2007年07月22日

幼虫 いろいろ

今日は午後、結構晴れました。部活動で野外にいた息子は見事に焦げ目つけて帰ってきましたし、
とうとう、しびれを切らした蝉たちが梅雨上げを待たずに、大合唱を始めました。
でも夜にはまた雨…。変な夏ですね。

さてさて、怒濤の更新から、古い記事がひとつこぼれてしまいました。
コレは「北向きの斜面」草刈り前の 
近所の虫事情のうち、「キボシカミキリ」「綺麗な花とクモ」「小さな甲虫」に続く記事です。

「北向きの斜面」のてっぺんに、とっても大きなノイバラの茂みがあるんです。
虫には人気の木ですから、何かいるかなと覗いたら、あらま、葉っぱに大きな実(?)。

07_0722_baratama.jpg

いえいえこれは虫こぶです。バラハタマフシ。バラハタマバチが作った虫こぶです。
虫こぶの中でも美形で有名。やっと会えてうれしいです。
この中には イモムシの形の幼虫ちゃんがいるんですよ。…でも大丈夫、撮ってません。(^^;)
公園の池のそばで、「キバナノマツバニンジン」を眺めていたら、そのうちの大きな株の茎に、
ヤゴがつかまっているのを見つけました。ヤゴはトンボの幼虫ちゃん。

07_0722_yago1.jpg

霧雨の日でしたので、水玉がいっぱい付いています。
水玉に負けないほどの うるうるの瞳でこっちを見ているように見えたけど…

07_0722_yago2.jpg

もぬけの殻でした。(^▽^)

カラの中から飛び出てる 白い糸のようなものは、どの抜け殻にもあるんですが、
もともとの体と 新しい体の 呼吸をつなぐチューブのようなもの なんですって。
「脱皮」という大仕事のためだけに用意された命綱。
すっかり終わって、もう要らないの。
無事におとな(成虫)になれて良かったね、おめでとう。

さて、このヤゴ…どなた?




公園の隅の大きな木。木の根元のすぐ際に 子どもがいたずらしたような
穴がいっぱい空いてます。
すり鉢のような砂のへこみ…。これこそが、あり地獄。

07_0722_arijigoku.jpg

実は公園のフェンスの向こうに 廃屋があったんです。
いつ壊れるか解らないほど古くて危ないので、今年の春に取り壊されました。
きっとその廃屋の屋根の下にいたんですね。

近くの木の根元に、たくさんのあり地獄が見られるようになりました。
街育ちの私には、話に聞くだけの存在だったあり地獄。
こんなに見られてうれしいけれど、
例えば、このところの梅雨や台風の雨のあいだはどうしていたのかな。

あり地獄…すり鉢状の砂の穴の奥にいるのは…ウスバカゲロウの幼虫です。
ほじくり出して写真撮影…はしませんでした。あしからず。




草むらで見かけた、異様にオレンジの↓この幼虫。近くに脱いだ皮が落ちているので、
何回めかの脱皮をしたばかりで、体が固まるのを待っているのだと思います。

07_0722_chairo_ha1.jpg

こんなに無防備な瞬間に、こんなに派手でいいんでしょうか。
こちらはweb上の「幼虫図鑑」で検索。
イモムシ・毛虫がずらり並んでも、色で探せばいいから楽ちんです。

07_0722_chairo_ha2.jpg

どうやら チャイロハバチの幼虫のようです。ヘクソカズラが大好きなんですって。
そういえば、近くのつるに↑こんな子が居ました。

07_0722_chairo_ha3.jpg

蛾や蝶々の幼虫は、足が全て からだと同じような素材で出来ていますが、
ハバチの幼虫は足が、成虫と同じような素材で出来ていることが多いですよね。
黒くて硬そうでツヤツヤしてるの。この子もそうでした。
脱皮直後は体がまだ固まってなくて、黒くなかったようですけれど。
つるにつかまっていた幼虫ちゃんは、お顔と前の方の足が黒くてツヤツヤでした。

さて、この子、アリさんと何を話しているのかな?




オオカモメヅルの記事にも、比較対象物として登場してくれたシグロツユムシの若齢幼虫。
本当に奇麗で可愛いんですよ。

07_0722_fusiguro.jpg

今回は↑早乙女花とツーショット。細いですね。可愛いですね。可憐ですね。

:虫の名前を間違えていました。
× フシグロツユムシ → ○ アシグロツユムシ


でも、↓この子はどこの子か解りません。写真もお尻からだし、ぼけてるし…。

07_0722_darekana.jpg

透き通るような緑色。細い足。宝石みたいな可愛い子です。





子どもが小学生になり、虫取りを手伝うようになって初めて、
夏の初めの草むらは、幼虫ばかりだ…と言うことに気付きました。

春にタマゴからかえって、初夏に育って、夏の盛りから秋にかけて成虫になるんですもの。
成虫は、夏の終わりにならないと見つからないことが 多いんですよね。
もちろん、例外もいますけど。

落ち着いてよく考えれば解ることなのに、
どうして ちっちゃいバッタしか捕まらないんだろうと、
夏が始まる前の草原で途方にくれたのも、今となってはいい思い出です。

どの子もみんな大きくなぁれ。


posted by はもよう at 22:34| Comment(10) | TrackBack(1) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
虫の話題でも「はもよう節」が展開されるんだ、と感心しました。
アシグロツユムシの若齢幼虫、あいかわらず綺麗な姿を見せてくれますね。
Posted by ひろし at 2007年07月22日 23:17
ひろしさん、こんばんは。
「はもよう節」なんて言われちゃいます。どんな「節」だかよく解りませんが、
引き続き、よたよた 頑張ります。

お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」は、今草刈り直後ですっからかんだしし、
虫でも取り上げない限り、ねた切れしちゃって。(^^)
せいぜい虻蜂取らずにならないように頑張りたいです。
Posted by はもよう at 2007年07月22日 23:44
●今日のブログ、とってもすばらしかったです。
興味津々で読ませていただきました。
はもようさんの眼、深いですね。

ノイバラの虫こぶ、わたしも発見して、
あとで虫こぶだと解り、中をのぞいてみたかったなぁと後悔しました(ちょっとだけ)。
蟻地獄、見たことないんです。
こんなふうにさりげない窪みなんですね。
Posted by るな at 2007年07月23日 01:05
るなさん、こんにちは。
ええっ?興味津々でした?うふふ…、それは何より♪

ね、ありじごく、噂には聞いていても、なかなかお目にかかれなかったので、
最初、何だか解りませんでした。
でも、今年は記事に書いたような事情で、
見逃せないほどあちこちに このくぼみが出現しちゃったんですよ。ラッキーでした。(^^)v

バラノハタマバチの幼虫は、グロテスクではないですけどねぇ…。
Posted by はもよう at 2007年07月23日 11:27
こんばんは。

虫も面白いですね・・・。
それこそ、<深いですねえ>です。

あり地獄は、うちにはたくさん作られます。時に、意地悪してつつくと、一騒ぎの後「がっかり」して、土に潜ります。
虫に感情があるのかどうか・・・、あるように感じる梅雨の夜・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年07月23日 22:33
はもようさん ヾ(^▽^*こんばんは!
('-'*)きゃ-きゃ- 嬉しい!!
私の探していた可愛い幼虫はアシグロツユムシですね〜〜!
記事の中では、フシグロになってたので
検索にかからなかった〜!
オオカモメヅルの記事を見たらアシグロでした。
成虫は一寸強面気味だけど、若齢幼虫が凄く可愛くて愛らしい〜♪
私も記事に出来ます〜ひろしさん、はもようさん有難う〜!

 
Posted by かえで☆ at 2007年07月23日 22:35
nakamuraさん、こんばんは。
はい、虫の世界も奥が深いです。
種類も多いので、あんまり深入りしたくないというか…出来ないんですけれど、
でもやっぱり、興味津々です。

まぁ、nakamura邸ではありじごくにも軒を貸してあげているんですか?
…ふ〜ん、私も意地悪して一騒ぎさせてみようかな…(^^)

虫に感情…有るように思う気持ちが何となく、良いですね。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2007年07月23日 22:58
かえで☆さん、こんばんは。
え〜っ!!\(◎◎)/間違えてました?虫の名前。
いやぁ、お恥ずかしい。せっかく教えていただいたのに間違うなんて…!
ダメだなぁ、私。

ご指摘ありがとうございました。あわてて直しておきました。

かえで☆さんの記事も楽しみにしています。
Posted by はもよう at 2007年07月23日 23:04
はもようさん (*^。^*)ノ今晩は〜!
アシグロツユムシさんを載せました!
なんと…続いてアカアシさんも写したので載せました〜!
黒足と赤足さんのペア? 見て下さい。ヾ(^▽^* アハハ
Posted by かえで☆ at 2007年07月29日 03:02
かえで☆さん、おはようございます。
TBありがとうございました。
ヤブミョウガのつぼみの上だと、アシグロちびちゃんのかわいさが一段と引き立ちますねぇ。

こちらからは大人なアシグロさんをお返しTBしてみました。

赤足(アカアシカスミカメ)さん、とっても奇麗でした。私も会えるよう頑張ります。
ちっちゃい虫って可愛いし、思わぬ奇麗さもあって、楽しみですよね。
Posted by はもよう at 2007年07月29日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

'07初夏の虫-2
Excerpt: 初夏の虫さんが またまた登場で〜〜す♪ 昆虫が苦手の方にはご免なさい。 中々可愛い虫さんなのでお許し下さい〜♪ ( ゜゜)(。 。 )ペこっ! ヤブミョウガの蜜は美味しいのでしょうか〜色..
Weblog: かえで☆のデジブラ日記〜♪
Tracked: 2007-07-29 02:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。