殻から〜。

07_0725_ninizemi.jpg

小指の先程で、ずんぐりしていて、泥だらけ。それがニイニイゼミの抜け殻の特徴です。




斜面側の入り口近くのシロシキブの蜘蛛の糸だらけの枝で、
途方に暮れてた イチモンジ カメノコ ハムシちゃんのクリアボディ。
ふふ…透明な甲羅のカメちゃんみたい。可愛いな。

07_0725_itimonji_k.jpg

ムラサキシキブのお仲間の葉ならだいたいなんでも好きなので、
お仲間を見つけると、ついつい覗いちゃいます。この日はビンゴでした。



坂を上がると、
6/29にご紹介した「オジロアシナガゾウムシ」かな?を見た カンナが咲いてます。
カンナの花は、鮮やか色が苦手なこのデジカメで撮ると色がつぶれちゃうけれど、
花の上のトンボなら…綺麗に撮れました。

07_0725_tonbo.jpg

羽根の先に茶色のライン。
こんなデザインのトンボは…あとで赤とんぼとかになる種類かしら?



草むらに飛んできたのは、ヒメウラナミジャノメかな?

07_0725_hime_ura_jano.jpg

5/30にご紹介した写真と比べると…
だいぶ人生(?)長そうです。






で、大発見はと言うと、”樹液を吸っている最中の”カブトムシに会えたことです。

07_0725_kabuto1.jpg

な〜んだ、そんなこと〜とか、自分なんか○○回も見てるさ〜とか、
そういうリアクションは まぁ、その辺においといて。

07_0725_kabuto2.jpg

なにぶん街育ちです。
キャンプにはもう20年がところ通ってますが、肌寒い高原ばかり。
しかも川や湖のそばで、天気は大抵、雨。←同行者が暑がりの釣り好きでしたのでね。

カブトムシは夏になるとお店で売られて居るもの…の領域からでたことがなく、
去年メスのカブトが蜜を吸っているのを目撃したのが精一杯だったので、
自分の中では快挙です。(^^)

その時の記事
2006/ 7/30付 「ここ数日」 カブトムシ目撃談 画像無し

07_0725_kanabun.jpg 相棒のカナブンさん。

たくさんいるとは聞いていた「隣町の公園」ですが、どの木にいるのか具体的に解りましたので、
こんどは息子も誘ってもう一度見に来ようと、何度も場所を確認しました。

07_0725_konara.jpg

公園のひときわ大きなコナラの木。がっしりした枝振りです。
木の根元には 鳥に食われたらしいカブトムシの残骸が落ちてます。
曇っては居たけれど、真っ昼間にこんなに無防備で ずっと蜜を吸い続けていましたから、
カラスに食われても不思議はない…っていうか、カラスにとってはいいご馳走?

ちなみに、観察中にスズメバチも飛んできました。(怖いよぉ。)
この前 名前が解ったヨツボシケシキスイとか、他のちっちゃな虫たちもいっぱい居ました。
虫さんたちにはすっごく魅力的なんだろうなぁ。

07_0725_kabuto3.jpg

あたしが戻ってくるまで 元気で居なさいよ。去り際 カブトムシに再度、念押ししてきました。
この次行くときも、元気な姿で待ってて欲しいものです。




ブログ内関連ページ:

ニイニイゼミ
2006/ 7/21付 「ニイニイゼミ」 成虫の写真も


「北向き斜面」の虫たち
2007/ 7/17付 「キボシカミキリ」
2007/ 7/18付 「綺麗な花とクモ」
2007/ 7/19付 「小さな甲虫」 ヨツボシケシキスイ 他
2007/ 7/22付 「幼虫 いろいろ」 ヤゴの抜け殻 など

2007/ 6/29付 「6月に出会った虫たち」 ウラナミアカシジミ 等
2007/ 5/30付 「5月に出会った虫」 ヒメウラナミジャノメ 等


2006/ 9/29付 「9月に出会った虫」 ツクツクボウシ 等
2006/ 7/12付 「北向きの斜面の虫」 シマサシガメなど

2006/ 5/12付 「アリとエゴノキの虫こぶ」
2006/ 5/11付 「ジンガサハムシの仲間」
2006/ 4/14付 「おさんぽ中に出会った虫」 地中のセミの幼虫


2005/11/ 2付 「サンショウの木の上で」 アゲハの幼虫
2005/ 8/21付 「セミの観察 その2」 ミンミンゼミ
2005/ 8/ 7付 「セミの羽化」 アブラゼミの羽化
2005/ 8/ 4付 「セミの声の観察」 昆虫の画像無し


posted by はもよう at 20:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくが子どもの頃はまずニイニイゼミが出てきて、しばらくしてからアブラゼミが出てきました。最近はニイニイゼミの声も聞こえないし、抜け殻すら見なくなりました。いきなりアブラゼミという感じです。
そう言えば、今年は蝉の声をまだ聞いていないような…。
Posted by ディック at 2007年07月25日 22:05
これは、これは、大発見・大感激の様子が伝わってくるレポートですね。
カブトムシはクヌギやコナラなどの樹液が大好物なんですね。
“樹液酒場”の所在地は秘密にしておきたいところですが、このレポートを読む限りでは誰かにすぐに見つけられてしまいそうですね。
Posted by ひろし at 2007年07月25日 22:10
ディックさん、おはようございます。
あら、そうですか?
我が家の方では、ニイニイゼミとアブラゼミが
競争で出てきて、競うあうように鳴いてます。

ちょっと、でもほんのちょっと遅れてミンミンゼミも参戦し、
我が家の周りは、日差しさえあればセミしぐれです。
うるさい、うるさい。(^^;)もぉ、たぁいへん。

カナカナがたま〜に来て、鳴いてくれるとうれしいですが、
今年はどうかな?
Posted by はもよう at 2007年07月26日 09:15
ひろしさん、おはようございます。

はい、感激しました。何度も確認に行っちゃいました。
実は、「北向き斜面」にももう一カ所、目星はつけておいたのですが、
そちらを覗いたとこには何も来ていなかったので、
期待していなかっただけにうれしかったです。

ものすごく目立つところにはあるのですが、
みんな芝生で遊ぶのに夢中で、誰も気に留めていないようでした。
このまま、放っといてもらえるのが一番なんですけど、どうかな。
Posted by はもよう at 2007年07月26日 09:23
はもようさん、今朝はミンミンゼミが鳴いてました。一匹だけ…。今年初めて聞きました。
十年くらい前までは、ミンミンゼミは明るくなると大軍で移動してきて、うるさくてそれで目が覚めるほどだったのですが、そういう群れが少なくなりました。彼らは群れで少しずつ移動していくようです。
ミンミンゼミの大軍を受け入れる木が少なくなってしまったのだから、仕方ないですかね。
かみさんの話だと、昨日も鳴いていたそうですが、ぼくは昼間はいないから…。
ニイニイゼミは、もうここ数年見かけません。
Posted by ディック at 2007年07月26日 21:50
ディックさん、おはようございます。
え〜っ!?ミンミンゼミって群れで移動するんですか?
へぇ〜。知りませんでした。
…っと耳を澄ますと…あら、今日はミンミンゼミの声がしません。
今度もっと注意して聞いてみます。

これからのそちらの方は…南国出身のクマゼミが多くなるのでしようか…?
Posted by はもよう at 2007年07月27日 12:11
はもようさんもカブト見つけたんですね〜。
しかも昼間に発見とは、
よほどお腹がすいていたのか、
平和な場所かですね。
自分も田舎にいますが、
昼間に出会うことはまずなくなりました。
自分が子供の頃はわんさかと見つけたんですけどね〜。
Posted by bigtree at 2007年07月28日 07:40
bigtreeさん、こんにちは。
やっとみつけましたよ〜。しかも真っ昼間に。

弱いカブトは、夜のうちに食事が出来なくて
日が出てからにずれ込んじゃうと聞いたことはありますが…、
7/20頃は夜中、雨の日が続いて、夜中には出掛けられなかったのかもしれませんが…
午後でした。…いいのか?

しかも、この場所、カブトの残骸が点々と落ちてましたから、
決して、安全 平和な場所ではないはず。

もう一度行ってみたいと思っているのですが…これがなかなか…(−−;)
思うにまかせぬ、夏休みを送っております。

bigtreeさんちは、楽しい夏休みですか?
Posted by はもよう at 2007年07月28日 11:08
はもようさん、以前は付近一帯に大きな木がたくさんありました。ミンミンゼミは群れでやってきて、次々と移動していきます。彼らが近くにいる間はじつに騒がしいですが、ずっと鳴き続けているわけではなく、ほかへ移動していきます。
というわけで、今晩は、ミンミンゼミのちょっと自慢の写真を掲載します。
あ、雷の音が! ぼくのほうは、パソコンを切ります。二晩続きの雷雨には困ります。

あ、クマゼミですが、クマゼミはぼくが子どもの頃はとても珍しかったのに、鳴き声はここ数年よく聞くようになりましたね。
Posted by ディック at 2007年07月30日 21:53
はーい、ディックさん、こんばんは。
雷の被害を防ぐには、パソコンはコンセントから外さないとダメなんですけど、
大丈夫ですか?

はい、ご自慢の写真、これから拝見しに参ります。

ミンミンゼミはちょうど今朝も鳴いていましたが、
声の様子からすると一匹のようでした。
さんざん鳴いてぷいっとどこかへ飛んで行ってしまいました。
うちの方では、群れは作ってないのかな?
引き続き、気をつけてみます。(^^)

クマゼミ…うちの方でも鳴いているのかな?まだちゃんと聞き分けられません。
こちらも引き続き頑張らねば。(^^)

パソコン、お大事に〜。
Posted by はもよう at 2007年07月30日 23:09
はもようさん、何年か前の初秋の真夜中、落雷が電話線から入ってTAがやられ、パソコンから煙が出たことがあります。それ以来、ゴロゴロという音を聞きますと、家中のパソコンのタップのスイッチを切ります。スイッチ付きのタップを導入して、電源から切り離せるようにしています。ぼくのパソコンはとくに無停電電源装置を間に入れ、アースをとり、タップは雷ガード付きですが、それでも危険を感じたらタップのスイッチを切るようにしています。
クマゼミですが、鳴き始めたらイヤでもわかります。聞き分けられないということはありえませんよ。今年はこちらでもまだ聞いていません。
Posted by ディック at 2007年07月31日 21:25
デイックさん、
あらら、もうすでに落雷を経験済みでいらしたんですね。
うちの近所では数年前に、
夏休み中の小学校に落ちて、配線が かなりダメになったそうです。

こんどは台風5号、西日本に接近中ですって。
困った夏ですね。(^^A)
Posted by はもよう at 2007年07月31日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。